キムチダイエットの効果や口コミ・デメリットやレシピは?

納豆入りがおすすめ?深田恭子さん成功のキムチダイエットとは?

日本でも多くの方が食べるようになったキムチですが、これはダイエット効果があるとちょっとした話題になっております。

しかし、本当に効果があるのか口コミを確認したくもなりますし、デメリットがあるという話もあり、気になるところかと思います。

そこで、今回はキムチダイエットについてレシピといったものも含めお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


キムチダイエットとは?食べる量など方法は?


日本よりも圧倒的に美意識が高い韓国において多くの方が食べている食品がキムチです。

そんなキムチを用いたダイエットの方法は置き換えダイエットではなく毎日の食事にキムチを取り入れるというシンプルなものとなっております。

非常に簡単なやり方ですので悩むことは無いでしょう。

ご飯やおかずと一緒に食べるようにしましょう。

ただし、効果を最大限発揮したいという方は食後のほうで食べたほうが良いかもしれません。

なぜならカプサイシンは空腹時に食べることで胃が荒れて胃痛に繋がる可能性があるからです。

そのため空腹時に食べるよりも食後に食べたほうが良いと考えられます。

カプサイシンの効果で胃の粘膜保護作用も働くのですが、刺激が強いのですきっ腹に食べるのはやめましょう。

 

置き換えダイエットの効果や口コミは?おすすめの食品は?

 

キムチの栄養やカロリーは?


キムチのカロリーは100gで約50kcal
です。

カロリーに関してはあまり気にする必要はないでしょう。

次にキムチの栄養価について紹介します。

キムチには植物性乳酸菌のラクトバチルス乳酸菌が含まれているので腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を整える作用があります。

便秘トラブルを抱えている人にとっては役に立つ作用と言えるでしょう。

他には、カプサイシンの作用で脂肪燃料リパーゼという酵素の働きを活発にして脂肪燃焼を促進してくれるため、痩せやすい状態を作ってくれます

辛味成分にもなっているのでその辛味から体が温まって血行促進に繋がることもあるでしょう。

あとは、生の野菜にはなかった発酵食品特有の作用が働き栄養素が強くなります。

特に注目してもらいたいのがビタミンB1やB2といったビタミンB群でこのビタミンB群が多くなれば脂質や炭水化物のエネルギー代謝効率が上昇します。

 

腸内フローラダイエットの方法!ヨーグルトやサプリが効果的?

代謝をあげる方法【食べ物・サプリ・ストレッチ・運動など】

 

キムチダイエットの効果は?


このダイエットを実行した時の効果について勉強していきましょう。

まずは脂肪燃焼効果が上昇することでしょう。

カプサイシンによる作用が大きいのですが、この作用が働くことで運動に対する効果がより高まり痩せる確率が上昇します。

カプサイシンには免疫力を高める等の作用もありますが、痩せやすい体にすることがダイエットにおいて一番重要な要素でしょう。

また、血糖値を下げるという作用があるので、できる限り毎日食べるようにすれば血糖値の急上昇による太る原因が無くなることになります。

つまり、太りにくくなるということです。

使いきれなかったブドウ糖はインスリンが処理するのですが、余ってしまうと脂肪になってしまうので、血糖値はできる限り上げないようにすることが重要なのです。

他には、整腸作用があるので、便秘にならず便秘による体重増加を防げるようになります。

 

血糖値とダイエットの関係と上昇を抑える食品や飲み物・サプリ

低インシュリンダイエットの方法や効果【低GI値の食品】

 

キムチダイエットの口コミは?


キムチダイエットの口コミはそこまで実行者がいないので少ないです。

その中でもいくつか拾っていけますが否定的な意見が多くなっております。

キムチダイエットを改良しているキムチ納豆ダイエットのほうはかなり評価は高いのですが、難しいところですね。

キムチ納豆ダイエットの評価は「3日で2キロ痩せた」とか「便秘で苦しんでいたがずっと続けて痩せた」という報告が多くこちらの方が効果は高い状況が続いているようです。

キムチダイエットのほうは「特に効果は感じなかった」とか「日本人に合わない」とか「太っていってむしろ悪化している」等の声が多く頼りにできないという意見で終息しています。

日本人には合わないダイエットという認識なのでしょうか。

 

納豆ダイエットの方法は?キムチ・オリーブオイルで相乗効果?

 

深田恭子さんはキムチでダイエットに成功した?


