レモン酢ダイエットの方法やレシピ!効果的な飲むタイミングは?

レモン酢




レモン酢の作り方やダイエット効果と痩せた口コミ!ポッカもOK?

レモンを使ったダイエット方法の一つにレモン酢ダイエットと呼ばれるものがあります。

レモンの健康面での効果は万人が認めているだけに、それをレモン酢にした場合、効果効能はどのようなものになるのか、ダイエット効果がより高まるのかなど色々気になるかと思います。

また、レシピや有効な飲むタイミングというものがあるのかも気になる点です。

そこで、今回はこのレモン酢を使ったダイエットについてご紹介いたします。


Sponsored Link


レモン酢ダイエットとは?

最初にレモンの効果と効能に関してですが、まず騒がれるのはビタミンCとクエン酸によるものでしょう。

これに水を加えたレモン酢でもそれらは間違いなく摂取できるので、ビタミンCによる抗酸化作用免疫力アップ作用メラニン生成を抑える美肌効果が期待できますし、クエン酸による血流改善からの冷え性改善基礎代謝向上疲労回復効果も期待されています。

それ以外には、カリウムが含まれているので余った塩分が除外されるようになるためむくみ解消高血圧予防に役立ちますし、カルシウム吸収効率も上昇するようになるので骨粗鬆症予防ストレス緩和作用も期待ができます。

また、お酢には口内の雑菌繁殖を抑え込む作用もありますので、口臭予防にもなってくれるでしょう。

そしてお酢に含まれている酢酸には肝臓の働きをサポートしてくれる作用がありますので、アルコール分解能力も向上します。

つまり、二日酔い防止などのお酒に対しての効果も期待できると言うことです。

このようなレモン酢を活用して体の引き締めに繋げようというのがレモン酢ダイエットです。

レモン酢のダイエット効果は?


レモン酢のダイエット効果は抗酸化作用による脂肪の蓄積防止作用やクエン酸による脂肪燃焼効果の上昇が深く関わってきます。

特に、レモンやお酢に含まれているクエン酸によってクエン酸回路が体内でうまく作られるようになればエネルギーが効率よく生成されるようになり体脂肪燃焼効率が飛躍的に上昇いたしますので、ダイエット目的で運動をしている場合は効率がかなり向上するのです。

また、お酢を摂取すると血糖値の上昇が抑えられるようになるので、結果的にインシュリンの分泌量が減らせるようになり、糖分が無駄にエネルギーに変換されなくなるので体脂肪の蓄積がされにくくなります

血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす作用もありますので、健康面以外にダイエットの面でも役立つ食べ物なのです。

レモン酢ダイエットの方法【飲むタイミングなど】は?


レモン酢ダイエットの方法はただ単にレモン酢を摂取するだけですが、お酢は空腹時に摂取すると胃を荒らす可能性が高いのでお勧めできません

また、食事前に摂取するとお酢による食欲増大効果によってむしろ太る可能性があるので、個人的には食事と一緒に摂取するか食後に摂取した方が良いと考えております。

摂取量目安は10~30ccなのでこれは守りましょう。

飲み過ぎると健康被害に繋がる可能性がありますので、この量をキープしてください。

また、市販されているレモン酢をそのまま使うという場合は糖分がかなり多く含まれていることがありますので、カロリーや糖分がどうなっているのかは必ず確認しましょう。

それらを踏まえた上で、そのまま飲むか水かお湯で割って飲むか、サラダにかけて摂取するなどしてください。

レモン酢ダイエットの痩せた口コミは?


