ピタヤのダイエット効果や濃縮カプセルの口コミ!

ピタヤ




ピタヤのダイエットレシピ【ドラゴンフルーツスムージー】

ピタヤダイエット効果は高いという声がネット上にも色々とみられるようになりましたが、まずピタヤとはいったいどのようなものなのかがわからないという人も多いでしょう。

濃縮カプセルというのも存在するようですが、口コミがどうなっているのかも気になります。

そこで、今回はこのダイエット法についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


ピタヤはダイエット向き?カロリーや糖質について


ピタヤは100g中のカロリーが50kcal程度なので、食品全体としても低い部類になりますし、果物の中で考えても低めといえるでしょう。

糖質量は100gで約10g程度となっております。

実際に市販されているピタヤは可食部が250~260g程度なので、1個全部を食べると考えると糖質は25gの摂取となるでしょうし、カロリーも125kcalの摂取となります。

糖質制限ダイエットをしている場合は、1日の糖質摂取量はだいたい80~120g、きつい糖質制限ダイエットをしている人は30~60gとなりますので、糖質制限ダイエットをしている人は丸々1個食べることはできないでしょう。

とは言え、ピタヤのカロリーや糖質から見た場合、何れも比較的低い方になると思いますので、ダイエット向きとは言えるでしょう。

ピタヤのダイエット効果は?


今度はダイエットのみの効果に絞って考えていきましょう。

先の栄養素紹介でも説明したように、カリウムが豊富に含まれておりますので、余剰な塩分が除外されやすくなります。

つまり、むくみ改善が期待できると言うことです。

また、ピタヤには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が含まれており、食物繊維の補給にも役立ちます。

ピタヤは果物の中でも食物繊維が含まれている量が抜群に多く、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を摂取できますので、非常にダイエット向けと言えるでしょう。

つまり両方の食物繊維を摂取できることから、便秘改善効果も強く働いてくれます。

また、不溶性食物繊維は水で膨らむ作用もありますので、食事の前に摂取した場合は満腹感が得られやすくなるので、結果的に食べ過ぎを抑制できるでしょう。

食物繊維は善玉菌のエサとなるとも言われておりますので腸内環境を整えて、代謝が向上する作用にも期待ができます

ピタヤをダイエットに活かす食べ方は?カプセルで摂取も?


ピタヤははっきり申し上げてメジャーな食べ物ではありません。

そのため、食べたことがないという人もいるでしょうし、食べ方も知らないという人も多いでしょう。

推奨されている食べ方は4つか半分に切って、スプーンなどですくって食べるという方法です。

お店で売られているピタヤでも完熟した物ならば簡単に皮がとれますので、比較的食べやすい果物となっております。

皮を剥いた後に果肉だけを切ってサラダなどに盛り付ける人もいますので、お好みの部分もあります。

このピタヤは日本で栽培されているとは言え、まだまだ量は多く出回っていないので、入手できないという人もいるでしょう。

そのような人はサプリメントとしても売られておりますのでそちらから摂取するのも良いでしょう。

ケンコーコムや楽天といった通販サイトから簡単に購入できます。

そもそもピタヤとは?栄養や効果効能は?


ピタヤはドラゴンフルーツのことです。

ドラゴンフルーツと言われれば何のことかわかるという人も多いでしょう。

日本ではピタヤよりもドラゴンフルーツの方がなじみがありますので、そちらの呼ばれ方をすることが多いです。

鱗のようなごつごつした外見や、独特な見た目からなかなかにインパクトが強い果物で日本では取り扱っていないというイメージが強いですが、実は沖縄や九州などの暖かい地方で生産しているので、国産のドラゴンフルーツも存在しているのです。

そんなドラゴンフルーツの効果はカリウムがバナナと同じくらい入っているので、むくみ改善作用が期待できるでしょう。

また、葉酸や鉄分が比較的多く含まれていることから、鉄欠乏性貧血に悩まされている方にとっても有用な果物となります。

ポリフェノールも大量に含まれておりますので、抗酸化作用による老化防止やアントシアニンによる目の疲れの軽減にも期待が持てます。

美肌や美白効果も高いので、若い女性を中心に注目度が高まっているのです。

ピタヤの味ってどんなの?


ピタヤの味についてですが、レッドドラゴンやホワイトドラゴンはほとんど甘みが感じられないのでとってもあっさりとした味わいです。

食感によって好き嫌いが分かれるでしょうが、味で嫌いになる人は少ないでしょう。

イエローピタヤはほかの2種と比べるとちょっと特殊で、甘みが多めになっております。

なので、まずは食べ比べてみるのがいいでしょう。

その中でおいしいと感じたピタヤを食べるようにしましょう。

基本的にいま日本で流通しているピタヤは味が薄いものが基本となっておりますので、シャクシャクとした食感を楽しむ果物として食べたほうがいいと思われます。

ピタヤ濃縮カプセルの口コミは?


ピタヤは「ピタヤ濃縮カプセル」といったサプリメントが色々と売られております。

大手通販サイトでも売られているのでその口コミを見れば自ずと評判も見えてくるでしょう。

それらを見てみるとやはり賛否両論でした。


Sponsored Link


評価が高めの口コミは「飲みやすくて肌の調子が良くなった」「お腹の調子が良くなった」「価格が安くて飲みやすい」といったものがとっても多かったです。

評価が低めの口コミは「続けて飲んでいるけど特別変わらない」「効果がわからない」といった、実際に効果が発揮されてないことに不満を感じている方がほとんどでした。

ダイエット向けドラゴンフルーツスムージーのレシピ3選

それでは具体的にダイエットに使えるドラゴンフルーツスムージーのレシピを紹介します。

やはり果物はスムージーにして飲むのが一番簡単なので、最もやりやすい摂取方法と言えるでしょう。

①ドラゴンフルーツのスムージー


(https://cookpad.com/recipe/4499549)

クックパッドでも人気があったドラゴンフルーツスムージーのレシピです。

見た目も非常にかわいいので人気があるのもうなずけます。

レシピには生クリームや砂糖が記載されておりますが、ダイエットに使うと考えれば、それらは減らした方がいいでしょう。

②ドラゴンフルーツスムージー


(https://cookpad.com/recipe/2751573)

こちらもドラゴンフルーツスムージーとしては鉄板の作り方と言えるでしょう。

見栄えは重視していないようで、最も簡単に作れるドラゴンフルーツスムージーの一つとなっています。

まずはこちらからチャレンジしてみるといいでしょう。

③レッドピタヤボウルスムージー


(https://cookpad.com/recipe/2916908)

とにかく見た目にも味にもこだわってスムージーを作りたいという方はこのレシピです。

トッピングとして薄くスライスしたバナナやラズベリーなどを使っており、色鮮やかな仕上がりです。

いつものスムージーのレシピに飽きてしまったという人にお勧めでしょう。

ピタヤのダイエット効果や濃縮カプセルの口コミ!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はピタヤを使ったダイエットについてお伝え致しました。

ドラゴンフルーツは日本人にとってあまりなじみのない食べ物ではありますが、果物の中でもかなり栄養価としては優秀な成分が含まれている果物ですので、ダイエット以外の部分でも注目度が高まってもおかしくないといえるでしょう。

実際にピタヤを使ったサプリメントも売られており、使っている方々も少しずつ増えてきているので、これから流行する可能性がある果物なのかもしれません。


Sponsored Link


コメント