深田恭子さんが実行したダイエットはキムチダイエットとはちょっと異なる納豆キムチダイエットです。

納豆の効果を追加することでビタミンやミネラル、そして大豆イソフラボン等の効果が発揮されてより痩せられやすくなったのでしょう


Sponsored Link


やり方は納豆1パックに30~50gのキムチを混ぜて可能な限り食前に食べるという方法です。

食前に納豆キムチを食べると満腹感を得やすいので結果的に食事量制限となり痩せやすくなることも効果として表れているのでしょう。

また、酵素が1日置いておくことで増えてくれるのでより効果が増しダイエットに最適な食品に進化するのでオススメとなっておりますが環境次第では腐る可能性もありますので、温度や湿度管理はしっかりと行ってください。

 

大豆ダイエットの方法!食べる量や炒りなどレシピは?

豆乳ダイエットの方法や効果・成功の口コミ!毎日飲むべき?

ミネラル豆乳ダイエットの方法や効果・痩せた体験談は?

 

結局はキムチ納豆の方がよりおすすめ?


ネット上でも効果が高いという報告が沢山あるのはキムチ納豆ダイエットです。

キムチダイエットのほうは良い評判と悪い評判では悪い評判のほうが声が大きかったのですが、キムチ納豆ダイエットになるとこの声が逆転しているので、そちらの方がよりおすすめと言えるでしょう。

キムチダイエットのデメリットは?


キムチの最大のデメリットは刺激が強すぎるという点です。

刺激が強すぎるので空腹状態で摂取すると胃痛や下痢の原因になると言われております。

ちなみに、食べ過ぎると蠕動運動が活発になって下痢になってしまうこともあるでしょう。

他にも肥満になってしまうとか、高血圧や高脂血症になるとか、口臭や体臭がきつくなるというデメリットもあります。

キムチに含まれているニンニク成分のアリシンは体内に入るとアリルメチルスルフィドとなって体内循環を始めます。

これは消滅も分解もされません。

汗として排出されるので、汗と一緒に臭い成分として出てしまうのです。

臭いはかなり厄介ですので大きなデメリットとなってしまいます。

牛乳や緑茶、そしてリンゴなどと一緒に摂取すればある程度は回避できるようで、食べる際には気を付けましょう。

 

牛乳ダイエットのやり方や効果・痩せた口コミ!低脂肪が良い?

緑茶ダイエットはペットボトルでも効果的か!飲むタイミングは?

りんごダイエットは一週間で効果?痩せた口コミやレシピ

 

キムチのダイエットレシピは?


それではキムチダイエット向けのレシピを3つほど紹介します。

☆簡単激ウマ!豚キムチ☆


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/597693

このレシピはマヨネーズを少し入れることも推奨されていますが、あくまでダイエットを目的としているのでマヨネーズなどの高カロリー食品は減らしましょう。

これは豚肉と一緒に摂取できるのでタンパク質摂取ができ、おすすめです。

 

豚肉のダイエットに効果的な部位と方法!人気のレシピは?

たんぱく質の多い食品一覧!ダイエット効果は?

 

キムチ鍋


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/307394

キムチ鍋の素が無くても作ることができるのでちょっと変わった鍋と言えるでしょう。

肉を炒めてから作るキムチ鍋となっており、家族で食べることができるのでみんなでつついてみましょう。

 

鍋ダイエットの効果や痩せた口コミ!一週間のレシピは?

肉ダイエットの方法や効果・口コミ・レシピは?体臭は大丈夫?

 

もやしとキムチとタマゴのおかずスープ


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/307394

もやしとキムチと卵の中華スープです。

キムチをいつも通り食べるのが飽きた人におすすめとなっております。

作る方も非常に簡単ですし、しっかりと食べた感じがすごいのでダイエット向けと言えるでしょう。

 

もやしダイエットは1ヶ月で何キロ痩せる?成功の方法やレシピ!

もやしダイエットの効果と成功する方法は?料理メニューは?

ゆで卵ダイエットの効果と方法!1日何個まで?

 

キムチダイエットの効果や口コミ・デメリットやレシピは?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はキムチダイエットについて色々と紹介してまいりました。

キムチダイエットは率直に申し上げて運動が追加されないと効果は薄そうです。

脂肪燃焼効果が上昇したとしても、しっかりと脂肪を燃焼させないと意味がないので、有酸素運動を積極的に取り入れてください。

そうすれば効果も出るようになるでしょう。

食べるなら納豆キムチの方が良さそうです。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)