レモンを使ったダイエットも口コミ数がかなり少なかったですが、レモン酢を使ったダイエットも口コミ数はかなり少ないです。

ツイッターやブログを探ればいくつか出てきますがその程度なので実行者は少ないのかもしれません。

成功報告もそのため少ないのが実状です。

SNSの意見を見てみると、半年で2kg痩せたとか肌が綺麗になった気がするといったものがありましたが、むしろ太ってしまったという記載もありましたので必ず成功するものではないということが見えてきます。

あらゆるダイエットに使われる食品に言えることですが、摂取するだけで痩せられるようなものではありませんので、どのように活用するのかで結果が変わってくると考えましょう。

レモン酢の場合は脂肪燃焼効果が上がるという作用がありますので、運動と組み合わせることで痩せられる確率が高まるでしょう。

レモン酢の作り方は?


作り方はいくつかありますので、何通りか試してみて自分が食べやすいと思うものを作り続けるようにすればいいでしょう。

たとえば、レモン2個・はちみつ60g・醸造酢400mlを用意して、皮を洗って水気を取った後に包丁で薄くスライスして瓶にこれらの材料をすべて入れて一晩放置するだけで完成します。

もちろん、保存する瓶は煮沸消毒を施しておきましょう。

これが氷砂糖を使った場合もやり方は同じです。

蜂蜜の代わりに氷砂糖を使ってください。

難易度は高いものではありません。

レモン酢はポッカなど市販のものでもOK?


レモン酢は市販されているものがいくつかありますが、そこまで糖質やカロリーが高いものではないのなら選択肢としてはありでしょう。

市販されている蜂蜜入りのレモン酢でも150mlで18kcalとかなり低カロリーのものも存在するので、作るよりは効率がいいかもしれないです。


Sponsored Link


ただし、ダイエットは継続して行い続ける必要があるため、コストパフォーマンスも考慮しながら市販品を選ぶ必要はあるかと思います。

あまりにも高いものだった場合は続けることができないので、市販品を試すときはカロリーや糖質を確認する時にしっかりと値段も比べましょう。

レモン酢ダイエットは見た限り即効性がなく長期間続けることになりますので、年単位で摂取することも考えて金額を見比べてください。

レモン酢を使ったダイエット向けレシピ3選

それでは具体的にレモン酢を使ったダイエット向けのレシピを3つほど紹介いたします。

レモン酢そのものがシンプルに作れる代物であり、いろんな使い方ができるので活用法を知っているとダイエットが続けやすくなります。

①話題のレモン酢とおからでチーズケーキ


(https://cookpad.com/recipe/4096264)

これはレモン酢とおからを使った非常にヘルシーなデザートです。

ダイエットをするとデザートの類いは食べられなくなるのはしょうが無いことではありますが、このように小麦粉も砂糖もないダイエット向けのものなら文句なしで食べられるでしょう。

オーブンが必要なのでひとり暮らしの方はできない可能性がありますが、試してもらいたいレシピの一つです。

②レモン酢で作る野菜のマリネ 砂糖無


(https://cookpad.com/recipe/4016550)

レモン酢はサラダに使われる確率が非常に高いですが、これは最初からレモン酢の使用を前提に作られているマリネとなっております。

野菜をたくさん食べたいけれど、ある程度はレモン酢に合わせたものにしたいという方におすすめです。

③レモン酢ゼリー


(https://cookpad.com/recipe/148593)

レモン酢をシンプル用いた寒天ゼリーです。

材料も水と寒天とレモン酢のみなので、とりあえずレモン酢を摂取したいという方におすすめとなります。

レモン酢ダイエットの方法やレシピ!効果的な飲むタイミングは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はレモン酢を使ったダイエットを紹介いたしました。

レモン酢はお酢の力も加わっているので健康面でプラスになる作用が非常に強く、ダイエット向けの作用も働いていることは成分的にもわかります。

置き換えダイエットでもありませんし、運動が主体のダイエットという扱い方もされていません。

しかし、食事制限も運動もしないけどレモン酢に頼るという人はそこまで痩せないでしょう。

効率的に痩せたいという人は栄養バランスを考えた上で、消費カロリーを増やすような食生活及び生活習慣にチェンジしてください。

その過程でレモン酢を利用できるとなお良いです。


Sponsored Link


コメント