レモン水ダイエットの方法と痩せた口コミ!ポッカレモンは?

レモン水



レモン水の作り方やダイエット効果と飲むタイミングなど方法

レモン水はレモンがあまり食べられないという方でも問題なく摂取できると人気の飲料ですが、ダイエットにも使えるという噂もあります。

その具体的な方法や実際に痩せた口コミは存在するのでしょうか。

また、市販されているポッカレモンのような代物でも問題なく痩せられるのかも気になります。

今回は、このレモン水を使ったダイエットが存在しているのかをまずは調べ、実在するのならそのやり方などをまとめていきます。


Sponsored Link


レモン水ダイエットとは?

まずはレモンの栄養や効能についです。

レモンは非常にビタミンCが豊富に含まれている果物なので、レモンの効能を語る上ではビタミンCの効能を外すことはできません。

このビタミンCはメラニン色素を減らす効果があるので肌トラブルに対して非常に強くシミやソバカスをできにくくしてくれますし、抗酸化作用がありますので活性酸素による体の老化を押しとどめてくれます

また、免疫力を高める作用もありますしレモンの香り成分には脳内でα波がでるリモネンが含まれているので、気分をリフレッシュする作用も期待されておりストレス解消効果もあると言われております。

また、クエン酸も非常に豊富に含まれておりますので、クエン酸による体内でエネルギーを生産するクエン酸回路の活性化も期待できるため、脂肪燃焼効率が上昇疲労が回復されやすい状態にしてくれます。

つまり、代謝効率を上げる作用や疲労回復効果があると言うことなのです。

それ以外に、クエン酸はカルシウムとキレート結合という結合を果たし、クエン酸カルシウムが生成されるようになるのでこうなるとカルシウム吸収効率が上昇し骨粗鬆症予防効果も期待できるようになります。

これらの効果を見ると若い人からお年寄りまで幅広い年齢層で摂取してもらいたい果物といえるでしょう。

このような果物をレモン水として活用し、体の引き締めに繋げようというのがレモン水ダイエットです。

レモン水ダイエットの効果は?


レモンはダイエット効果があると言われていますが確かにダイエット向けの効果を発揮してくれる成分は多いです。

たとえば、レモンの皮に含まれているヘスペリジンやエリオシトリンは脂肪の吸収を抑える作用がありますのでダイエット効果を発揮してくれるのです。

エリオシトリンには血液をさらさらにする作用があり血行促進にも繋がりますので、結果的に代謝効率上昇して痩せやすくなる可能性があります。

それ以外にクエン酸は疲労回復効果を高めてくれますので、しっかりと運動をしている方は毎日活動的に体を動かしやすくなります。

継続的に運動ができる体になればそれこそダイエットに繋がることでしょう。

カリウムも含まれておりますので、余分な塩分を除外してくれるようになりむくみも解消される事が期待できるでしょう。

食物繊維も豊富なので、便秘解消効果も期待できます。

レモン水ダイエットの方法は?


レモン水ダイエットのやり方は非常に簡単です。

レモン水を1日3回飲むだけです。

用意したレモン水を好きなタイミングで摂取してください。

ただし、レモンの酸はなかなかに強烈なので胃が空っぽの状態で飲むのは危険です。

それらを踏まえた場合、食後にでも飲むといいでしょう。

食後に飲めばしっかりと摂取した食べ物がエネルギーへと変わるように促してくれますので効率が良いのです。

また、レモンには疲労回復効果や脂肪燃焼効率が上昇する作用もありますので、レモン水を運動する前に摂取するのも有効であると考えられます。

ただし、飲み過ぎるのはいくらレモン水でも危険なので、量は守るようにしてください。

一説によると大量摂取は胃が荒れてしまうのは当たり前で、最悪の場合は歯のエナメル質も溶かしてしまうとのことなので注意が必要です。

よりダイエットに効果的なレモン水を飲むタイミングは?


これはいくつかの説がありますが、個人的に最も納得できたのが夜にレモン水を摂取するというものです。

レモン水は代謝を高める効果がありますので、寝る1時間前のタイミングで摂取すれば夜間の脂肪蓄積を防ぎやすくなります

ある程度夕飯を抑え気味にしているという方は、朝食後に飲むとか運動の前に飲むことが推奨されております。

特に、朝に温めたレモン水を摂取するとデトックス効果も高まって効率的であるという意見がありますので、参考にするといいでしょう。

また、食事中に一緒に摂取しても消化吸収効率が向上する作用が期待されますのでダイエット効果も発揮されるという説もあります。

レモン水の作り方は?作り置きもOK?


基本的な作り方は簡単でレモンを半分にして絞り、ミネラルウォーターやお湯を200ml程度用意してかき混ぜるだけです。

種は取り除きましょう。

この水やお湯の量は150~200mlと少しばらつきがありますので、そこはお好みで調整してください。

保存期間についても意見がいくつかありました。

基本的には1週間は持ちますが、環境条件による危険な部分を考慮して長めに保存するならば1度沸騰させた湯冷ましにした方がいいでしょう。

ただし、レモンを入れっぱなしにするのは避けましょう。

ずっと入れていると渋みが出始めます。

レモン水ダイエットで痩せた口コミは?


レモン系のダイエットは口コミ数がかなり少ないです。


Sponsored Link


ネットで探してもなかなか見つからないでしょう。

SNSや個人ブログにはいくつかありますのでそちらから探すのが基本となります。

たとえば、レモン水ダイエットで7kg痩せたとか、1週間で1.5kg痩せたといったシンプルな書き込みはいくつか見受けられます。

ほかにはむくみが改善したとか便秘が解消されたというものもありました。

それでも数はかなり少ないので、実行者が少ないのか成功者が少ないのかはっきりと分かりません。

おそらく、実行者が少ないのだと思われます。

ポッカレモンでも大丈夫?


(ポッカサッポロ ポッカレモン100)

これらのダイエットは市販品を使うのは避けた方がいいという意見が大半ですが、レモン水ダイエットに関してはそのような意見は少ないです。

というのも、ポッカレモンを筆頭とした市販のレモン水でも糖質やカロリーはそこまで高くないので、安心して飲める状態にあるからです。

もちろん、個人的に拒否感を示す人もいますが、栄養価的に見た限りではそこまで心配する必要は無いと思いますので、レモン水を用意するのが面倒という人はポッカレモンでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

レモンに炭酸水でもOK?


炭酸水は炭酸ガスにかなりの満腹感がありますので、ダイエット効果が高いとちょっとした話題になりました。

その炭酸水とレモンをセットにした場合より効果が高まるという意見が多いので、炭酸水を利用したレモン水は推奨している人が多いです。

個人的にも混ぜることでマイナス作用が働くとは思えませんので、むしろ推奨されて然るべきではないかと思います。

レモン水ダイエットの方法と痩せた口コミ!ポッカレモンは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はレモン水ダイエットについて色々と考察を交えつつ記載して参りました。

レモン系のダイエットは基本的にそこまで効果が大きいダイエットでは無いので、どれだけ長くしっかりと続けられるのかどうかが鍵になります。

もう少し効率的に痩せたいという方はレモン水の脂肪燃焼効果の上昇を利用して有酸素運動を実行するようにしてください。

運動前の摂取は効率が良いので消費カロリーを増やすためにはうってつけです。


Sponsored Link


コメント