ソイジョイのダイエット効果や成功者は?やり方は置き換え!

ソイジョイの糖質やカロリーとダイエット効果

コンビニやスーパーなどで手軽に購入できるソイジョイですが、これを活用してダイエットを行っている人もいるのです。

興味を持った方におきましては実際の効果はどうなのか、成功者はいるのか、やり方置き換えが基本なのか、糖質は少ないのかなど気になる部分が多いのではないかと思います。

そこで、今回はこのソイジョイを活用したダイエットについて紹介したいと思います。


Sponsored Link


ソイジョイの糖質やカロリーは?


ソイジョイの主原料は大豆です。

大豆は英語でSOYなので名前もそこから来ております。

ソイジョイは大豆粉が使われているので小麦粉が使われた似たような商品と比べると非常に糖質が少なくなっているのです。

GI値も相当低いので、血糖値が上がりにくくインシュリンの分泌を抑えることから余計な脂肪が付きにくい食品ともいえるでしょう。

ソイジョイ1本あたりのカロリーはだいたい120~150kcal程度となっており、かなり少なめだと言えるのではないでしょうか。

糖質が少なく低GI食品ということからも、ダイエットに使えると目を付けた人も多いのでしょう。

一例を出すとクリスピーシリーズの糖質はだいたい7g程度で、少し糖質が高めのバナナCaプラスでも12.5gとなっており、かなり少ないです。

ソイジョイにはダイエット効果がある?


肝心な実際のところのダイエット効果ですが糖質が低いことと、低GI食品に該当していることから置き換えダイエットを行うことで痩せる可能性が大きいと考えられます。

食物繊維やビタミン類も豊富なので栄養価的にもプラスとなるでしょう。

便秘解消にもつながりそうです。

また、間食がどうしても減らすことができないという方もこのソイジョイを摂取するようにすれば食べ物の摂取量を調整しやすくなるので痩せやすくなるとも言われております。

ソイジョイでダイエットを成功者の口コミは?


ソイジョイはそこそこ身近にある食べ物なので口コミもそれなりにあります。

シンプルに5段階評価のみを行うサイトでは3の評価が最も多く、平均して3.4となっているようです。

ただし、それなりに成功者と失敗者がいるので、成功率はおそらく半分くらいになっていると思います。

失敗した方々の意見も非常にシンプルで、「美味しくてたくさん食べてしまう」とか「一本じゃ足りない、食べ過ぎる」という意見が非常に多く、摂取量オーバーしている人たちが失敗しているようです。

置き換えダイエットにソイジョイを使ってチャレンジしている人もいるようですが、量の少なさで断念した人も多いようです。

腹持ちの部分で置き換えた場合に持たないという理由から、低評価を付けている人が多く、我慢できる人はダイエットに成功しているという印象を受けます。

ソイジョイでのダイエットのやり方は?やっぱり置き換え?


既に触れてはいますが、やり方の基本は1食を置き換える形になります。

これは朝・昼・夜のいずれか一食をソイジョイに置き換える方法です。

人によっては3食全てを置き換える人もいるようですが、おそらく腹持ち的にきついので1食で抑えたほうがいいでしょう。

また栄養的にも問題があると思いますし、2食や3食だとストレスが相当たまるようになり、リバウンドをする確率が上昇するので避けたほうが良いと思います。

また、間食をしてしまう癖のある方は間食用にソイジョイを使うのも良いかと思います。

ポテトチップスやチョコレートのような高カロリー食品と置き換えれば間違いなく摂取カロリーを減らすことができるでしょう。


Sponsored Link


それ以外にも、一本だけでは置き換えた場合、どうしても腹持ちが持たないという人の場合は水分補給(無糖のもの)を多めにしたり、低カロリー食品と組み合わせることで食べ物摂取量を増やして対応するという方法もあります。

また、おすすめの置き換えるタイミングについてですが、摂取カロリーを減らしたいのであれば間食か夕食になると思います。

ダイエットの基本は摂取カロリーを減らすことと低GI食品をうまく活用することにあるので、摂取カロリーを削ることも考えておいてください。

ソイジョイの味の種類は?


ソイジョイはかなりの種類があります。

ブルーベリー・ストロベリー・2種のアップル・3種のレーズン・黒糖&サンザシ・バナナCaプラス・アーモンド&チョコレート・ピーナッツ・プレーン・ホワイトマカダミア・ミックスベリー・ゴールデンベリーなど豊富にありますが、それ以外にもカロリーコントロール80というソイジョイの80kcalタイプも用意されており、摂取カロリーを気にしている方向けのものもあるのです。

味も変われば栄養素も変わりますので、本格的にダイエットをしたいと考えている方は自分に必要な栄養素は何なのかを見極めて選びましょう。

ただし、基本的に低糖質でカロリーも少なめなので味に飽きてしまったという方は他の味をもとめて別の種類のものを食べるのもありだと思います。

ソイジョイの栄養価は?カロリーメイトより高い?


ソイジョイは大豆でつくられているものなので食物性タンパク質が多めになっております。

他には食物繊維・ビタミン・ミネラルといった栄養素を補給できるでしょう。

大豆イソフラボンなどももちろん摂取できます。

似たような食品にカロリーメイトがありますが、カロリーメイトと比較すると食物繊維も豊富で脂質や糖質も少なめの種類が多いので、こちらの方がダイエット向きかもしれません。

ただし、カロリーメイトにはカロリーメイトの良いところもありますので、その部分はご理解ください。

ソイジョイを自分で作っちゃう?レシピは?


ソイジョイを自分で作るレシピやソイジョイをアレンジするレシピもかなりあります。

例えば、おからを使ってソイジョイ風な食べ物を作るといったやり方もあるのです。

これのレシピはクックパッドの「おからソイジョイ風(https://cookpad.com/recipe/3244419)」を見ていただくと解ると思うのですが、主に使うのは生おからでおやつ代わりに食すことも問題ない食べ物となってくれるのです。

他にもおからを使ってソイジョイ風にしているものもあります。

これは「★ダイエットに♪ソイジョイ風おからバー★(https://cookpad.com/recipe/1443266)」に詳細が記載してあるのでそちらをチェックしていただきたいです。

こちらも、先に紹介したものと一緒で生おからが主原料となっております。

レシピ通りに作れればお店で購入するよりも安く仕上げることも可能なのでお得と言えるでしょう。

他には「ソイッシュ&ソイジョイでHM超簡単ケーキ(https://cookpad.com/recipe/3439341)」のようなソイジョイを使ったケーキを作ることも可能なので、ソイジョイの普通な食べ方に飽きてしまって辛いという方はこのように工夫を凝らすようにされると良いでしょう。

ソイジョイのダイエット効果や成功者は?やり方は置き換え?まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

今回はソイジョイを使ったダイエットについて色々と考察を重ねてまいりました。

ソイジョイダイエットのポイントは腹持ちにあると思います。

実際に失敗した方々は一本では足りないとか、お腹がすいてしょうがないと腹持ちの部分でどうにかならないのかと訴えている人が多かったのです。

それを解決する方法としては水分摂取量を意識して増やすことではないでしょうか。

水分を同時に摂取することで、お腹の中で膨れやすくなり満腹感を得やすくなるので、ダイエットの失敗確率は低下すると思われます。

ただし、使う飲み物は無糖の炭酸や水を使うようにしましょう。

色々と使い勝手の良いソイジョイではありますが、3食全部を置き換えてしまうと栄養価も片寄りストレスが非常にきつくなるので置き換えるなら1食にしましょう。

無理なダイエットは最初のうちは効果ありですが、継続することが困難なので絶対にやめておきましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)