緑茶ダイエットはペットボトルでも効果的か!飲むタイミングは?

カテキンのダイエット効果とお風呂前後に飲むなど方法!口コミは?

緑茶は色々と効果が見直されており、ダイエットにも有効と言われております。

それはペットボトルのものでも飲むタイミング方法を理解すれば有効なものなのでしょうか。

そこで、今回はこの緑茶を使ったダイエットについて紹介したいと思います。


Sponsored Link


緑茶の効能は?


緑茶ダイエットとは緑茶を飲むことでダイエットに有効な成分を摂取して効果を効率的に使うことです。

この緑茶の効能は色々とありますが、様々な病気のリスクを減らす作用があります。

たとえば、緑茶は心臓の動脈を柔軟にする効果があるので心臓関係の病に対してのリスクが減ります。

抗酸化物質のフラボノイドによって内皮細胞が活性化されるのでさらに血管が詰まる確率も減るでしょう。

そして臨床研究で風邪菌の増殖を防ぐ作用があることも判明しているので、免疫力が向上することもはっきりとしております。

日頃からたくさん緑茶を飲んでいる人はその抗酸化作用によって老化も遅くなるのでボケ防止にも繋がるようです。

ほかには血糖値を下げる作用があるので糖尿病などの生活習慣病予防にも効果があります。

また、緑茶が新たな脳細胞の成長を活性化する作用があるという報告もあるので、記憶力や学習能力の向上も考えられます。

緑茶のカテキンによるダイエット効果は?


次はダイエットに絞って効果を確認していきます。

まずはカテキンによる抗酸化作用や殺菌作用でしょう。

このカテキンは脂肪を分解して燃焼させる効果もあるということが発見されたので、痩せやすくなるのです。

マウスを使った実験でも脂肪を蓄える速度が緑茶を摂取している方が圧倒的に遅かったので、肥満撃退作用があると考えてもいいでしょう。

そして、含まれているカフェインにも脂肪分解作用があり、さらには利尿作用もあるので老廃物除去も期待ができます。

血糖値を下げる作用もあるので、糖分が蓄えられにくくなることもあり太りにくくなる作用が強いのです。

また、ストレスを和らげる働きのあるビタミンCが豊富なので、ダイエットによるイライラが蓄積しにくくなります。

イライラが溜まると暴飲暴食に走ってしまう可能性が出てくるのでそれを防げるのは大きいでしょう。

緑茶の飲むタイミングなどダイエット方法は?


緑茶ダイエットの方法は食後に飲むことです。

食後は血糖値が上がり、その上がり幅が大きいほど太ってしまうものなのですが、食後に緑茶を摂取することで血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。

この要素はカテキンから来ているのですが、カテキンの効果を最大限に活かすと考えると食後となるのでしょう。

あるいは脂肪燃焼効率などの効果上昇を利用するのなら、運動前に摂取するのもいいと思います。

食事系のダイエットとは違い緑茶は好きなタイミングで簡単に飲めますので、運動前に摂取して、脂肪分解効率や燃焼効率を上げましょう。

お風呂の前後も効果的?


タイミングについても諸説ありますが、その中でも大量の水分が失われているお風呂を利用するというやり方があります。

水分が大量に失われる状況というのはつまり水分吸収量が増加すると言うことです。

そのため、お風呂前後に緑茶を摂取すると、緑茶の吸収効率が上がります

カテキンなどのダイエット効果がある成分の吸収効率も上昇するので、脂肪燃焼効率も上昇するのです。

それ以外のプラス作用もよく働くようになるので、食後や運動前以外ではお風呂前後に飲むのも有効だと思われるといいでしょう。


Sponsored Link


寝る前に緑茶を飲むのは避けるべき?


寝る前の緑茶は飲むタイミングとしては良くないでしょう。

その最大の理由はカフェインです。

覚醒作用があるので寝る前に飲んでしまうと寝られなくなります

仮に眠れたとしても睡眠の質は落ちるので翌朝がかなりつらいことになるでしょう。

なので、タイミングとして睡眠前は摂取を避けるようにしてください。

ペットボトルの緑茶でも大丈夫?


現代人にとって最も身近にあるお茶の飲み方は市販されているペットボトル入りのお茶でしょう。

昔のペットボトル飲料の場合はそこまで色々と成分が厳選されていなかったので、大丈夫とは言い切れませんでしたが、今のペットボトル飲料は厳選されているものも多くダイエットに使えるものもたくさんあるので大丈夫といえます。

その筆頭が花王のヘルシア緑茶などです。

カフェインやカテキンといった緑茶において摂取したい成分がしっかりと含まれております。

緑茶だけでOK?食事の摂り方は?


緑茶ダイエットはこのように条件がかなり緩いのですが、本気で効果を高めたいのなら食事のコントロールをした方がいいでしょう。

糖質の上昇量を抑える作用や脂質が分解される作用があったとしても、それより多く吸収してしまったのでは効果が薄れます。

特に、脂肪燃焼効率がアップしているという状況が最大限に活かされるのは消費カロリーが摂取カロリーを上回っている状況で有酸素運動をしている時なので、その効果をしっかりと確かめたいのならそれ相応の食事のコントロールをしてください。

緑茶の飲み過ぎには注意?


何事にも限度があるように緑茶も飲み過ぎるのは危険だと言われております。

色々と症状が噂されておりますが、その中でも重いのがカフェインの大量摂取による副作用でしょう。

カフェインには利尿作用や興奮作用があるのですが、それが過ぎると頭痛・動悸・めまい等の症状が出るようになって、かなりトイレが近くなります。

ふらふらするようになるのでかなり危険です。

また、カフェインを毎日大量に摂取しているとカフェイン中毒になってしまう可能性もあるので大量摂取はやめましょう。

具体的に欧州食品安全機関(EFSA)のルールを見ると1日400mg未満かつ1回の摂取量が200mg以下です。

だいたい150mlで30mgなので2L以上1日で摂取したら危険だと考えましょう。

そして1度に1L以上飲むのも避けた方がいいと思います。

もちろんカフェインがどれくらい含まれているのかで計算の仕方は変わりますので、危険なラインがどこにあるのかは確認されるといいでしょう。

緑茶ダイエットの口コミ


緑茶ダイエットは基本的にやり方が非常に簡単なので、即効性があるダイエットではありません。

痩せていくとしても1ヶ月で1kgのようにじっくりと痩せていくことになるでしょう。

しかし、食生活及び日常生活の過ごし方で状況は大きく変わるので効果がほとんど出ない人だってもちろんいます。

そのため、「1ヶ月で3kg痩せました」のような人もいれば「全く変わらなかったです」という人も同じくらいの割合でいます。

これは緑茶ダイエット以外の努力がどれだけあったのかで効果が大きく変わってくるので、口コミはあんまり信用できないと思います。

痩せたという人のほとんどが運動や食事制限等を自主的に行っているからです。

緑茶ダイエットはペットボトルでも効果的か!飲むタイミングは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は緑茶ダイエットについて紹介いたしました。

このダイエットは難易度でいったらかなり簡単な部類に入ります。

ストレスなどもほとんど無いので、飽きる以外の挫折はほとんど無いでしょう。

それ故に効果も薄くなってしまうのです。

より多くの効果を得たいという方はしっかりとほかのダイエットも重ねて行ってくださいね。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)