ニラダイエットの効果やカロリーとやレシピ【食べ過ぎは下痢に?】

ニラ



ニラのダイエットレシピ【スープやもやし入りなど】毎日は体臭に?

独特な味や香りが特徴のニラですが、実はダイエット効果があると言われております。

仮にダイエットにも使えるのなら、その効果はどのようなものなのか、カロリーレシピの情報はあるのか、食べ過ぎたら下痢になるという話は本当なのかといった色々と気になる情報もあります。

そこで、今回はニラはダイエットに使えるのかをカロリーや糖質などを調べて情報をお届けいたします。


Sponsored Link


ニラダイエットとは?


ニラのカロリーと糖質は、100gにすると21kcalと1.3gとなります。

独特な臭いがあるけれど非常に健康的な効果があるニラですが、カロリーも低めで糖質も低い部類と言えるでしょう。

さすがにもやしといった非常に糖質が低いものと比べると多く映ってしまいがちですが、食べ物全体で考えると非常に低カロリーで低糖質であることがわかります。

このようなニラを活用してダイエットに繋げていこうというのがニラダイエットです。

ニラのダイエット効果


ニラのダイエット効果はやはり疲労回復効果が高いと言うことなので、体を動かして痩せるスポーツ主体のダイエットの場合に効果が出やすいといったところでしょう。

それ以外には硫黄を一個もった硫黄化合物であるCSOという物質がアドレナリンの分泌を促進し、アドレナリンが活発に活動するようになることで、脂肪細胞が燃焼しやすくなりエネルギーが効率的に使われるようになるという情報もあります。

つまり、ニラは体を動かすことで最大限のダイエット効果が得られる野菜ということです。

ただ食べるだけで痩せられる代物ではないと考えてた方が良いでしょう。

ニラダイエットの方法

やり方は単純で、毎日の食事にニラを取り入れ、できる限り体を動かすというものです。

ニラを食べていれば痩せるというものではなく、運動と組み合わせることで、その運動効果を高めるというものになります。

ニラの疲労回復効果や脂肪燃焼効率を上げる働きを活かすという考え方になります。

ニラの食べ過ぎは下痢に?


ニラは不溶性食物繊維が大量に含まれています。

この食物繊維は腸内で水分を吸収することで膨らむ性質があり腸を刺激することで排便しやすい状況を整えてくれます。

しかし、摂取しすぎるとひたすら腸内が刺激される状況になってしまいますので、むしろ下痢になってしまう恐れがあるのです。

また、人によってはひたすら水分を吸収される性質によって便秘になってしまうという情報もあります。

これは水溶性食物繊維が足りていない人に起こりうる症状なので注意しましょう。

食物繊維は便秘解消に役立ちますが、それは水溶性食物繊維とのバランスが整っている状況ですので、ひたすら不溶性食物繊維のみを摂取している場合は便の状況が悪化するケースも存在するのです。

食物繊維の摂取量は成人している男性は一日で20g以上、女性は一日で18g以上とされていますが上限値は「消費者庁食品表示企画課」のデータを見たところ見つかりませんでしたので、この目安を大幅に上回るのは危険と考えると良いのではないかと思います。

ニラは100gで2.7gの食物繊維が含まれているので、ニラのみを食べて食物繊維摂取量が大幅に上回るということはないでしょうが、この数値を覚えておきましょう。

ニラを毎日食べる口臭や体臭に?


ニラを食べると口臭が悪化するとか、体臭が強烈になるとよく言われますが、これはニラの独特な臭いを発しているアリシンという物質が原因です。

実はニンニクに含まれているアリインという物質も調理することでアリシンに変わる性質があるので、ニンニクの臭いとニラの臭いは性質的に同じなのです。

このアリシンは体内でアリルメチルスルフィドという化合物になり口臭や体臭の原因となってしまいます。

つまり、ニンニクやニラを食べて体臭が出てしまうのは何かしら対処しないと防げないと言うことになります。

ニラの口臭を和らげる方法は?


この臭いをどうにかしたいという方はカテキンが含まれているお茶などを飲むことでアリシンが臭いの元となる化合物になるのを防いでくれるので、利用した方が良いでしょう。

あとはリンゴなどのポリフェノールが含まれている食べ物も臭いを抑制する作用があるので、ニンニクやニラを食べた後にデザートとして用意すると効果的という声もありますし、食前に牛乳を飲めば臭いの原因物質にならなくなるというお話もあります。

あとは、汗をかくことで臭いの原因物質も排泄されていくとのことですが、現実的な方法はやはり牛乳を飲むとかニラやニンニクを食べた後にお茶などを飲んでカテキンを摂取するというものではないでしょうか。

ニラの栄養と効果効能


ニラに含まれている主な栄養素はアリシン・βカロテン・食物繊維・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・葉酸・カリウム・カルシウムといったところでしょう。

この中でも非常に特殊な栄養素がアリシンです。

このアリシンはニラの独特な臭いの元となっている成分で、硫化アリルの一種です。

特徴としては疲労回復効果があるビタミンB1の吸収効率をアップして免疫力を向上させる作用があると言うことでしょう。

血行促進作用もありますので、冷え性の改善血栓防止にも役立ちます。

いわゆる病気になりにくいというのはこのような効果からきているのです。

βカロテンも豊富に含まれているのですが、これは体内でビタミンAに必要な分だけ返還されるという性質があり、粘膜や皮膚の健康維持髪の毛や目の健康維持にも役立てられるのです。

また、ビタミンEには強い抗酸化作用があるので活性酸素の動きを抑えつつ不飽和脂肪酸の酸化を防止するので体の老化の進行を抑えてくれるという特徴もあります。

末梢血管を広げて血行をよくする作用もありますので、ニラは栄養素的に健康においてプラスとなる作用が多いのです。


Sponsored Link


加熱してもニラの栄養価は変わらない?


一部の栄養素は加熱して食べると壊れてしまうからできる限り加熱はしない方が良いという意見がよく見られますが、ニラはどうなのでしょうか。

これはいくつか意見がありましたが、長時間加熱しなければそこまで栄養素が失われるわけではないので、気にしすぎる必要はないという判断で良いでしょう。

確かに、ビタミンB群やビタミンCは長時間の加熱で破壊されてしまうとか流出していってしまいますが、他の成分はそこまで変化しないと言われているので、温める必要があるときは食べる直前に軽く火を通すといった感じが良いでしょう。

ニラを使ったダイエット向けレシピ3選

最後にニラを使ったダイエット向けのレシピを3つほどご紹介いたしますので、参考にしてください。

①節約レシピ☆もやしとニラのチヂミ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/66737/recipe/556698)

ニラを効率よく摂取したい場合には、このようにもやしと合わせてチヂミにしてしまうという方法もあります。

非常においしいレシピなのですが、小麦粉や卵を使っている性質上多少糖質やカロリーが高めなので、ひたすら我慢してニラを食べるのに飽きてしまったら食べるといった使い方をした方が良いでしょう。

②ニラと大根おろしのスープ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/136042/recipe/829367)

こちらは非常にシンプルなニラと大根おろしのスープです。

とってもシンプルにできる簡単スープなので、食事前に摂取するのにはありがたいレシピとなるでしょう。

③え?肉じゃないの?じゃあ何よ?と思う野菜だけの餃子


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1590002905/)

ニラといったらやっぱり餃子ですが、餃子と聞くとダイエットには肉が含まれていて不向きというイメージがありますが、これは野菜だけの餃子なのでダイエットにも使えるでしょう。

普通の餃子と同じように作れますので、人気のあるレシピです。

ニラのカロリーとダイエット効果やレシピ【食べ過ぎは下痢に?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はニラのダイエット効果や効能について色々と記載して参りました。

ニラにはある程度のダイエット効果は確かに存在しておりましたが、それらは運動をすることで発揮されるものとなっておりますので、これは運動主体のダイエットにおける補助食品と考えた方が良いでしょう。

つまり、ニラだけではダイエット効果がそこまで発揮されないと言うことなので、あまり頼りすぎないようにしてくださいね。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました