お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?

サプリや薬などお腹周りの脂肪を落とす方法

お腹周り脂肪は非常に気になるもので、ここが太くなってしまうと今まで着れていた服がタンスにしまいっ放しになってしまいます。

そうなってしまった為に、あるいは黄色信号がともり、そうならないようにする為に、脂肪がつく原因は何なのか、筋トレなどの無酸素運動がいいのか、落とし方で効率がいい方法はないのかを探している人はたくさんいるでしょう。

そこで、今回はお腹周り脂肪原因落とし方について、筋トレなど無酸素運動が有効なのかなどをお伝えします。


Sponsored Link


お腹周りの脂肪が落ちない原因は?

onakamawarinosibou-genin
まず、ダイエットとお腹の脂肪との関係について説明します。

基本的に人の体が痩せていく順番は体の中心からなので、胸とお腹は痩せやすい部位になります。

しかしながら太りやすい部位でもあります。

一方、顔や二の腕などは痩せにくいということですね。

そのため、正しくダイエットをやっている方ならお腹周りから確実に痩せていくはずです。

特に男性の場合はお腹の周りに内臓脂肪が付きやすいので太った場合すぐにお腹が膨れてしまうのですが、この内臓脂肪は血液中に溶けやすい性質があるので、ちょっとした食事制限や筋トレを継続的に行えばすぐに落ちる部位となります。

しかし、女性の場合はちょっと話が変わってきて産後のお腹周りの脂肪は落ちにくくなっています

これは妊娠中は運動不足になりがちで、筋力と基礎代謝が低下してしまっていることと、骨盤と骨盤周りの筋肉が変化してゆるみやすくなってしまうことが原因となっているのです。

そのため、産後はどうしてもお腹周りの脂肪が落ちにくくなってしまいます。

 

産後ダイエット!授乳中でもできる運動は?時期はいつから?

 

お腹周りの脂肪は女性より男の方がつきやすい?

onakamawarinosibou-tukiyasui
脂肪のつき方は男女で差があり、男性は腹部回りに「内臓脂肪」が付きやすく、女性は「皮下脂肪」がつきやすい傾向があります

しかしながら女性でもお腹周りにが太りやすいという方も意外にいて、一概に男性だからとか女性だからといった括り方ができないところがあります。

むしろ、個々人の体質によって太りやすい部位と太り難い部位があり、子供の頃にやっていた運動によっても太りやすいか太り難いかがかわってくることになります。

そのため、男性の方でも「女性はお腹周りが太らなくていいよな」なんて考えないほうがいいでしょう。

あくまで、人によるものだと思ってください。

 

内臓脂肪のレベルや落とし方【筋トレ・食事・呼吸法・サプリ】

 

お腹周りの脂肪を落とす方法は腹筋など筋トレ?

onakamawarinosibou-kintore
お腹周りの脂肪を落とす方法として腹筋などの筋トレをするのは間違いなく有効です。

しかし通常の筋トレは「糖質」を使った運動に該当するので、お腹周りの脂肪を燃焼させたい場合は筋トレのみではいささか効率が悪いです。

逆に体脂肪を燃やしたいのならばウォーキングやランニングなどの有酸素運動が必要になります。

なので、ただ単に筋トレを行うのではなくサーキットトレーニングのように次から次へと休み無くトレーニングを行えば筋トレと有酸素運動による相乗効果を得ることができるでしょう。

 

ダイエットの筋トレで体重増加はなぜ?効果的なメニューは?

体幹トレーニングのダイエット効果は?女性・男性別メニューは?

 

お腹周りの脂肪を落とすエクササイズは?

ちょっと皆さんが想像していたエクササイズとは異なるかもしれませんが、効率よくお腹の脂肪をとるためには最適な方法なので、ここで紹介させてもらいました。

サーキットトレーニングは筋トレと有酸素運動の組み合わせになるので、自分の目的に合わせて自由に作ることができます。

まずは、考え方の基本として各種目10秒間行い、1サイクル(5〜6種目)で60秒のインターバルを置くようにして、それを5〜6サイクル行うというものになるでしょう。

つまり筋トレのように一つのトレーニングをずっと行うわけではないということですね。

これは自宅でも道具無しで行えるトレーニングなのですぐに取り入れることができるでしょう。

 

サーキットトレーニングのダイエット効果やメニューは?


