おかゆダイエット口コミ!おかずも上手に選べば2週間で効果?

朝食がいいのかや食べる量などおかゆダイエットの方法とリバウンド

体調不良になった時によく食べるおかゆですが、食べ方やおかずの選び方を理解するとダイエット効果がでてくるという口コミが広がっております。

2週間も続ければある程度の結果が出るとも言われていますが、はたして本当なのでしょうか。

そこで、今回はおかゆを使ったダイエット方法についてお教えします。


Sponsored Link


おかゆってダイエット効果があるの?


最初に根本的な疑問の解消から入りましょう。

ずばり、おかゆはダイエット効果が本当にあるのかというお話です。

これは普段の食事量次第なところもありますが、白米をしっかりと食べるタイプだった人の場合は痩せられる確率が高まるでしょう。

水分を多く含んでいるお粥は通常の白米と比べると低カロリーになりますし、摂取量を抑えられるのに満腹感を得られる作用もあるので、結果的に痩せやすくなるのです。

また、お粥は水分が豊富で消化吸収力が高く、老廃物除去作用が高いことから便秘解消能力がついてくるのもうれしいポイントとなっております。

おかゆダイエットの口コミは?


お粥ダイエットは非常に簡単に実行できることから口コミ数も結構な数が揃っております。

総評から判断すると、ダイエットとして考えた場合の体重が落ちるペースはまあまあではありますが、そこそこ成功率が高くお手軽で予算もほとんどかからないというかなり高評価なダイエットとなっているようです。

ダイエットに悩んでいる人たちがお手軽さからこのおかゆダイエットに挑んでいるようで、2週間程度で2キロ痩せたとか、1ヶ月で3キロ痩せたという体重減少の報告が沢山あったので、いわゆる「体重を減らすダイエット」としての効果は高いのでしょう。

運動とセットで実行している人はかなりの確率で痩せているようですが、このおかゆダイエットのみの方も痩せているようなので、おすすめできる部類に入りそうです。

おかゆダイエットの方法


具体的なやり方を説明すると、3食のうち1食をおかゆにしておかずは今まで通りにするのか、可能な限りお米を食べる時は全ておかゆに切り替えるのか、おかゆだけをひたすら食べるようにするという方法になるでしょう。

個人的にはできる限り効率よく痩せるために、朝食と夕食の主食をおかゆに切り替えるのが良いと思いますが、お腹は膨れやすいですが腹持ちはそこまで良くないという欠点から朝食に食べると昼食まで持たない可能性が高いと言われており、やめたほうが良いという意見もあります。

個人的にはこの空腹を我慢できる人は朝食と夕食の主食をおかゆにするのが良いと思いますが、チャレンジしてできるかどうかで判断しましょう。

また、土田メディカルクリニックの院長である土田隆医師が考案したやり方だと、空腹を感じたらひたすらおかゆを食べるようにして、すべての食事にたんぱく質をトッピングした5分粥とし、こまめに水分補給しながら2週間続けることで痩せるというやり方を公開してました。

この医師曰く、2週間以上続けると身体が慣れて痩せにくくなるから限定したほうが良いとのことです。

おかゆダイエットにおけるおかずの選び方


おかずダイエットで考える必要があるのはおかずの選び方です。

いくら主食の摂取カロリーや糖質を削ってもおかずで補ってしまっては意味がありません。

そのため、ある程度は制限したほうがいいでしょう。

今まで通りに過ごすのも問題ありませんが、効果を高めたいのなら栄養バランスを意識したものに切り替えつつ、摂取カロリーと脂質と糖質に気を付けるようにした方がいいでしょう。

特に、このダイエットをしている人はタンパク質を摂取しないことが多いので、鳥のささみといったタンパク質が摂取できる食材を積極的に使うのが良いと思います

つまり、おかずとしてはタンパク質と野菜を中心に摂るのが良いかと思います。

おかゆダイエットは2週間~1ヶ月で効果を出せる?


