パスタのダイエット効果と朝食か夜食かなど食べ方とレシピ!

パスタ




パスタのソースの選び方や他のダイエット食品で代用する方法

炭水化物であるパスタダイエットに向かないという声が非常に多いですが、使い方次第では効果的であるという噂もあります。

朝食といったタイミングによって左右されるものなのか、レシピによって変わってくるのかなど、いろいろと疑問に思うところは多いでしょう。

そこで、今回はパスタを使って本当にダイエットができるのか、ダイエットに使えるのならその方法はどのうようなものなのかを記載したいと思います。


Sponsored Link


パスタのダイエット効果は?


これはいろいろと参考となる記事や資料を見ましたがはっきり言ってほとんどありません。

このパスタは200gで考えるとカロリーは約300kcalで糖質もだいたい50~60gとなります。

はっきり申し上げて非常に高いです。

小麦粉の成分の70%は糖質といわれていますので、小麦粉から作られているパスタはどうしても糖質が多めになってしまうのでしょう。

GI値で考えても65と白米やうどんに比べれば低いですが、糖質量と併せて考えるとやっぱり高めとなってしまいます。

これにパスタソースなどを加えた場合、さらにカロリーや糖質が加わってしまいますので、そのままのパスタはダイエットとして活用するのは難しいと言えるでしょう。

ちなみに、一人前のカルボナーラはカロリーがだいたい600kcalで糖質が55gといわれているので、糖質制限ダイエットを行っている人たちは絶対に食べれません。

しいて言えるのは、他の炭水化物と比べると比較的にGI値が低めなので血糖値の上昇が穏やかになりやすいのがポイントとなるかもしれません。

この状況をパスタが好きな人から見ると耐えがたいのでしょうが、ダイエットにそこまでプラスとなるポイントが見いだせないので、ストレスがあまりにもひどくどうしても食べたいという人なら工夫して食べるというスタンスになるかと思います。

ダイエット中にパスタを食べるなら夜?それとも朝食?


ダイエット中にパスタを食べる時のポイントはやはり出来る限り摂取カロリーを減らすことでしょう。

そのため、噛む回数を増やすといった満腹中枢を刺激する工夫は凝らしてください。

また、カルボナーラやクリームパスタは非常に高カロリーなので食べてはいけません

ペペロンチーノやキノコパスタといった低カロリーのものを選んで作りましょう。

また、量については1人前でだいたい200gと記載しましたが結局は炭水化物となってしまうので、可能なら減らしたほうがいいでしょう。

食べるタイミングも摂取したエネルギーが無駄になる夜よりは朝のほうがいいです。

また、炭水化物は太る原因となりますので、出来る限り太りにくくするためにサラダやスープと一緒に食べるようにしてください。

少しでもダイエット効果を高めるとしたら?


ポイントは食べる順番を工夫することでしょう。

スープ飲んで内臓を温めてからサラダをたっぷりとその後にパスタを食べることでしょうか。

食物繊維が豊富なサラダを先にたくさん食べるようにすれば、満腹中枢が刺激されるようになるのでそれだけパスタを食べる量を減らすことができます。

また、パスタを茹でるときには出来る限り硬めのほうが噛む回数が増えて摂取量を減らせますので、硬めを意識して作るようにしてください。

そして、出来る限り低カロリーの和風パスタなどを選ぶようにしましょう。

ソースの選び方は?


考え方は非常にシンプルで、太りやすいソースは選ばないようにして、出来る限り低カロリーなヘルシーソースを選ぶというものです。

特に良くないと叫ばれているのはクリーム系のソースとバター系のソースです。

ミートソースのようなこってり系のものは選んではいけません。

出来る限りあっさりとして脂質が少ないペペロンチーノやキノコパスタになるようにソースを選んでください。

特に、和風のパスタは低カロリーに仕上がりやすいのでそれに合わせたソースを選べばいいでしょう。

パスタを他のダイエット食品で代用する方法もある?


いろいろと調べてきましたが、やっぱりパスタはダイエットには向きません。

しかし、おいしく仕上がりますし日本人でも好む人が多いので食べられるならダイエット中でも食べたいという意見は多いです。

なので、パスタ風に仕上げることができる何かで代用するというのがダイエットを成功させる方法となります。

この方法はいくつかありますが、最も有効活用されていることが多いのはやはりしらたきでした。

しらたきを工夫してパスタ風に仕上げるレシピというのは非常に多いので、それを参考にするといいでしょう。

また、出来る限りカロリーを抑えるためにはオイルもサラダオイルではなくオリーブオイルといったダイエット効果があるものに切り替えるようにしてください。

パスタダイエットの口コミはあるの?


パスタダイエットの口コミはほとんどありません

いくつか見つけましたがそれは「パスタは良質なエネルギーになるので、摂取した分だけ運動をしたら痩せました」とか「摂取カロリーを気にして運動を実行した結果痩せました」とか「甘いものや間食を減らして野菜や肉類を増やしてパスタを主食にしたら痩せました」といったほかに大きなダイエット効果があるものを頑張った結果痩せたという報告が主体なので、パスタの力で痩せたという記載はほとんど見つかりませんでした。

ダイエット中でも食べられるレシピ3選

パスタにはほとんどダイエット効果がありませんが、工夫次第でダイエット中でも食べられる代物になりますので、その工夫の結晶であるレシピを3つほど紹介します。


Sponsored Link


①ダイエットに!ヘルシー明太子白滝パスタ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/189155/recipe/1021992)

いわゆる、パスタ風に仕上げたしらたきを使ったレシピです。

やはり炭水化物を削るためにはしらたきを有効活用するのが正攻法となってしまうのでしょう。

いろいろと高評価を得ているレシピですので、パスタが食べたくて仕方がないという方はこれでしのいでみましょう。

②ゴボウとキノコの和風ダイエットパスタ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/118408/recipe/1055027)

こちらは和風に仕上げることで出来る限りカロリーや糖質を低めに仕上げたパスタ料理です。

しらたきではありません。

出来る限り低カロリーで低糖質に仕上げたいのならば和風にするのが理想だったのですが、その理想をうまく体現しているレシピと言えるでしょう。

③糸こんにゃくとちりめんじゃこのダイエットパスタ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/146773/blog/15169518)

糸こんにゃくをパスタ風に仕上げたダイエットレシピです。

これもかなりヘルシーなレシピですので、ダイエット中でも食べられます。

もちろん食べ過ぎてはいけません。

パスタのダイエット効果と朝食か夜食かなど食べ方とレシピ!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はパスタがダイエットに使えるのかを調べ上げていろいろと記載してまいりました。

やっぱりパスタはダイエットをする上で有効活用するのは非常に難易度が高いです。

何とかダイエットに有効活用するためのポイントを探しましたが、見つかりませんでした。

糖質を減らすためには食べないほうがいいという意見が圧倒的に多いです。

なので、パスタをどうしても食べたいという方にはパスタ風に仕上げられるレシピを有効活用するのが一番でしょう。


Sponsored Link


コメント