よく噛むダイエットは1ヶ月で効果?30回噛めばOKか!

よく噛むダイエットの方法や成功の口コミ!30回噛むコツは?

よく噛むということはダイエットにおいても非常に有効な方法であり、それだけでも痩せられるというお話もあります。

しかし、1ヶ月や3ヶ月など効果が出るまでの期間はどれくらいあるのか、噛む回数は30回や100回などの指定があるのかなどわからないところが多数あるかと思いますし、そもそも本当に噛む回数を意識しただけで簡単に痩せられるものなのでしょうか。

そこで、今回は噛む回数を意識することでダイエットができるのかを記載してまいります。


Sponsored Link


よく噛むダイエットの効果は?


ひたすら噛み続けることで糖分が吸収しやすくなり、食べた後に血糖値が上がるまでの時間が短くなり満腹感が出やすくなるのと、満腹と感じた時点でゆっくり食べているので食べる量が少なくなります

そのため必然的に摂取カロリーや糖質を減らして痩せやすい状況になるでしょう。

また、しっかりと噛めば噛むほど消費カロリーが増えますので、結果的に痩せやすい状態にもなります。

食事によって消費されるカロリーは10%程度といわれておりますが、しっかりと噛めば噛むほど消費されますので強く推奨されているのです。

消化の負担も少なくなるので消化吸収の効率が上がるのもポイントでしょう。

その結果便秘気味の人は便秘が解消されて痩せられる可能性もあります。

また、噛めば噛むほど交感神経が刺激されるようになるので、脂肪細胞に作用して脂肪を分解して燃焼させる働きを持つノルアドレナリンが分泌されるようになります。

そうすればさらに脂肪が燃焼されやすくなるので、こちらも痩せやすくするためのポイントとなります。

1ヶ月で効果が期待できる?


これは何とも言えません。

口コミやブログ記事を参考にしていますが、効果を具体的に理解できている人は1ヶ月で2kg痩せたとか5kg痩せたといわれておりますが、これは個人差があると考えた方が良いでしょう。

ただし、表情筋が衰えている人がひたすら噛み続けるようになると、一気に表情筋が元に戻る可能性があるので、見た目上の変化はもっと早く出るケースもあります。

表情筋がたるんでいる人ならば短期間でも効果が出ると考えましょう。

30回噛めばOK?


ダイエット効率の話をした時に、高頻度で出てくるのが食事の仕方で「スマホをいじりながら食べない」とか「野菜から食べる」といった指摘がありますが、それ以外にも「しっかりとよく噛んで食べる」という項目も高頻度で追加されます。

しかし、この「よく噛む」というワードは具体的に〇回ほど噛むという指摘ではないので、なんとなく意識はしているけど正しく実行できているのかどうかは怪しい状態になります。

それが、今回紹介するよく噛むダイエットというのは基本的に一口で30~50回ほど噛むダイエットと具体的な指摘があります。

この数字をまずは覚えましょう。

噛めば噛むほどダイエット効率は上がりますが、それだけ食事が遅くなってしまい他の部分で悪影響が発生しがちなので、30~50回と決めて実行されると良いでしょう。

よく噛むことのメリットは?


よく噛んで食べることは幼いころから推奨されていましたが、これには明確なメリットがいくつもあります。

それはひたすらあごを動かすことになりますので、満腹中枢を刺激することになり、食べる量が同じだったとしても、ひたすら噛み続ければ満腹だと感じやすくなります

これにはしっかりとした理由があって、人間の唾液は咀嚼回数が多ければ多いほど分泌される代物であり、食べ物に含まれている糖分が分解されやすくなることで血糖値が上がって通常よりも早く満腹だと感じるようになるとのことです。

ひたすら早食いでよく噛まない人は食べる量が自然と多くなってしまいます。

また、しっかりと噛めばそれだけかみ砕かれるということなので消化においての負担も軽減されて、消化吸収効率もアップすることでしょう。

いくら食べ物を摂取できたとしても吸収できないのであれば何の意味もないので、健康的な影響度を考えても実行するべき行動となっています。

また、これがダイエットにも有効と考えると元手が一切かかりませんので、費用対効果は最大限なものとなってくるでしょう。

これもメリットと言えるかと思います。

顔痩せ効果も?


このダイエットはひたすらあごの筋肉や表情筋を動かすことになりますので、顔がたるんでいた人は引き締まる可能性もあります。

もちろん、普段からしっかりとした食事やケアをしている人ならば、たるむことは少ないのですが、小食で口をあまり動かさず無表情に近い人ほど小顔から離れていきます。

なぜならば表情筋が衰えていくからです。

噛む回数を意識して噛み続ければそれだけ顎を使うことになりますので、フェイスラインの筋肉がしっかりと引き締まって、気が付いたら小顔になっている可能性があります。

血行もよくなるので美肌効果も発揮されるとのことです。

成功の口コミは?


よく噛むダイエットは非常に簡単で元手もかからないため、意外と実行者は多そうです。

よく噛むダイエットを調べてみると5段階評価で4.8点と非常に高評価になっているところもあり、レビューも1100件オーバーと大人気であることがわかっております。

実際に「3~4か月で10kg減った」とか「ひたすらよく噛んで食べたら10日で2kg減った」といった体重減少報告が多数あったので、成功者は多いダイエットといえるでしょう。


Sponsored Link


Twitterでも痩せたという報告は多数ありますので、効果は高そうだと感じられます。

30回以上噛むコツは?


コツは出来る限り噛み応えがあるものを選んで食べることです。

プリンやゼリーのようにあっさりと食べられるものを30回噛むことは実質的に不可能なので噛み応えがあるものを選んでください。

特に、低カロリーで低糖質のものが好まれます

実際に推奨されることが多いのは食物繊維が豊富な野菜類でしょう。

噛み応えがあるものをしっかりと頭の中で数えながら噛んで食べるようにしてください。

また、ダイエット中は効果が出ているかどうかの確認がおろそかになると、続かないしやる気も出ないものなので、毎日体重をチェックして変化があるのかも確認することが大切になります。

そこで体重の変化があり痩せることに成功しているのならば、より続けようというモチベーションが出ますので、30回以上噛むという意識が強く表に出るようになります。

よく噛んで食べても太る場合も?注意点は?


このダイエットはやり方や結果を見ると消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らすダイエットであるということがわかりますのでそこから考えてみましょう。

ダイエットの基本的な考え方は糖質やカロリーを減らして消費カロリーを増やすことです。

これは鉄則であり絶対に変わらない不変の法則となっています。

つまり、よく噛んでいたとしても糖質やカロリーがたっぷりの食べ物ばかりを食べていたとしたら、ダイエット効率は確実に落ちます

そのためにも、カロリー低めで糖質低めの食べ物を出来る限り意識して食べるようにするといいでしょう。

噛めば噛むほど痩せやすくなるのは本当ですが、その代わりに摂取カロリーや糖質が増えてしまったのでは意味がないので注意しましょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はよく噛むダイエットについてお伝えいたしました。

このダイエットは非常に簡単なので、出来る限りほかのダイエットとも組み合わせてもらいたいです。

特に、満腹中枢を刺激する作用が強いので主食を豆腐に置き換えるダイエットなどを実行中に豆腐をひたすら噛んで食べるようにすればより痩せられるでしょう。

非常に組み合わせしやすいダイエットなので、他の置き換え系のダイエットや食事制限系のダイエットに組み合わせて実行されるとすごく効果的でしょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました