ラジオ体操ダイエットは1ヶ月で効果が?口コミや方法!

運動

ラジオ体操を毎日何回でダイエットに効果的かと支援アプリ

ラジオ体操は皆さんが小学生や中学生といった年代で必ずお世話になる体操ですが、ダイエットにも効果があるのではないか注目されるようになりました。

1ヶ月で見た目が変わるといった口コミや具体的な方法、朝や夜といった実行タイミングなどわからないところもあるので、どうやったらダイエットに最適なラジオ体操になるのかを確認したいところです。

そこで、今回はダイエットに役に立てるようなラジオ体操とはいったいどのようなものなのか、またどのように扱えばいいのかを調べていきます。


Sponsored Link


ラジオ体操ダイエットって?


ラジオ体操は今では30代になって全く実行していない大人でも音楽とともになんとなく実行することが出来る体操ですが、消費カロリーもそこそこあるということでダイエット効果もあるといわれております。

このようにラジオ体操を使ってダイエットをすることを目的としたものがラジオ体操ダイエットとなります。

実際にラジオ体操をダイエットに用いる場合には日に2~3回行うのがオススメとのことなので、難易度は低いでしょう。

ただし、やる気のない子供たちのように何となく適当にこなすだけでは全く効果がないので、一つ一つの動作を動画を見て理解したうえで本気で実践する必要があります。

手を伸ばすといわれたらしっかり伸ばして、体を回すといわれたら止まったときに息を吸いながらもしっかりとまわしてください。

ダイエット効果を高めるためにはいろいろと細かい部分にも意識を傾ける必要があります。

注意点はもっとたくさんありますので後述します。

ラジオ体操のダイエット効果


ラジオ体操のダイエット効果は消費カロリーが発生するので痩せられるというものもありますが、それ以外の部分のほうが大きいでしょう。

例えば、ラジオ体操は首や腰など現代人にとって凝り固まっている部分の筋肉を和らげて柔軟性をアップさせる作用があり、腰痛や肩こりを治して正しい姿勢を保ちやすくなります。

程よく筋肉が付くことも正しい姿勢をキープしやすくなるポイントで、普段からデスクワークが主体で運動を特に実行していない人ほど恩恵を受けやすいでしょう。

また、ラジオ体操はお腹をひねったり回したり伸ばしたりする動作が多く、腸を刺激することが多々あります。

あのようにお腹を刺激するとそれだけ蠕動運動が発生しやすくなって便秘が解消されやすくなるでしょう。

そして、血行もかなり良くなりますので体にたまった老廃物も除去されやすくなります。

そうなると余剰の塩分も除去されやすくなってむくみも減りますし、血行不良も改善されるので冷え性も出にくくなって基礎代謝も上がりやすくなるでしょう。

1ヶ月で効果を実感するという声も?


ラジオ体操ダイエットは第二までやるのか、どの程度真剣にやるのか、どの程度回数を分けてやるのか、食事にも気を付けているのかなど様々な要素で成功確率や成功スピードが変わります。

ある程度真剣に取り組んで1日3回実行するようにして、食事にも気を配っている人ならば1ヶ月である程度効果が出るようです。

体重の減少にあまり結び付かないという方でも、朝がしっかり起きれるようになってより健康的になったというプラス報告が多数あるので、決して無駄にはなりません。

口コミは?


ラジオ体操ダイエットはそこそこ流行っているので口コミ数も多いです。

インターネットで検索をかけると簡単に見つけられるでしょう。

総合的な評価もかなり高く5段階中で4.3点ならばかなり成功確率は高いと判断できます。

ただし、ハードな有酸素運動ではないので体重の減少スピードは緩やかという意見も多いです。

1日1回第二まで実行しているという方は一カ月で1.5kg減ったといった報告は多数ありますので、真剣にやればやるほど効果的であるということがわかります。

具体的な方法と注意点

方法や注意点なのですが、これは軽く説明したように本気で取り組むことにあります。

ラジオ体操は適当にダラダラとこなすことも可能ですが、それだけでは一気に効率や効果が落ちますので、腕を伸ばすときはしっかりと伸ばして、回すときもしっかりとまわすようにしてください。

注意点はまじめにやらないとそれだけ運動効率が激減するようになるという点です。

朝起きた時に体がリフレッシュするからと取り入れる方もいますが、頭が半分寝ている状態で実行すると、きびきび動作するのは難しいのでラジオ体操のダイエット効果は落ちます。

もちろん、目が覚めるのでそれだけでも効果的とはいえますが、痩せたい場合には実行するタイミングにも注意が必要でしょう。

また、このラジオ体操には第二が存在しています。

この第二は運動強度がかなり強く筋トレに近いものがありますので、ラジオ体操第一では物足りないという方も取り入れるといいでしょう。

ラジオ体操は朝やる?それとも昼や夜?


ラジオ体操ダイエットは1日に2~3回ほどラジオ体操をこなすダイエットですが、実行するタイミングは朝と夕方と夜でしょう。

朝に実行した場合には覚醒効果が発生するようになるので体内時計が調整されるようになるので、その日一日がすっきりとしたものとなります。

ただし、頭がぼーっとして実行するケースもあるので消費カロリーのみを考えるとちょっと効果は薄いです。

夜に実行した場合は軽い運動であるラジオ体操第一を行えば副交感神経へと傾ける作用が発生して睡眠の質を一気に向上させてくれます。

睡眠の質が向上すればそれだけストレスから解放されて運動によって消耗した筋肉の回復速度が上がり強度も増すので体がより健康的になって痩せやすい体質になることが期待できるでしょう。


Sponsored Link


また、夕方は体温が上昇しているタイミングなので運動をするとそれだけ脂肪燃焼効率が上がるという情報もあります。

これら3つのタイミングに分けて実行するといいでしょう。

毎日何回やるのが良い?


これは先ほど説明にも記載したように、1日2~3回がいいでしょう。

ただし、時間的な拘束はラジオ体操第二までやるのかどうかで大きく変わりますし、体力の消耗量にも大きくかかわってきます。

特に、朝起きた後に体力を減らしてしまうとその後の活動に悪影響が出てしまうので、人によっては第一にとどめたほうがいいですし、寝る前に実行する場合に筋トレに近い第二までやったらむしろ脳が活性化されて逆効果になるでしょう。

つまり、個人差はありますが、しっかりとした第二まで実行できるタイミングは夕方のみとなります。

ここまで考えるとわかるように、ラジオ体操第一は朝と夕方と夜の3回やって、ラジオ体操第二を夕方に1回やるというセットで行きましょう。

もちろん、体力のある方は朝に第二を増やされてもいいでしょう。

ラジオ体操のアプリってどんなの?


ラジオ体操を実行するためのアプリというものもこの世の中にはすでに多数存在しています。

例えばNHKから配信されている「ラジオ体操 第1・第2なんかも代表的なアプリでしょう。

こちらは有料という欠点がありますが、無料アプリならば「毎朝体操のようなアプリもあります。

こちらは腕のモーションを認識して採点してくれる機能があるようです。

どれを使うのかは人それぞれですが、まずは無料版から試してみられると良いでしょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はラジオ体操ダイエットについて記載してまいりました。

ラジオ体操は第一ならば体の柔軟性を上げるストレッチのような効果が非常に強いですが、第二になると一気に強度が上がりますので、馬鹿にできない運動量になります。

これを毎日実行し続ければ軽い筋トレと有酸素運動を実行し続けることになりますので、効果の出る可能性は高いでしょう。

少なからず何もしていない人よりは圧倒的にマシです。

簡単に実行できますので、アプリを有効活用しつつ取り入れてみましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました