レモネードダイエットの方法や効果と口コミ!失敗の原因は?

飲み物

レモネードの作り方やダイエット効果とやり方!口コミは?

レモネードダイエットは世界の歌姫であるビヨンセが痩せた方法の一つで効果的と一気に広まったダイエットですが、どうも口コミを見ると賛否両論で、失敗した方々が語気を強めて「やめたほうがいい」と注意喚起をしているようです。

いろいろと話題になっているダイエットなのでそこまで言われると逆に気になります。

そこで、今回は良くも悪くも話題になっているレモネードダイエットについて記載してまいります。


Sponsored Link


レモネードダイエットの方法


このダイエットはかなり危険なダイエットなので必ずやり方を守らねばなりません。

そのやり方は紹介しているところで多少の違いはありますが、おおむね次のような流れとなっています。

ダイエットを始める1週間くらい前から事前準備として野菜中心の食生活に切り替える⇒ダイエット前日の寝る前にはハーブティを飲んで体と心を落ち着かせる⇒ダイエット初日にはまず塩水洗浄を行って消化器官を洗う(塩水1リットルの蒸留水を人肌まで温めて小さじ2杯の塩を入れて混ぜたものお飲む)⇒お腹が緩くなったら本格的にスタート⇒1時間から2時間ごとに300~500ccのレモネードを飲む、お腹がすいたら飲んでもok⇒毎朝起き抜けに1リットルの塩水を一気に飲むのとレモネードを飲むというスタイルを3~10日繰り返す⇒終わったら1日目はオレンジジュース、2日目は野菜などのスープ、普通の食事は3日目と体を戻していく

このような手順になりますが、慣れていない人は3日でやめたほうがいいでしょう。

空腹がかなりつらいのでいろいろと追い込まれます。

健康面も踏まえ個人的にはお勧めしたくないダイエット法です。

ダイエット効果は?

レモンには強い抗酸化作用があり体内にたまった老廃物を除去する作用もあるとのことなので、体にたまった毒を一斉に除去してくれるようになります。

カリウムも含まれているので断食に用いれば究極的なデトックス効果となるのでしょう。

また、レモンにはペクチンという食欲抑制成分がありますので断食ダイエットとは相性がいいのです。

空腹時でもレモネードを摂取することで空腹を抑えることが出来るので、短期間で体重を一気に減らすことが出来ます。

要するに、レモネードダイエットの効果とは断食によるデトックス効果と急激な体重減少にあります。

口コミは?

レモネードダイエットの口コミははっきり言って少ないです。

ブログや体験談として載せている人はいますが、ダイエットの口コミを集めているサイトにも記載されていません。

ブログ記事などを見た限りでは「3日で2kg痩せた」といった報告もありますが「断食がきつすぎて諦めた」とか「1リットルの塩水を飲むのがきつい」という報告のほうが多いと感じております。

要するに断念した人のほうが多いということです。

Twitterを見てみても具体的な報告がなかなか見つからないので、このレモネードダイエットの参考になるような口コミを集めるのはかなり難しいでしょう。

ブログ記事からどのように実行したのかを拾ったほうが参考になります。

失敗する原因は?


失敗する理由はいくつかあるでしょうが、最初に登場する腸内洗浄のための塩水1リットルを起き掛けに飲むのが不可能という声が非常に多いです。

また、この腸内洗浄という行為も素人がやっていいものではないという批判の声がかなり多くなっており、断食系のダイエットということも相まって「レモネードダイエットは絶対にやってはいけない」という意見も出るようになっています。

また、レモネードが苦手という人やメイプルシロップそのものが苦手という方もこのダイエットは無理でしょう。

続けられません。

ほかにも断食が単純につらすぎるという声もありましたので、乗り越えるべき壁はいろいろとありすぎるダイエットとなっております。

レモネードの作り方

レモネードは特別な飲料というわけではないので簡単に作れます。

レモンを半分ほど用意して、絞り汁をミネラルウォーター300mlに混ぜますがレモン果汁がある方はそれでもかまいません。

混ぜ合わせたものにメイプルシロップを大匙で2杯加え、粉唐辛子をお好みで少々加えて終わりです。

メイプルシロップは色が濃いものを選んだほうがいいでしょう。

これ以外の作り方だとレモンを用意して皮をすべて剥き種を取ってスライスし、レモン⇒砂糖⇒はちみつの順番で3回ほど繰り返して重ねて蓋をして一晩室温で放置するだけです。

挟み込む砂糖と蜂蜜はレモン果肉の1/2の量にしましょう。

ここでできたシロップを200ccのお水に大匙2杯で加えるようにすれば完成です。

これ以外にも市販のレモネードでも可能というお話がありますので、作るのが面倒という方は市販品を使ってしまいましょう。

レモネードダイエットの注意点


このダイエットには、「水分が失われているだけでダイエットが終わったらすぐ太る」とか「10日間も続ければ筋肉が一気に失われるから体重は減るかもしれないけど太る体質になる」という指摘があり、各方面から実行しないほうがいいという声があがっています。

また、この断食ダイエットは1940年代に自然療法家が開発した潰瘍治療のための健康法であり、あまりにも古く、そもそもダイエット向けではないから参考にしてはいけないという意見もあります。


Sponsored Link


レモネードづくりが面倒くさいという意見や、レモネードそのものがカロリーが高いからそれだけに頼ったとしても痩せられるとは限らないとか、レモンや蜂蜜などを使うためには結構お金がかかるからコストパフォーマンスが良くないから推奨できないという意見もあります。

注意点という内容にはなっていないかもしれませんが、このないようを踏まえて実践するかしないかの参考になればと思います。

レモネードの効能は?


レモンや蜂蜜は健康効果も強いということで、いろんなところで推奨されることが多く、健康効果も知っている人も多いでしょう。

具体的に列挙していくと、抗酸化作用が強いので体の老化を防止して健康を維持しやすくしてくれるとか、血糖値の上昇を抑制してくれるとか、免疫力を向上させて病気になりにくくしてくれるとか、カリウムを摂取できるから塩分除去によるむくみ改善効果があるなど、いろんなプラス効果がもたらされるといわれているようです。

レモネードは国によって違う?

レモネードはシンプルなものだけあって、それぞれの国で独自に発展or進化をしている側面があり、国ごとに作り方や味が異なります。

アメリカやカナダのようなアメリカ大陸の北側は炭酸の入っていない砂糖入りレモン水が主流でイギリスでは水ではなく炭酸水を使ったレモネードが主流のようです。

フランスも炭酸水を使っているようですが、イタリアは使っていないという情報があります。

このように国によって異なりますし、微妙に味付けも異なりますので面白い飲み物と言えます。

 

レモネードダイエットにつきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。

女子SPA! たった3日間で2kgやせた「レモネードダイエット」とは?【プロが実践】

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はレモネードダイエットについて紹介しました。

レモネードダイエットは批判が非常に多く、失敗したという声もかなり多いのではっきり言って実行しないほうがいいダイエットだと感じてしまいます。

ダイエットは必ずリスクとリターンがありますが、このレモネードダイエットはリスクが高すぎるように思えるのです。

個人的には推奨できないダイエットと感じるのは致し方ないでしょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました