なすのカロリーや糖質とダイエット効果!おすすめレシピは?

食べ物

なすを使ったダイエット方法や効果とレシピ!太る原因は?

子供からはなかなか好かれない野菜に入ってしまうなすですがレシピ次第ではダイエットに使うことは十分可能といわれております。

しかし、なすのカロリーや糖質といった具体的な数字を提示されないとダイエットに効果的でも使うのは難しいと考えてしまうでしょう。

今回はなすがどれだけダイエットに使えるのかを調査するために、いろんな数値やレシピを集めます。


Sponsored Link


なすの栄養や効能は?


夏から秋にかけておいしくなる野菜の筆頭であるなすは昔から栄養素がないので食べる必要性は皆無であるなんて言い方をされることもありましたが、実際はどうなっているのでしょうか。

なす100g中の93%程度は水分なので栄養価は少ないです。

キュウリに近いと考えてください。

それでも天然色素であるポリフェノールの一種であるアントシアニン系のナスニンが含まれていますし、少量ではありますがビタミンA・B1・B2・Cが含まれていますし、それ以外にもカルシウムや鉄分が含まれています。

これらの栄養成分から考えられる効能はナスニンによる血液をサラサラにする作用強い抗酸化作用による体内の老化防止作用が筆頭とされるでしょう。

それ以外には病気予防や免疫の調整機能によって体調を整えてくれるといわれております。

なす1本のカロリーや糖質は?


なすの糖質やカロリーについて考えていきましょう。

なすを100gとするとカロリーは22kcalで糖質は2.9g程度になります。

これは他の野菜と比較しても少ないほうでしょう。

なす1本で考えると、大きいなすならば150g程度で小さいものなら60g程度になりますので1本がだいたい100gで計算することが出来ます。

つまり、先ほど100gで提示した値がそのまま当てはまるということです。

なすの場合は可食部が大部分なのでこの100gの値を参考にしても問題ないでしょう。

ダイエット効果は?


このようにある程度限定的な栄養素しかないなすにダイエット効果はあるのでしょうか。

いろいろと調べてみたのですが、そこまでダイエット効果はありません。

食物繊維が多少は含まれているので、便秘解消効果もあるでしょうしカリウムも含まれているのでむくみ解消効果もあるでしょう。

しかし、水分が非常に多い野菜なのでカリウムも食物繊維も少なめです。

これらの効果もそこまで期待することは出来ないでしょう。

それ以外の部分で考えると、なすに含まれているコリンという成分が消化酵素や代謝酵素の働きを助ける作用があるので、糖質や脂質が効率よく代謝されるようになり痩せやすくするといわれているので、こちらのほうが期待できるのではないでしょうか。

これらの効果を踏まえたうえで最大級のダイエット効果は、ナスがある程度ボリュームがある野菜なのでなすを主体にしてカロリー摂取量や糖質摂取量を減らすことができるという部分ではないでしょうか。

なすをダイエットに活用する場合の方法は?


なすをダイエットに使う場合は徹底的に一番最初に食べることでしょう。

とにかくなすはボリュームがありますので、ひたすら我慢してでも最初に食べればある程度はお腹がいっぱいになります。

そうすれば結果的に摂取カロリーや糖質を抑えることが出来るようになるので痩せられるでしょう。

それか主食をすべてなすに置き換えるのもいいかもしれません。

こちらも結果的に摂取カロリーと糖質を減らせるので痩せられる確率は上がります。

とにかく、食事によるダイエットを狙っている方は糖質とカロリーを出来る限り削るように意識してください。

それだけである程度は体重を落とせます。

ただし、なすそのものにそこまで栄養価がないので、なすばかりを必死に食べていると高確率で栄養不足になるでしょう。

栄養バランスを考慮しながら、足りない栄養素はサプリメントで補うといった対応も自発的に行って下さい。

「なすは太る」と言われる理由は?


ダイエットに使えるという記載もあるなすですが、太るからやめたほうがいいという声も多数あります。

これはいろいろと都市伝説的なところもありますが、いくつか仮説は立てられるでしょう。

一つ目はなすを調理するときにいろいろとカロリーや糖質が高めの脂を大目に使ってしまうようになり、ナスのカロリーや糖質が低くても結果的に高カロリー高糖質のものに化けてしまっているというパターンです。

なすは非常に吸収力が高い野菜なので油で揚げると油をかなり吸収します。

つまり、高カロリーになりやすいのです。

二つ目はなすは水分が非常に多く、冷えているなすを食べると体がかなり冷やされてしまう恐れがあるということです。

基本的に内臓器官が冷え切ってしまうと基礎代謝がかなり減ってしまいますので、ダイエットしにくい体になりますし太る可能性も増えます。

おそらくこの二つが足を引っ張っているのでしょう。

やっぱり運動は必要?


いろいろとこのなすのダイエット効果について調べてみましたが、いまひとつ効果が薄い部分はありますので、出来る限り効率的に痩せたいという願望があるのならばやはり運動は必須でしょう。

ただし、なすは野菜であり栄養価もそこまで多くないのでタンパク質が不足する可能性が非常に大きくなります。

特に、なすを主食に置き換えて脂質から遠ざかるために肉を禁止にして痩せようとしている人は高確率でタンパク質不足になるでしょう。

そんな人達はプロテインなどを使ってタンパク質摂取を行いつつ、筋トレといった無酸素運動と有酸素運動を実行しましょう。

なすが好きならばこのダイエットは続けられますが、なすを食べ続けるのが辛い人は出来る限り短期間で終わらせたほうがメンタル的にもいいので、運動をして消費カロリーを増やすようにしましょう。

なすを使ったダイエット向けレシピ3選

最後にダイエット向けに調理されたなすを使ったレシピを3つほど紹介します。

このダイエットは毎日なすを食べ続ける必要があるので、飽きない工夫が大切です。

①簡単!揚げない!ナスとオクラの揚げ浸し


【材 料】(2〜4人分)

なす2~3本、オクラ1パック、大根10センチ、めんつゆ(ストレート)1カップ、サラダ油大さじ2


Sponsored Link


【作り方】

1.大根はすりおろし、麺つゆと混ぜておく。麺つゆが濃縮タイプのものは薄めてください。

2.オクラは網のパックに入れたまま塩(分量外)を振りかけ、こすり合わせるように洗い、額のフチを剥く。沸騰した湯に入れてサッと茹で、ザルに上げておく。

3.ナスは、縦4等分に切る。フライパンに油を熱し、ナスを皮目から焼く。

4.じっくり焼いて、しんなりしてきたらパタンと倒して焼く。焼き色がついたら同じように倒し3面焼く。

5.焼きあがったら1の麺つゆにドンドン入れていく。

6.オクラも少し焼き色がつく程度に焼いて麺つゆにつける。

7.出来立ての熱々も…冷蔵庫で冷やしても…どちらも美味しいです♪

いわゆる揚げないなすです。

なすは揚げると油を大量に吸収してしまう性質があるので、このような作り方は非常に参考になります。

麺つゆやポン酢を使うことになりますが、ダイエットに使う場合にはこちらのカロリーにも気を付けましょう。

 

出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1890008883/?l-id=recipe_list_detail_recipe

 

②簡単!バルサミコ酢で❤茄子のオリーブオイル炒め♪


【材 料】(約2人分)

長なす(他のナスでも)1本、オリーブオイル大匙2強、ローリエ1枚、塩胡椒(挽きたてがお勧め)少々、バルサミコ酢大匙1位

【作り方】

1.ナスは2cm程度に厚く切る。片面に切れ込みを入れる。

2.フライパン強火でオイルと半分に千切ったローリエを入れ、ナスの切れ込み側を下にして並べ、焼き色を付ける。

3.裏返してオイルを吸わせるように焼く。火を止めて塩胡椒する。バルサミコ酢を絡めて出来上がり。

これはなすが苦手な方でも満足して食べられるレシピの一つでしょう。

煮込む時間によって味が変わるようなので、自分好みに調整してください。

 

出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1650008720/

 

③ダイエットに♬なすとササミのさっぱり炒め


【材料】

なす 1本、ササミ 1本、ピーマン 1個、赤ピーマン 1個、エリンギ 1本、水菜 1束、みょうが 1個、☆麺つゆ 大さじ1、☆みりん 大さじ1/2、☆しょうゆ 大さじ1/2、☆酢 大さじ1、サラダ油 適量、ごま油 適量、白ごま 適量、塩コショウ 少々

【作り方】

1.水菜を4cm幅に切り、みょうがは千切りし、混ぜてお皿に盛る。

2.なすは皮に格子状に切り目を入れ、乱切りに。ピーマン、赤ピーマン、エリンギも乱切りにする。

3.ササミはスジを取り除きそぎ切りにし、塩コショウをしておく。

4.フライパンに油をひき、ササミを炒める。

5.4にやや火が通ったら2を入れ炒まったら☆を入れる。水分がやや残っている状態でごま油を回し入れ、全体に絡まったら1へ盛る。

6.5に白ごまを振りかけたら完成。

これも野菜がたっぷりと摂取できる炒め物なのでがっつりと食べることが出来ます。

これだけでもかなりお腹いっぱいになるので、使い勝手はいいでしょう。

 

出典:楽天レシピ http://www.recipe-blog.jp/profile/189155/recipe/1083164

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はなすを使ったダイエット方法について記載いたしました。

なすのダイエット効果はそこまで高くはないので使い方をより工夫しないと効率的に痩せることは出来ないでしょう。

また、なすは油を吸収してしまうという性質もありますので、レシピ次第では高カロリーの食べ物に仕上がってしまうという欠点もあります。

使い方には要注意の野菜なのです。

お腹いっぱいになるという利点はありますが、注意点を忘れずに調理するようにしましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました