糖質制限ダイエットやり方は?効果やデメリット・成功法は?

効果的な糖質制限ダイエットのやり方について

ダイエットは食事が美味しくなりすぎた日本ではもはや必須のものと言えます。

その中で最も有名なのが糖質制限ダイエットでしょう。

これはやり方も簡単で、効果も高く成功者が多いという声が多数ありますが、デメリットも存在しています。

そこで、今回は糖質制限ダイエットやり方についてと効果デメリット成功法はあるのかをお伝えします。


Sponsored Link


糖質制限ダイエットやり方は?

tousituseigen-yarikata
ダイエットには数多くのやり方がありますが、その中でも有名になったものがいくつかあります。

その中の一つにこの糖質制限ダイエットは加わるでしょう。

やり方は言葉の通り糖質の摂取量を制限することです。

例えば炭水化物も糖質+食物繊維からできているので、炭水化物の摂取量も当然減らすことになります。

そのため、炭水化物制限ダイエットとも呼ばれているのです。

具体的なやり方はご飯を食べている方は普段の量の1/2にしたり、パン、麺類などの主食も減らすことになります。

一説によると糖質制限ダイエットでは、一日の糖質の量を50g以下にするのがベストとのことです。

20g以下にするともっと効果が出るようですが、その領域はだいぶきついものがあるので最初は30~50gとなるような糖質制限から始めましょう。

また、糖質制限ダイエットはこの食事制限だけでよいという方もいれば、セットで運動をする必要もあると説明されている方もいるので、より効果を得たい方は週に2回以上の筋トレを行うようにしてくださいね。

 

炭水化物抜きダイエットの効果と方法は?デメリットは体臭?

 

糖質制限ダイエットの効果

tousituseigen-kouka
糖質制限ダイエットの効果は摂取カロリーが減る・脂肪が燃焼される・血糖値の上昇を抑えることにあります。

特にダイエットに繋がるのがこの「脂肪が燃焼される」という部分でしょう。

糖質の摂取量を減らすとエネルギー源が足りなくなってしまうようになるので、代わりに脂肪が分解されるようになります。

「いいことだらけじゃん!」と思うかもしれませんが、問題点もあります。

それは脂肪が燃焼されるときに、筋肉のうちのタンパク質を分解されるようにもなっているので、タンパク質の摂取が足りないと痩せたとしても筋肉まで衰えて痩せることになるでしょう。

そのため。糖質制限ダイエットをしている人は必ずタンパク質を一日の目安摂取量「自分の体重(kg)×1g以上」は摂るようにしてください。

 

たんぱく質の多い食品一覧!ダイエット効果は?

 

糖質制限ダイエットで痩せない原因は?

tousituseigen-yasenaigenin
そして、ダイエットにはつきものなのが「やっても効果が無い」とか「意味がなかった」という失敗報告で、この糖質制限ダイエットでもこのような口コミや評価が大量にあります。

この中で最も多いのが、糖質減らしているように見えて全く減っていないケースです。

糖質はご飯やパン・麺類といった炭水化物以外にも果物・野菜・調味料にも含まれているので、その部分も糖質制限ダイエットを行うなら調べる必要があるのです。

糖質制限ダイエットを開始すると人によっては味気ない食事に感じてしまうため調味料でごまかそうという方が良くいます。

しかし、ケチャップやソースには多くの糖質が含まれているので使うのは、はっきり言ってNGといえるでしょう。

また、代謝が低い人はほとんどのダイエットで成功しづらい状態となっているので、まずは体質を変えるためにも生活習慣の見直しから行いましょう。

特に、過激な食事制限ダイエットを行ったことがある方は要注意で、その方は痩せにくい体質になっている可能性が大です。

 

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

 

糖質制限ダイエットでリバウンドする原因は?

tousituseigen-rebound
糖質制限ダイエットにおいて、特に注意が必要なのがこのリバウンドです。

糖質制限ダイエットは短い間でもきっちり制限して行えば急激に痩せることができますが、止めると急激に太ってしまう方が非常にたくさんいます

そこで大切なのが、基礎代謝を上げることで糖質制限ダイエットを行う方は可能な限り筋トレを行って代謝の良い体を作ってください


Sponsored Link


その体づくりのためにも必要なのがタンパク質なので必ず摂取するようにして合わせてトレーニングを行いましょう。

 

ダイエットで基礎代謝を上げるサプリや方法は?摂取カロリー計算法は?

