メロンのダイエット効果や一玉のカロリー!食べるなら朝?


Sponsored Link


メロンの糖質【夜食べると太る?】およびスムージーのレシピ

メロンは高級な部類に入る果物ではありますが、使い方次第でダイエット効果を得ることができるようになります。

気になる一玉カロリー糖質はどのくらいなのでしょうか。

食べるならばスムージーにしてにするのが良いという声もありますのが、実際に痩せる目的での摂取法がどうなっているのかも気になるところかと思います。

そこで、今回はメロンを用いたダイエット法についてお伝えいたします。


Sponsored Link


メロンの栄養と効能効果


メロンを食べると健康に良いというお話はなかなか聞きませんが、いったいどのような栄養価や効能をもたらしてくれるのでしょうか。

まず、メロンに含まれている栄養素で多いのはカリウム・カロテン・ビタミンC・食物繊維・マグネシウムといったところです。

カリウムはナトリウムを輩出してくれる作用がありむくみ解消効果があるということを知っている人は多いでしょう。

高血圧予防にもいいです。

また、カロテンは体内でビタミンAに変化してくれるので活性酸素を抑える作用が働くようになり体の老化を抑えてくれるようになります。

ただし、カロテンがとっても多いのは赤肉系のメロンなので覚えておきましょう。

また、一部のメロンにはGABAが多く含まれていることが判明しているので、脳内の興奮を抑えてリラックス状態に導いてくれ、ストレス軽減や精神安定作用をもたらしてくれることが期待できます。

メロン一玉のカロリーと糖質


メロンを食べるときにどうしても気になってしまうのが糖質やカロリーです。

メロンは100gで考えると糖質はだいたい10gとなります。

カロリーも種類によってかわりますが100gでだいたい40~50kcalとなっておりますのでそこまで高いというわけではありません。

これを一玉で考えるとメロンは1個あたり1kgはあありますが、皮の厚みなどを考慮すると可食部は半分程度となります。

つまり500g程度ということです。

なので、単純に糖質やカロリーを5倍して考えると一玉あたり糖質は50gでカロリーは200~250kcalとなるでしょう。

十分すぎるほど糖質が多いと感じる方もいるかもしれませんが、果物は全体的に糖質が多めの傾向にありますのでこれでも十分に少ない値となっております。

キウイやパイナップルあたりはとっても多いのでそこから比べると断然少ないと言えます。

メロンのダイエット効果は?


メロンのダイエット効果でまず取り上げられるのがカリウムによるむくみ解消効果です。

また、カリウムには筋肉のけいれんやひきつり防止作用がありますので、ダイエットに合わせて長めの運動をする予定の方にも推奨できるでしょう。

それ以外に注目してもらいたいのは不溶性食物繊維のペクチンが含まれていることで、このペクチンは摂取されたコレステロールを体内に吸収しにくくしてくれます。

もちろん、食物繊維の一種なので腸内環境改善及び便秘解消効果も期待できるでしょう。

他には、カロテンやオキシカインのような抗酸化作用をもたらしてくれる成分の効果も期待が持てます。

これらの作用を利用して、メロンを使ったダイエットを進めていくことになるでしょう。

メロンを食べるなら朝がおすすめ?夜食べると太る?


メロンを食べる場合にはできるだけ朝や昼のほうが良いという意見が圧倒的に多いです。

その意見が出る理由として果物は栄養価的に素晴らしいものがあったとしても、カロリーや糖質がかなり摂取できる代物なので、寝る前に食べるのは太る原因となってしまうというわかりやすいものとなっています。

果物の甘さを引き出す果糖はエネルギーになってくれますが、寝る前ではそのまま脂肪になってしまいやすいということなのでしょう。

このデメリットを考えた場合は、朝や昼に食べたほうが安全と言えます。

しかし、会社員の方が職場にメロンを持っていくのはちょっと面倒なので、基本的には朝となってしまうでしょう。

朝がおすすめというよりは、選択肢的に朝しかないという形になるかと思います。

ダイエットサプリ「メロンボール」とは?


メロンを使っているサプリメントの中でもとびきり有名なのが「メロンボール」です。

一時期は品薄状態で入手することが難しい状態になっていたのが一旦は落ち着いたようですが、また現段階では入手困難となっているように見受けられます。

人気の理由はいろいろとあるでしょうが、モデルやタレントが使っているという情報が拡散したことも大きいのではないでしょうか。

ただし、このサプリメントは今では名前を変えて「シェイプス」と名乗っておりますので、探す場合には注意してください。

このサプリは脂肪燃焼・脂肪排出・吸収阻害・食欲抑制といったダイエットに欠かせない作用を売りにしているので、いわゆるダイエット重視のサプリメントと言えます。

味はメロン味なので飲みやすいのも特徴です。

成分を見ても、マテエキスやキノコキトサンや酸化マグネシウムといった、一通り有名になったダイエット効果が高いといわれているものを含んでいるようなので、効果を体験した方も多いようです。

メロンスムージーもダイエットに活用できる?


メロンの種が詰まっているワタの部分は取り除いている人も多いですが、栄養価的にはその部分も摂取してもらいたい部類に入ります。

あのワタにはアテノシンという血流を良くする成分を筆頭にダイエット効果をもたらす成分が多いので捨てるのはもったいないのです。


Sponsored Link


しかし、そのまま食べるのは非常に困難なので、ミキサーにして飲むとかメロンスムージーを作って食べたほうがいいという意見も多数あります。

つまり、スムージーにして飲んだほうがダイエット効果が高いと考えられておりダイエットに十分活用できるものということになります。

メロンスムージーのダイエット向けレシピ3選

それでは実際にメロンスムージーにはどのような材料を使うのがいいのか、ダイエット向けのレシピを紹介いたします。

中には豆乳を使ったものもありますので、びっくりすること間違いなしです!?

①摘果メロンの夏痩せスムージー


(https://cookpad.com/recipe/3965594)

これはメロンになれなかった摘果メロンやバナナ、そして豆乳を使って作られるスムージーです。

スムージーは非常に作る難易度が低いので誰にでもできるレシピの一つと言えるでしょう。

②苦くない*ゴーヤとメロンのスムージー


(https://cookpad.com/recipe/3271533)

こちらはメロンやバナナ以外にゴーヤとヨーグルトを使っているなかなか特殊なスムージーです。

レシピの中にはワタや種を除外するという記載がありましたが、ダイエットのことを考えて取らないほうがいいでしょう。

③メロンヨーグルトスムージー


(https://cookpad.com/recipe/3228344)

これは果物はメロンのみといった正統派なメロンスムージーです。

メロン以外の果物を使いたくないという方はこのレシピがいいでしょう。

メロンのダイエット効果や一玉のカロリー!食べるなら朝?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はメロンを使ったダイエットについて紹介いたしました。

メロンにはダイエット効果があるということは調査をした結果、多少は存在することが分かりましたがそこまで強い効果があるとは思えませんでした。

特に、金額的に高いためずっと続けるには難易度が高いというデメリットがありますので、実行者がとっても少ないということにつながってしまっていることも考えられます。

前例が少ないダイエットは情報が少なくなってしまいますので、やりにくいダイエットといえるでしょう。

なので、メロンのダイエット効果を感じたいという方はサプリメントのような安めのものから入ったほうがいいかもしれません。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)