タンパク質ダイエットの効果や摂取量など方法とおすすめレシピ

タンパク質



おすすめのタンパク質含む食べ物やサプリ!とりすぎの影響は?

タンパク質ダイエットにおいても必須であるという声をよく聞きますが、具体的な効果はいったいどのようなものなのか、摂取量や有効活用する方法についてご存じない方も多いかと思います。

タンパク質を摂取するおすすめレシピも知りたいところかと思います。

そこで、今回はタンパク質を使ったダイエット方法についてまとめていきいます。


Sponsored Link


タンパク質ダイエットとは?


肉や大豆からよく摂取できるタンパク質ですが、そもそもこのタンパク質とはいったい何なのでしょうか。

タンパク質とはアミノ酸が主体で構成されており専門用語を使うのならアミノ酸を多数連結した高分子化合物となります。

重要なのはアミノ酸で構成されているということと、体の材料になってくれるアミノ酸は実は20種類しか存在しないことです。

体内で合成することができずに食べ物から摂取する必要があるアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成することができるアミノ酸は非必須アミノ酸と呼ばれています。

内訳は必須アミノ酸が9種類で、非必須アミノ酸が11種類です。

また、タンパク質には肉や魚や卵などの動物性食品から摂取できる動物性タンパク質と大豆といった植物性の食品から摂取できる植物性タンパク質が存在しています。

このタンパク質が不足すると体を作る材料が不足するようになるので、材料を確保するために筋肉を分解し始めます。

筋肉を作るためにはタンパク質が重要なのですが、タンパク質不足になると筋肉を使って不足した分を補ってしまうということです。

このように体を作る上で重要なタンパク質を活用して体を引き締めようというのがタンパク質ダイエットです。

タンパク質のダイエット効果


タンパク質は食事制限系のダイエットをしている人たちは不足しがちになっているようでます。

というのも、最も効率的に摂取するのはお肉を食べることだったのですが、脂質を嫌ってダイエットをすると一切食べなくなる人が非常に多く、欠落するようになってしまう人がとても多くなります。

タンパク質は不足すると先ほど説明したように筋肉が分解されていくようになるので、脂肪が落ちずに筋肉が落ちるといった最悪の事態に陥る可能性があります。

タンパク質を摂取すればダイエットにおけるこの最悪のパターンを回避することができます。

また、タンパク質は筋肉以外にも髪の毛や肌を作る材料にもなっていますので、抜け毛を減らして肌トラブルを抑制するようになります。

ホルモンを作る材料にもなりホルモンバランスの乱れによるイラつきといった症状も抑えやすくなるので、ダイエットの成功確率も上がるのです。

タンパク質を摂取することで体重が減るといった要素はありませんが、美しい体をキープするためには必須の栄養素なので、ダイエットには深くかかわっているといえます。

タンパク質ダイエットの方法


タンパク質ダイエットのやり方は1日3回の食事で必ずタンパク質を摂取するだけのようです。

タンパク質は1回でたくさん摂取しても蓄積することはほとんどできないので、区分けにする必要があります。

動物性のタンパク質は吸収効率が高めではありますが、脂質もまとめて吸収されるようになりますので、植物性のタンパク質も優先的に摂取してください。

割合については諸説ありますが、動物性と植物性は1:1の割合で摂取したほうがいいという声が多いので、そちらに合わせるといいでしょう。

また、タンパク質を身に着けるためには必然的に筋トレといったハードなトレーニングが必要になりますので、始められる前にダンベルやゴムチューブといった筋トレ用具を購入しておいたほうがいいでしょう。

ダイエットに適切なタンパク質の摂取量ととりすぎによる影響は?