おかゆダイエットの期間は2週間から1ヶ月とある程度絞ったほうがいいでしょう。


Sponsored Link


最初のうちに効果が出やすい最大の理由は消化と吸収、そして排泄のサイクルが早まることで腸内環境が整って代謝が上がってくれるからです。

しかし、その効果は永遠と出ているわけではないので、長期間続けると効果も下がっていき最終的にはほとんど効かなくなると言われているのです。

ただし、別の意見として長期間にわたって続けることで体質そのものが改善されるようになり、冷え性が治るといった効果もあるので、続けられるうちはつづけたほうが良いというものもあり、真っ向から対立している状況なのです。

どちらも納得できるものがあるので個人的には両方否定するのは難しいでしょう。

実践されてみて体の状態を見て個々人で判断されるのが良いのかと思います。

おかゆダイエットはリバウンドしやすい?


このダイエットの弱点はリバウンドのしやすさかもしれません。

実際にこのダイエットを紹介している専門家の意見やダイエット統括サイトを除いてみても「リバウンドしやすいので注意!」という記載はありません。

しかし、SNS等の実行者たちの声をあつめてみると「成功したけどリバウンドをした…」とか「おかゆにして食べると食べた気になるけど、やめたとたんに元通りになった」といった書き込みが目立ちます。

せっかく痩せることができたのにリバウンドしたらもったいないですね。

このダイエットが終わった後でも、食事の量やカロリーコントロールは意識してつづけたほうがいいでしょう。

おかゆダイエットでは運動しないと痩せない?


食事の量をコントロールしやすいダイエットなので、普段からある程度動いている人はおかゆダイエットを実行するだけで痩せていくと思います。

しかし、普段から摂取カロリーが消費カロリーを上回る生活、例えばデスクワークが主体で運動が極端に少ない人などはこのダイエットでも痩せない可能性が大きいです。

このダイエットはあくまで摂取カロリーをできる限り落として痩せやすい状況を作っているだけなので、消費カロリーは増やしていないのです。

普段の食生活や運動量から摂取エネルギー>>>>>消費エネルギーの状態の人は、消費エネルギーを増やす努力をしないと痩せないと思われます。

あくまで、日常における摂取エネルギーが消費エネルギーよりもちょっと多い人が効果があるものと判断したほうがいいです。

おかゆダイエットでの簡単な人気レシピ3選

それではおかゆダイエットに使えるレシピをいくつか紹介します。

スープジャーを使うことで手軽に作れますのでおかゆダイエットにひかれた方は是非とも購入を検討してください。

①スープジャーで作るトマトリゾット粥


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/4369888)

これはスープジャーでつくるおかゆをちょっと改良したレシピです。

リゾットみたいなトマト丼のオマージュとのことですが、しっかりとしたおかゆとなっているので、トマト好きな方にはおすすめとなっております。

②ダイエット*ヘルシー*キャベツの味噌粥


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/3040583

こちらはある程度ボリュームをもってして食事をしたい方にお勧めなおかゆとなっております。

ダイエット中になるとお米の量も抑え込むようになりますが、これならキャベツと卵で量をごまかせるので、空腹感をどうにかしたい人にはうってつけでしょう。

③健康的にダイエット*オートミール中華粥


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/4150098)

食物繊維やビタミンやミネラル成分をたっぷり含んでいるおかゆです。

塩加減はお好みとなりますが、ダイエット中の方は入れる量にも気を付けてください。

タンパク質を補給したい人は鳥のささみを入れてみるのもいいでしょう。

おかゆダイエット口コミ!おかずも上手に選べば2週間で効果?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はおかゆを使ったダイエット方法について記載してまいりました。

おかゆダイエットは非常に効率の良いダイエットとなっておりますが、筋肉量の増加があるわけではないので、ダイエット後の基礎代謝の増加は少ないでしょう。

ダイエットをした後にその体型を維持するためには、それ相応の努力が必要なので、可能ならおかゆダイエットと一緒に運動を始めて、ダイエット終了後にも続けるようにしましょう。

継続すれば努力を努力と感じない時がやってくるでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)