Sponsored Link


 

お腹周りの脂肪燃焼には無酸素運動より有酸素運動?

senakanoniku-yuusanso
お腹周りの脂肪燃焼には無酸素運動より有酸素運動が良いというのは事実です。

いわゆる脂肪燃焼は筋トレではなくウォーキングといったものなどで行われるので有酸素運動が良いのは間違いないです。

一般的に内臓脂肪やぜい肉を落とす方法として紹介されているのは「ウォーキングやジョギングをしてください」といったものです。

その言葉は真理なので変えようのない事実ですが、無酸素運動は有酸素運動の脂肪燃焼効率を上げますし、筋肉の多い部位には脂肪は付きにくいという点もありますので無酸素運動もお腹回りの脂肪を落とすには必要なものと考えると良いです。

但し、お腹のぜい肉を落とす場合は有酸素運動を取り入れることを考えてください。

 

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

 

お腹周りの脂肪を落とすサプリは?

onakamawarinosibou-suppli
どんなにトレーニングをしてもどんなにダイエットをやったとしてもなかなか脂肪が落ちない場合は、サプリメントに頼るというのも一手だと思われます。

今の時代サプリもいろいろと進化しているのでカプサイシン・黒酢・しょうがなどの脂肪燃焼効果がある成分を含ませている「燃焼効率が上がるサプリ」も発売されています。

なので、有酸素運動をしながらこのサプリメントを使用すれば間違いなく効率が上がるはずです。

但し、認識違いしてほしくないのは、サプリを飲む≠痩せる、サプリを飲む=痩せやすくなるということなのでしっかりと運動をするようにしてくださいね。

 

ダイエットで基礎代謝を上げるサプリや方法は?摂取カロリー計算法は?

 

お腹周りの脂肪を落とす薬って使って良いの?

onakamawarinosibou-kusuri
ドラックストアでも購入出来る薬に中性脂肪を落とす薬が売っています。

ただし、これらの薬の飲めばよいというものではなくサプリに近いものがあると考えたほうがいいでしょう。

あくまで生活習慣や食生活を見直さない限り脂肪は落ちません

そのため薬は補助効果と考えたほうがいいでしょう。

中には漢方の防風通聖散などが含まれているものもあり、これは脂肪を分解して燃焼する力が増すので効果はあると言えるかもしれません。

しかしこれはダイエットというよりも大食漢向けの人ようなので、ちょっと用途が異なりますね。

体の為にも、できれば正攻法でお腹周りの脂肪を落としたいものです。

 

ダイエットの食事メニュー【朝昼夜】と量や回数・時間は?

 

お腹周りの脂肪は病気の可能性もある?

onakamawarinosibou-byouki
たまに、太っている方々との会話で「このお肉が無くなると死んじゃう!」なんてネタを提供してくれる人がいますが、シャレではなく本当に病気でお腹の脂肪がついているケースがあります。

それは「大腸癌」です。

大腸癌の症状にはお腹が出るというものがあるのです。

これは大腸癌になってしまうと腸の中に腫瘍ができてしまって便が通りにくくなって便やガスがお腹に溜まりやすくなり、お腹が自然と出っ張ってしまったりします。

他にも脳の下の方にある下垂体に腫瘍ができて脳からの指令に異常をきたしてしまう「クッシング症候群」、女性なら誰でもなる可能性のある「卵巣腫瘍」「子宮筋腫」もお腹が出てしまうことがあります。

 

40代のダイエット!女性・男性が成功する食事・筋トレなど方法は?

 

お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお腹周りの脂肪の原因と落とし方について、筋トレなど無酸素運動が有効なのかをお伝えしました。

お腹の周りの脂肪は基本的には落としやすい部位なので、筋トレや有酸素運動を効果的に行い、合わせて食事のコントロールも行えば効果的にとることができるでしょう。

その際に、サプリメントなどを併用すれば効率も上がるはずです。

ただし、楽して贅肉をとる方法は基本的にはないので毎日サーキットトレーニングを続けるようにしましょう。

また、お腹を鍛える場合は有名サッカー選手のクリスチアーノ・ロナウド氏がCMしている腹筋を鍛える器具を使うのもOKですが、一番大切なのは本人の頑張り次第になるかと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)