タンパク質の必要摂取量は成人男性が50gで成人女性が40gと言われております。

理想は成人男性が60gで成人女性が50gとされています。

まずはこの数字に合わせましょう。

この数字は目安でもありますが摂りすぎることでの弊害もありますので、無視していいものではありません。

まず摂取しすぎるとタンパク質の余った分は分解されて窒素となってしまい、肝臓や腎臓に除外してもらうために働いてもらう必要があります。

つまり、摂取しすぎるとそれだけ肝臓や腎臓にたくさん働いてもらう必要があるということです。

要するに内臓疲労につながってしまう恐れがあると考えましょう。

また、動物性タンパク質をたくさん摂取すると尿酸やシュウ酸が体内でも増え始めますので、シュウ酸カルシウム結石による尿路結石になる恐れもあります。

それ以外にも余った動物性タンパク質は腸内で悪玉菌のエサとなってしまうので腸内環境を破壊する恐れがあるようです。

おすすめのタンパク質を含む食べ物


タンパク質を多く含む食べ物は、魚・肉・卵・大豆です。

その中でもダイエットに使う場合には大豆類が中心になるでしょうし、鳥の胸肉や豚ひれ肉といった脂質が少ない肉も有効活用されます

筋トレを実際に効率的に行いたいという方は大豆と鶏胸肉はもはや必須アイテムとなっているので、家に常備している方も多いでしょう。

他にもタンパク質が含まれている食べ物は、牛乳・豆乳・鮭・イワシ・サンマ・アジ・玄米・白米・ジャガイモ・キャベツ・リンゴ・しいたけなどです。

タンパク質をプロテインやサプリで摂るのもOK?


タンパク質の摂取方法は食べ物や飲み物からという意見もありますが、個人的にはサプリメントやプロテインを有効活用したほうがいいと考えております。

プロテインはちょっと怖いという人でも、アミノ酸系のサプリメントはいろいろと売られておりますので、そちらを有効活用されると良いでしょう。

金額もそこまで高くないので、毎日継続して続けることができます。


Sponsored Link


摂取タイミングは吸収の速いBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸)はトレーニング開始30分前に摂取して、プロテインは食後やトレーニング後に摂取すればいいでしょう。

プロテインは就寝前の摂取も睡眠中に分泌される成長ホルモンの筋力アップ効果をより高めることができるので効果的です。

このように筋トレ前とか寝る前といったタイミングでの食事は出来ませんので、それらのタイミングでサプリメントやプロテインが有効となります。

タンパク質ダイエットのおすすめレシピ3選

最後に、タンパク質を摂取できるダイエットレシピをご紹介いたします。

必然的に肉や大豆が主体となってしまいますが、ご了承ください。

①マッシュルーム香るタンパク質も取れるデトックススープ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/115844/recipe/746823)

これは大豆の水煮を使ったシンプルなスープで野菜の栄養素とタンパク質補給に役立ちます。

冷蔵庫保管もできますので、作り置きできるのもポイントでしょう。

②高タンパク質低カロリー♡筋肉質な彼にもオススメ♡『イカとオクラと納豆のネバネバ和え』


(http://www.recipe-blog.jp/profile/153197/blog/16214410)

これは納豆やイクラといった非常にヘルシーな食べ物が主体となっている和え物です。

ねばねばが苦手ではないという方ならばお勧めできます。

③タンパク質とカリウム制限を考えた減塩レシピを作ってみた。


(http://www.recipe-blog.jp/profile/186012/blog/16860005)

タンパク質の補給をしつつダイエットが効率的に行えるレシピの一つです。

主に豆腐から植物性タンパク質を摂取することになりますが、野菜類もまとめて摂取できるので非常にヘルシーなレシピとなります。

タンパク質ダイエットの効果や摂取量など方法とおすすめレシピのまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はタンパク質のダイエット効果についてお伝えし、方法などもまとめてご紹介いたしました。

タンパク質そのもののダイエット効果は薄いですが、ダイエット中に不足することでの弊害は非常に大きいので、不足するような状況を作ってはいけません。

実際に、ダイエットを行った結果髪の毛がたくさん抜けたという人や筋肉もゴッソリと減ってしまったという人もいますので、不足すると要注意な成分なのです。


Sponsored Link


コメント