 

糖質制限ダイエットで成功する秘訣は?

tousituseigen-hiketu
糖質制限ダイエットは食事制限を行うダイエットなのでついつい「糖質制限ダイエット=運動がいらない」と考えられてしまいますが、痩せやすい体質や理想的な体を手に入れたいなら運動は必須になります。

確かに糖質制限ダイエットは非常に効果があるので一ヶ月で10kg以上落ちることは珍しくありません。

ですが、そこで落ちている体重の中に筋肉も含まれていたりして、過激な糖質制限を行っているとリバウンドしやすいカラダになっているので、その点は気を付けてくださいね。

ダイエットによる考え方も人によって違うと思いますが、「痩せた=成功した」ではなく「痩せた=体重がキープできる=成功」と考えて、代謝が良い太り難い体を作っていくようにしましょう。

 

食事制限ダイエットの成功方法!停滞期やリバウンド対策は?

 

糖質制限ダイエット中でも食べられるおやつや果物は?

tousituseigen-oyatu
糖質制限ダイエット中は食事制限中ということで、ストレスが溜まって無性に甘いものが食べたくなったりおやつを食べたくてしょうがない発作衝動に駆られる方がかなりいます

そこで食べないで我慢するとストレスがマックスになっていろいろと悪影響が生じ始めるので、食べても良い糖質量のおやつや果物を食べるようにしてください。

より本格的に何を食べたいのかを考えたいなら、まずは「1日に摂取しても良い糖質量(体重×1g)÷1日の食事回数(おやつも1食としてカウント)」で計算を行って食べるようにしましょう。

おすすめは「ソイジョイ」「カロリーコントロールアイス」「チーズ加工品のデザート」「ヨーグルト」といったものや、果物なら「いちご」「ラズベリー」「パパイヤ」「あんず」「グアバ」などが該当しますね。

 

ダイエット中でも太らないおやつ!コンビニにあるお菓子は?

 

糖質制限ダイエットのデメリットは?

tousituseigen-demerit
糖質制限ダイエットにもデメリットはあります。

例えば、タンパク質や脂質が優先されるようになるためコレステロールが増えやすいということです。

コレステロールが増えすぎると血中の悪玉コレステロールが増えてしまって血液がドロドロになり動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞という最悪の事態を引き起こす可能性が上がることです。

それ以外にもタンパク質をとりすぎると腎臓が重労働になってしまうので腎機能障害に発展する可能性があります。

また糖質制限ダイエットはもちろん糖質を制限しているので低血糖状態になりやすいです。

高血糖も問題ですが低血糖もイライラの頻度が上がる・発汗・手先の震え・不安感の上昇・動悸・口唇乾燥などの症状が発生する可能性もあります。

 

ダイエットの食事メニュー【朝昼夜】と量や回数・時間は?

 

糖質制限ダイエットのレシピ

tousituseigen-recipe
糖質制限ダイエットはかなりきつい食事制限なので、工夫しないと食事の楽しみがなくなることがあります。

そのため少しでも美味しいと感じる料理を工夫するようにしてください。

例えば上記写真のようなおから蒸しパンを作ると朝食でも美味しく食べることができます。

用意するのも生おから・ヨーグルト卵一個・マヨネーズ・ベーキングパウダー・糖質0の甘味料と非常にお手柄なので非常に簡単に作れます。

 

参考URL: http://cookpad.com/recipe/4070834

 

その他にも糖質ゼロのお好み焼きもその気になれば作れますのでクックパッドなどをうまく使いましょう!

 

太らない夜食や食べ方は?ダイエット中でも安心メニューは?

 

糖質制限ダイエットやり方は?効果やデメリット・成功法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は糖質制限ダイエットやり方について、効果やデメリット・成功法はあるのかをお伝えしました。

糖質制限ダイエットはかなり簡単な部類に入るダイエットであるため、ダイエットを考えた方は一度は手を付けようと思ったはずです。

しかし、落とし穴があるという点にも注意が必要です。特に、足りなくなったエネルギーを筋肉のタンパク質から補う可能性がある点でしょう。

痩せたはいいけれど、筋肉まで落ちてガリガリにならないようにタンパク質は摂取し続けて可能な限り体を鍛えるようにしてくださいね。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)