そばダイエットは痩せない?痩せた口コミや夜のレシピ

昼や夜に食べるなどそばダイエットの方法と効果

日本人が大好きな食べ物の一つにそばがありますが、そのそばを活用したダイエットというものがあります。

炭水化物を活用したダイエットはなかなか痩せないと言われていますが、そばを活用して痩せたという口コミレシピは本当に存在しているのでしょうか。

そこで、今回はそばダイエットで本当に痩せられるのかを注目しつつ効果を調べていきたいと思います。


Sponsored Link


炭水化物なのでそばダイエットは痩せないのでは?


そばダイエットで気になる部分はやっぱりこれではないでしょうか。

炭水化物を摂取して痩せるものなのかどうかというお話です。

うどんやラーメンは小麦粉から作られているのでGI値も高くなりがちで太りやすいと考えられておりますが、そばはそば粉から作られているのでGI値も低くダイエット向けの食品と言えるのではないでしょうか。

炭水化物はどうしてもダイエットをしている人から敵視されがちですが、あらゆる炭水化物を断ち切るダイエットは食べられるものが制限されすぎるので、そばのような炭水化物でありながら低GI値の食品を摂取するのは有効だと思います。

つまり、炭水化物0ダイエットをしている人には食べられない食品ではありますが、低炭水化物ダイエットをしている方ならおすすめできるのがお蕎麦となっているのです。

ただし、そばにも種類があり、低炭水化物ダイエットを行う上で、避けた方が良いものもあります。

というのも日本農林規格(JAS)法で、そば粉の配合比率が30%以上であれば、そばと呼んで良いことになっているので、殆どが小麦粉であったとしてもそばとして売られている可能性があり、それは太る可能性が高まるのでおすすめできません。

しっかりとそば粉を使っているそばを選んでください。

そばダイエットの効果やカロリーは?


基本的に摂取カロリーは白米とそこまで変わりません

100gあたりのカロリーやGI値を比較したデータではそばが343kcalで白米が356kcal、そして小麦が337kcalとなっており、GI値はそばが54、白米が84、小麦粉が56となっております。

アミノ酸の成分量はそばが圧倒的に多いので、アミノ酸スコアに優れているのも良い点と言えるでしょう。

タンパク質も含まれているので筋肉量をダイエットで減らす確率も下がります

効果としては、ルチンが含まれていることからアンチエイジング作用を得ることができるようになり、食物繊維が豊富なことから便秘になり難い状態にしてくれます。

また、毛細血管を強くする作用もあるので血の流れも良くなりやすく病気の予防や美肌といった作用も働くと考えられております。

また、冷たいおそばを食べると、「健康な人の小腸内で吸収されないデンプン及びデンプンの部分分解物」であるレジスタントスターチを摂取できるようになるので、摂取カロリーを抑えやすくなります。

食物繊維と似たような働きもするので便秘解消効果も期待できるでしょう。

そばダイエットで痩せた口コミは?


そばダイエットの成功率は見た限りそこそこといった印象です。

お手軽ではありますが劇的に痩せるほど効果があるものではなく、予算もそれなりに必要で成功率はだいたい半分といったダイエットではないでしょうか。

ただし、痩せた口コミの中には運動を併用して成功したという方多いのでそばダイエットのみで痩せたという人はそこまで多くないのかもしれません。

他にも食事制限などとセットで行っている人たちは痩せている人がいるといった感じです。

低糖質ダイエットのような食事制限付きのダイエットか、運動をプラスしている人向けのダイエットなのではないかと思います。


Sponsored Link


そばを食べるのは朝か昼か夜か?ダイエットの方法は?


そばダイエットのやり方は3食のうち1食を置き換えるものとなっております。

置き換えるタイミングについては色々な意見がありますが、昼食をそばに置き換えることを推奨している人もいるようです。

これは血糖値の上昇を抑えられる作用がより効果的に働くのが昼食というところからきているのですが、個人的には夕食をたくさん食べてしまうのなら夕食を置き換えたほうが良いと思います。

それよりお大切なことが食べ方です。

まず、できる限りゆっくり食べるようにしてください。

そして、ワカメやミョウガといったトッピングを使うようにして天ぷらなどは付け合わせないでおきましょう。

太ってしまう可能性が高まります。

また、そばを選ぶときはできる限りそば粉の含有量が多いものを選んでください

すべてそば粉を使っているものはなかなかないでしょうが、それでもそば粉→小麦粉の順番で並んでいるものを選ぶようにしましょう。

原材料を表示する際には含まれているものの量が多いものを先に明記する決まりがあるので、そば粉が先にこないものは避けた方が良いと思います。

ダイエット向けのそばのレシピは?


ヘルシーなお蕎麦料理はたくさんありますが、その中でも健康面でプラスな栄養素が多いのは納豆を使ったものではないでしょうか。

例えばクックパッドにある「納豆ととろろのネバネバ蕎麦(https://cookpad.com/recipe/2515943)」なんかはお勧めできると思います。

これは長芋・もずく・納豆などのネバネバ食材がたくさん入っているので、非常にヘルシーであり効果を期待できるレシピとなっているのです。

お腹がもたれてしんどい日に食べるとよりありがたみを感じると思います。

他には「カニカマとわかめそばのヘルシーサラダ(https://cookpad.com/recipe/3832650)」のようなお蕎麦として食べるのではなく、サラダとして食べるのもありだと思います。

このダイエットの欠点は飽きる可能性が高いことなので、普通の食べ方以外の方法を知っておくと成功率が上がるのです。

これらの料理を食べるタイミングは細かい指定はありませんので、朝昼晩のうちの好きな時に食べるようにされていいでしょう。

そばの栄養と効能


そばの栄養として代表される成分は水溶性ビタミン物質の一つであるルチンでしょう。

ちょっとマイナーかもしれませんが、この栄養素はイチジクなどにも含まれるポリフェノールの一種となっており、抗酸化作用が強いのです。

ポリフェノールという単語を聞けば、何となく健康に良さそうと思うのではないでしょうか。

その一番大きな作用はビタミンCの吸収を促して吸収効率を上昇させるところにあります。

血糖値を下げる効能もあるので、そばを食べると太りにくくなるのです。

ビタミンCを効率よく吸収できるようになったとしても、ビタミンCを摂取しないと意味がないのでパセリや赤ピーマン、アセロラも一緒に摂取しましょう。

他には食物繊維やビタミンB群も含まれており、特に脂肪の燃焼を助ける働きがあるビタミンB1が多い点は優秀と言えるでしょう。

そばダイエットは痩せない?痩せた口コミや夜のレシピは?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はそばを使ったダイエットについて紹介いたしました。

そばは効果的であることはお伝えできたと思いますが、一般的に売られているそばは小麦粉と合わせて作られているのが基本なので、ここで説明した栄養素の効果が完全には発揮されないかもしれません。

そのため、しっかりと含まれている成分を確認して、そば粉→小麦粉の順番になっていることを確かめてください。

そばダイエットは簡単ではあるものの、その効果を得るためにはしっかりとしたそばからのエネルギー摂取が必要なので、そば粉が少ないそばを選んでしまっては効果が半減してしまいますので気を付けましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)