ウコンダイエットの効果や飲むタイミング!サプリで摂取?

香辛料

ウコンの効能やダイエットにおける摂取量や副作用

酔い止めとしての効果が非常に高く、日本でも一般的に飲まれるようになったウコンはダイエットに活かせるという声があります。

その活用方法として飲むタイミングはいつがいいのか、サプリでもいいのか、摂取量はどの程度にするのか、副作用は大丈夫なのかと毎日摂取する場合の懸念点などが出てくる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回はウコンを使ったダイエットについてお伝え致します。


Sponsored Link


ウコンダイエットとは?


まずはウコンについての説明ですが、日本でも当たり前のように受け入れられりようになったウコンですが、このウコンについていろいろと説明できる人は少ないでしょう。

このウコンとはショウガ科の多年草でインド原産でしたが、今では熱帯アジアに広く栽培されるようになり多年草という特徴もあってかなりの量を商品として扱えるようになりました。

春ウコンや秋ウコンなどだいたい50種類以上が存在し、種類によっては栽培時期や成分が大きく異なってくるようです。

ちなみに、カレーのスパイスとして使われるウコンは秋ウコンを乾燥させたものが主流となっております。

インドだけでも30種類以上のウコンを扱っているという情報もありますので、昔も今もこれからもインドがウコンの第一人者として引っ張っていくことになるのでしょう。

特に、現代人は健康志向が非常に強く、これらに意向は弱まることを知らないのでしばらくは日本国内での需要も減らないと予測されております。

このウコンの効能の1つに肝臓を保護する作用があり、この作用を活かして体の引き締めに繋げていこうというのがウコンだダイエットです。

ウコンの効能


このウコンの最大の特徴はすさまじいほどの人体に対する有益な効果があるということです。

具体的には、先に挙げた肝臓を保護する作用筆頭に美肌作用・消化不良を改善する作用・抗酸化作用・抗炎症作用・美肌作用・血流改善・免疫力向上・脳機能活性化などの効果があります。

非常に効果効能が豊富で役立つものが多いということがこれだけでわかってくるでしょう。

特に有名なのが肝機能を向上させることや丹汁分泌促進効果で、丹汁の分泌が促進されて肝機能による解毒作用が高まればアセトアルデヒドの代謝も高まりアルコール分解能力もかなり向上します。

つまり、聞かれた方も多いかもしれませんが二日酔いといったお酒の症状に強くなるということです。

この効果は本当に高いため、酔い止めとしてウコンの力を利用する日本人も劇的に増えました。

しかし、美容効果といった見た目を整える作用や、免疫力向上や血流改善という健康において役立つ作用も有名になりましたので、二日酔い対策以外でウコンを摂取する人も急激に増えています。

ダイエット効果について


このようにいろんな効果効能が存在しますが、ダイエット効果はあるのでしょうか。

こちらもいろいろと調べてみた結果ダイエットにつながりそうな効果の1つ目はすでに記載済みの肝機能を向上して胆汁が出やすくなる部分です。

胆汁が出やすくなると脂肪分解効率が向上して余分な脂質が排除されやすくなりますし脂肪細胞の分裂も抑制されやすくなるので太りにくくなります。

また、胆汁を作るためにはコレステロールが必要になるので、効率よく胆汁が作られる環境というのはそれだけコレステロール値の低下につながると言われております。

つまり、中性脂肪が減少しやすくなるということなので、コレステロール値も改善されていきます。

その他にも、ウコンは抗酸化作用が強く血液循環効率も促進されるので、基礎体温が向上しやすく脂肪が燃焼しやすくなります

そして、肝機能が向上することでデトックス効果が高まれば血糖値の抑制効果も出るようになりますので、体も太りにくい状態となることが期待できます。

飲むタイミングは?


このようにダイエット向けの効果もいろいろとあるウコンですが、摂取タイミングはある程度決まっているのでしょうか。

これははっきり言って決まっていません

決まっていないので、売られている商品でどのような摂取が推奨されているのかで判断することになるかと思います。

例えば、ダイエット系の商品として有名な大人のカロリミットは黒ウコンが含まれており、ウコンの力を利用したダイエット商品に該当するのですが、この商品は食事における糖質や脂質の吸収を阻害するという性質から食前の摂取が推奨されております。

いわゆる「食べる前に飲む」というやつです。

もちろん、商品によって食後にしてくださいという記載もありますので、ウコンが含まれている商品に合わせてタイミングも調整してください。

摂り方や人気商品は?


ウコンをダイエット目的で使おうとしている人に人気となっているのは先ほども記載した「大人のカロリミット」です。

これが二日酔い対策といった別の使い方になった場合は、飲みやすい「ウコンの力」あたりが人気商品となってくるでしょう。

目的によって使われるウコンが異なることもありますし、含まれている成分も異なってきますので、何を目的にウコンを使うのかを明確にしてから商品を選びましょう

もちろん、商品によってはサプリ・飲み物・粒状タイプといろいろとありますので、摂取の仕方も変わってきます。

一番お手軽なのが飲み物タイプであり飲み会に行く前にコンビニなどで購入してその場で飲んでから行くという人も多くなっています。

摂取量と副作用は?


WHOが定める1日に摂取するクルクミンの上限量は30mgなので、ウコンを摂取する場合にもこの数字を基本とするといいでしょう。


Sponsored Link


1日の目安とされているウコンの摂取量は1.5~3.0gという決まりがありますが、これは粉末乾燥されたウコンの摂取量なので、濃度がわからないサプリメントや飲み物ではこの目安があまり参考にできません。

そのため、クルクミンの上限量と目安量の両方を把握する必要があります。

このように上限量は決まっていますが、健康体の方ならばある程度摂取しすぎても深刻な副作用を招くことはないとされています。

しかし、肝機能障害といったトラブルをお持ちの方は、症状が重くなってしまう恐れがあるので自重しましょう

実際に肝硬変や肝炎が劇症化してしまうことで即刻入院というパターンもあったようです。

また、胆石や胆汁肝障害といった胆嚢系のトラブルを抱えている方もクルクミンの胆汁分泌促進作用が刺激になる恐れがありますので自重された方が良さそうです。

妊婦さんが飲んでも良い?


ウコンにはデトックス効果を向上するという作用があり、この効果によって流産するリスクが高まるという意見もありますので、妊婦の方はウコンは控えたほうがいいでしょう。

いわゆる、胎児を異物だと判断してしまった体が排出するように動いてしまうということです。

脂肪肝にも効果的?


現代日本人の1/3は脂肪肝であるといわれておりますので、脂肪肝の人たちが飲んでいいのかどうかというのは重要なファクターと言えるかもしれません。

実は、脂肪肝は肝機能障害につながるものなので、肝機能が低下する状態にある人にはウコンは向いていないようです。

脂肪肝がある人はウコンは摂取しないほうがいいと言われております。

一説には大量の鉄分をウコンを食べることで摂取してしまうので、その鉄分が多くなると肝臓に蓄積して肝細胞を傷つけて肝機能の低下に拍車がかかるといわれております。

参考:日経グッディ https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100015/041800032/

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はウコンのダイエット効果についてお伝えいたしました。

ウコンのダイエット効果は本物でしょうが、ウコンの力のみでは痩せることは出来ないと思いますので血流改善による代謝アップ効果を最大限に受けるために、運動もしたほうがいいでしょう。

健康面でプラスになる作用も非常に強いのは魅力的ですが、肝機能障害といったとトラブルを抱えているとマイナスになりかねませんので、自分の健康状態を把握したうえで利用することを推奨します。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました