朝ストレッチダイエット【寝たまま・立ったままメニュー】

ストレッチ
スポンサーリンク

朝ストレッチダイエットのタイミングや効果とメニュー

朝ストレッチダイエットは頭も体もスッキリさせる効果がありますが、ダイエット効果もありますので多くの方に推奨したいちょっとした運動になっています。

ただし、寝たままでも立ったままでもこなせるメニューが存在していますので、どのような動作をするべきなのかを覚えておく必要はあるでしょう。

今回は朝ストレッチダイエットについて解説し、実際の動作も色々と紹介して参ります。


Sponsored Link


朝ストレッチダイエットとは?


朝ストレッチダイエットとは朝起きて直ぐに実行するストレッチのことです。

読んで字の如くなので特にひねりはありません。

お風呂上がりや寝る前に実行するのが一般的ですが、朝起きて実行することでも特殊な効果が得られるので注目度がアップしております。

寝る前のストレッチはリラックス効果によって寝付きがよくなり睡眠の質が向上すると言われております。

お風呂上がりのストレッチも身体が温まっているタイミングで実行することになるので、より効果的に体を動かすというメリットがあるのです。

つまり、この朝ストレッチも朝特有のメリットが存在すると言うことになります。

詳しくは後述しますが、朝に行うストレッチは体も頭もすっきりとさせてくれるので、朝でも体を動かしやすくなってくれるのです。

全身に酸素が行き渡ることで脳も目覚めてくれるのでしょう。

自律神経のバランスも整いやすくなりますので、体が活動モードにはいりやすくなるのもポイントです。

また、寝ている時にエネルギーを使って起きたばかりではちょっとしたエネルギー不足になっていることもあるので、筋肉をほぐして脂肪を分解しやすい状態にするのもエネルギー不足解消に効果的と言えます。

朝ストレッチのダイエット効果


朝ストレッチダイエットの効果は目覚めた時にストレッチをして軽く筋肉を動かすことで脂肪が分解しやすくなることと、血の巡りがよくなりリンパの流れも良くなることで胃腸の動きもよくなって老廃物も出やすくなることでしょう。

その結果便秘解消効果も出やすくなるのです。

代謝も上がりますので消費カロリーも増加しやすく多少のダイエット効果が出てくれます。

朝ストレッチをすることで自律神経が整い活動モードになればそれだけエネルギー循環効率が上昇して痩せやすい体質に切り替わりやすくなるのもポイントでしょう。

基礎代謝が上がって痩せやすい体質になってくれるので、別の消費カロリーを増やすダイエットを取り入れればダイエット効果が出やすくなるのです。

朝ストレッチを行うタイミングは?


朝ストレッチの実行タイミングは朝起きて直ぐか朝食前です。

食事後に直ぐ運動をするのはNGなので、できる限り起きたら直ぐに動くことが重要になります。

寝起きの5分程度でこなせるように寝たままで出来るストレッチも覚えておくといいでしょう。

二度寝防止にもなりますので、非常に役に立ってくれます。

朝ストレッチダイエットの寝たままメニュー3選

それでは具体的に寝たまま実行できる簡単なストレッチを紹介いたします。

布団に入った状態でも問題なく実行できるので、二度寝防止にも確実に効果があるでしょう。

頭が半分寝ている状態でも実行できるようになれば簡単に起きられるようになってくれます。

寝たままの背伸び


シンプルですが最も簡単にできるストレッチの一つなので、起きたら直ぐに実行すべき項目となります。

頭の上で両手を軽く組んで手と足を一気に伸ばしましょう

その状態で10秒ほどキープしたら、戻してください。

コレを3回ほど繰り返せば頭がスッキリし始めます。

股関節周りの緊張をほぐす


(寝たままできる骨盤矯正ヨガ☆ 初心者にもおすすめ)

動画では開始30秒後ぐらいに紹介されている動作です。

仰向けに寝ている状態から両膝をたてて、両足の裏をくっつけた状態で膝を開いていきましょう

股関節周りの筋肉がほぐれますし骨盤の開きも解消するので女性向けのストレッチとなっております。

軽い腹筋


画像のように両手を頭の後ろにして組む必要まではありません。

両膝をたてた状態で、へそをのぞき込むように頭を上げてください

その状態で3秒ほどキープすればokです。

軽い腹筋運動なのですが、これは簡単な部類に入るので誰でも実行できる動作でしょう。

ある程度腹筋に自信があるという方は上体も起こしてください。

朝ストレッチダイエットの立ったままメニュー3選

こちらは立った状態で実行できる朝ストレッチダイエットなので、もう少し動作の幅が広がります。

寝ている状態で体をしっかり動かして頭がある程度スッキリしてから実行するようにしましょう。

二の腕を細くするバイバイ体操

(二の腕引き締め!後ろ手バイバイのコツ)

他の記事でも紹介したことがあるバイバイ体操ですが、シンプルで効率がよい運動なのでここでも紹介します。

肩甲骨のストレッチにもなりますので、手を後ろに伸ばして手首を綺麗に動かしましょう。

ダウンドッグ


(朝ヨガで目覚めスッキリ【ヨガ】)


Sponsored Link


動画ではだいたい8分が過ぎた当たりで実行している動作です。

ヨガのポーズの一種ですが、結構体を動かします。

体が硬い人は慣れないうちは痛みや違和感を覚えてしまうでしょう。

しかも朝は体が硬いので結構キツイのです。

ある程度慣れてきた人は少しずつでも痛みや違和感が無くなってくるので毎日続けましょう。

肩周りのこりを解消するストレッチ


パソコン業務ばかりで肩周りが辛いという方は肩のストレッチもしましょう。

やり方は簡単で、片方の手で反対の手を抱えるように動かします。

片方の肘を90度に曲げてその上にもう片方の腕を載せるイメージです。

そこから90度に曲げている方の腕で載せている腕を引っ張るようにストレッチしてください。

この状態で30秒ほどキープしましょう。

コレを左右両方とも実行するのです。

朝ストレッチダイエットを成功させるポイント


成功させるポイントはとにかく継続することです。

消費カロリーが増えやすい体質に変わったところで劇的な効果が出るものではありませんので、ひたすら続ける必要があります。

慣れると柔軟性も向上しますし、いいことだらけなので日課になってくれるでしょう。

慣れないうちは違和感が強くむしろイライラしてしまうかもしれませんが、少しずつでも毎日続けられれば成功に近づけるのです。

慣れたら実行しないことに違和感を覚えますので、そこまでくれば大成功と考えましょう。

大切なポイントはストレッチやヨガでは呼吸が何よりも大切なので、息を止めながら実行するのはやめましょう。

呼吸を止めずにしっかりと酸素を取り入れながら実行してください。

また、ストレッチでも体の痛みが発生してしまうという人は無理をしているサインとなりますので一旦ストップしましょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は朝ストレッチダイエットについて紹介いたしました。

朝ストレッチダイエットは一気に消費量を増やすダイエットというよりも、朝にスッキリする効果もあるけどついでにちょっとしたダイエット効果もあるといったスッキリ効果の付属品と考えた方がいいでしょう。

消費カロリーは稼ぎやすくなったとしても、しっかりと摂取カロリーを削って消費カロリーを増やす努力をしないとそこまで大きな効果は得られません。

痩せやすい身体でも痩せる行動を行わないとうまくその力を発揮することは出来ないのです。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました