難消化性デキストリンの飲み方や摂取量とダイエット効果!

難消化性デキストリンの飲むタイミングや痩せた口コミと副作用

難消化性デキストリンは最近話題になった成分です。

しかし今の時点ではわからないことが非常に多い成分となっています。

ダイエット効果的ということであれば飲み方摂取量飲むタイミングなど色々知りたいこところかと思います。

またどういった背景からダイエット効果があると言われているのでしょうか?

そこで、今回はこの難消化性デキストリンについてできる限り詳しく紹介し、ダイエットとの関係性について触れてみたいと思います。


Sponsored Link


難消化性デキストリンとは?


もともと、このデキストリンとはα-グルコースが数個集まって多糖の糖単位を連結しているグリコシド結合することで分子化合物が2つ以上結合する重合を果たした物質の総称です。

この時点でちょっと訳がわからないと思うかもしれませんが、デンプンの一種だと思ってください。

そして、難消化性デキストリンとは消化しにくいデキストリンという意味になりますので、消化しにくい特殊なデンプンだと思って頂ければいいでしょう。

画像ではトウモロコシを使っておりますが、この難消化性デキストリンはトウモロコシのデンプンを培焼した後にデンプンを消化する酵素のアミラーゼで加水分解を行い、その中にある難消化性成分を抽出して調整された水溶性の食物繊維のことなのです。

要するにスタートはトウモロコシと思ってください。

安全性について問われることが多いようですが、この難消化性デキストリンは特殊な作用から消費者庁より特定保健用食品(トクホ)の許可実績がおりているので国が認めているものといえるのです。

安全性を調べたヒト試験でも異常発生はしないという報告がありましたので、そこまで心配する必要性はないでしょう。

難消化性デキストリンのダイエットなど効果


難消化性デキストリンの効果は糖分と脂肪の吸収スピードを抑える・整腸作用・内臓脂肪の低減・ミネラル吸収効率アップの効果があります。

これはヒト試験で検証した結果ですでに出てきており、食後の血糖値の上昇をおさえることが確認されているのです。

そして食事に含まれる脂質の吸収を遅らせる作用もありますので、食後の中性脂肪の上昇が鈍くなり、太りにくい体にしてくれます

インシュリンが分泌されすぎることが最も太りやすい状況を作るので、この時点で太りにくい状態にしてくれるという効果があることがわかるのです。

ほかにも整腸作用によって便秘解消に繋がるので、こちらもダイエットの繋がると言えるでしょうし、内臓脂肪や中性脂肪の低減作用があることから肥満体型からの脱却にも有効と言えるのです。

難消化性デキストリンの飲み方は?飲むタイミングは食前?


糖分や脂肪の吸収を抑える作用があるので、食事と一緒か食前に摂取するのが一般的でしょう。

食事の順番でヒトは太りにくくなると言われており、その順番は汁物→野菜→タンパク質→炭水化物となっているので、これはタンパク質や炭水化物を摂取する前に飲むことがベストだと思います。

しかし、人によっては栄養摂取が必要なタイミングというのもあるのです。

これは栄養吸収を妨げる作用があるので、運動後のように体の回復が必要な状況で摂取するのは避けた方がいいでしょう。

運動をそこまでしていない方に効果があるのがこの難消化性デキストリンと言えそうです。

本格的に体を鍛えつつ痩せるという方は栄養の吸収が必要な状況もありますので、プロテインなどを使ってタンパク質摂取量を調節する必要も出てくるでしょう。

難消化性デキストリンの摂取量


摂取量は1日10gになります。


Sponsored Link


過剰摂取によって下痢になる可能性が大きいのでこの量は守るようにしてください。

難消化性デキストリン10gを1日3回食事の前に16週間服用しても悪影響がでないということが証明されてはいるのですが、この量は守った方がいいでしょう。

粉末の難消化性デキストリンは水に溶けやすく味やにおいがないので料理に混ぜて使うこともできます。

食事と一緒に摂取することも推奨されていますので、味噌汁やスープに適量を入れて摂取してしまいましょう。

難消化性デキストリンを飲んで痩せた口コミ


この難消化性デキストリンを使ってダイエットをしている人たちはかなり多いようです。

口コミの数もそれなりにあります。

それらの意見を拾っていくと「体重減少などの効果は感じない、現状維持に向いている」「便秘解消作用を狙ったが効果はいまいち、便秘薬の方がいい」「体重は減らない」というマイナス意見もあれば「4ヶ月で20kg減量した」「運動や筋トレと併用することで体重が減った」というプラス意見もありました。

しかし、体重が減ったという意見がかなり少なかったのが気になります。

体重が全く変わらなかったという意見が圧倒的に目立ち、成功した人でも別のダイエットと組み合わせることで成功しているので、この難消化性デキストリンによる作用が大きいのかどうかがわかりません。

難消化性デキストリンには副作用はないの?


副作用はそこまで心配いらないのですが、摂取しすぎてしまった場合は便秘が改善されるという作用が効き過ぎて下痢になってしまったり、おならが多く発生する状態になってしまう可能性があります。

機能的な副作用を考えるとこれぐらいしかないと思います。

過去の安全性を調べたヒト試験によれば、試験期間中でも下痢などの胃腸症状をはじめとする諸症状は特に見られなかったと言われているので、そこまで心配する必要はないでしょう。

仮に、気になる点があると言えば、トウモロコシになるかもしれません。

原材料となるトウモロコシが遺伝子組み換え食品の可能性があるからです。

この遺伝子組み換え食品は長期使用で発がんリスクが高まるといわれているので、この部分だけは怖いと言えると思います。

多くの工業製品は原料を安く仕入れるために海外産を使っているので、避けられないかもしれません。

アメリカはトウモロコシの生産高の90%以上が遺伝子組み換え食品であると言われているので、狙って回避するのは厳しいでしょう。

難消化性デキストリンはどこで買える?楽天やコストコ?


購入方法は色々とありますが、コストコは勿論OKですが近くにない方も多いでしょう。

最も簡単なのが楽天をはじめとしたネット通販で購入することでしょう。

スーパーなどではなかなか手に入らないので、ネット通販を使うことをおすすめします。

様々な分量で発売されているので、自分の使う量などを考えて購入するようにしましょう。

ネット通販では評判も見ることができるのでそれを確認しながら購入するといいでしょう。

ダイエット狙いの方はダイエットに対する具体的な書き込みがあるのかを確認してから購入するといいと思います。

評価が高くても具体的な中身が無い意見も多いので、本当に参考になる口コミを探す力も重要になります。

消化性デキストリンの飲み方や摂取量とダイエット効果!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は難消化性デキストリンについて色々と調べて紹介して参りました。

成分や効果を調べているとダイエットに効果があると強く感じたのですが、実際にダイエットに成功しているのかを調べてみると成功者がなかなか見つからなかったのが気になる点です。

食事中や食前に摂取することで効果を発揮しますが、それでも食べる量が多すぎる人は痩せることはないでしょう。

やっぱり運動などとセットにすることが基本になると思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)