キックボクシングダイエットは本当に痩せるか!自宅でできる?

キックボクシングダイエットの頻度や効果!女性にも人気?

キックボクシングは格闘技として見ているだけでも面白いですが、ダイエット効率も高いとして人気が出ているようです。

しかし、痩せるかどうかわからないという意見や自宅でできるのか、頻度効果はどうなっているんだろうという疑問の声もあります。

そこで、今回はこのキックボクシングによるダイエットについて検証します。


Sponsored Link


キックボクシングとは?


キックボクシングとは実は日本の格闘技の一つです。

発生年は1966年でこれはムエタイが元に作られた日本発祥の打撃格闘技といえるでしょう。

人によってはリングを使って行うプロ打撃系格闘技全般の総称という認識もあるため、そちらの意味合いでとらえる人もいます。

この格闘技はムエタイが元に作られてはいますが、そのムエタイの技術や歴史に負けないようにするためにつくられ、K-1ワールドグランプリなどのテレビ界とのコネクションをフルに使っての活動が実って今では世界中にこの競技にいそしんでいる方がいるのです。

ボクシングとの違いはシンプルでこちらはローキック・肘打ち・ボディ・顔面への膝うちが許されているという点です。

K-1とはルールがちょっと異なります。

また、ボクシングは細かく階級分けされていますがキックボクシングは階級がなく体格差が大きな試合もしばしばあります。

キックボクシングダイエットのやり方


キックボクシングダイエットのやり方はシンプルです。

実際のキックボクシングジムに通って体を動かすこととなります。

キックボクシングダイエットジムは増えているところでは増えておりますので、体を動かすのが好きな人は1週間に3回ほど実行するといいでしょう。

実際のメニューややり方はジムによっては異なるでしょうが、代表的なメニューは・縄跳び2分・シャドーボクシング1分半・ミット打ち2分×3セット・筋トレといったものを淡々とこなすことになります。

ほかにはサンドバッグや腿上げや柔軟やストレッチといったところが基本でしょうか。

キックボクシングダイエットの効果的な時間や頻度


これは非常に難しい部分です。

ボクシングジムワークはそのジムによって大きく異なりますので、効果が出やすいものもあれば出にくいものも出てくるでしょう。

そのため、一概に時間や効果を指定することができないのです。

大半のボクシングジムはスポーツジムと同じく通えば通うだけ効果が出るので、「週に〇回通えば効果が必ず出ます」ということは出来ないのです。

ネット上での意見を見る限りでは1回60分で週に二回通うという人もいればできる限り早く痩せたいということで4回以上通う方々もいました。

結論としては、無理のない範囲でできる限りジムに通ってトレーニングすることが成功しやすくなる鍵と言えるでしょう。

キックボクシングダイエットで本当に痩せるか?


効果が出る人は出るでしょうし、出ない人は出ないとなります。

キックボクシングダイエットは全身運動になるのでカロリー消費量もそこそこ高く痩せやすいと言えるかと思いますが、それだけで完璧に痩せることは出来ません。

勿論、食事の節制も必要になります。

例えば、体重50kgの人が試合形式で本格的に1時間鍛えた場合は消費カロリーが600kcalは超えるといわれております。

ゆっくりとしたウォーキングを1時間行った場合は消費カロリーが100kcal程度になるので、それと比較してもすごいことがわかるでしょう。


Sponsored Link


また、このダイエットを実際に実行した人のあるブログを見た限り、太ももとウエスト部分で効果があって、下半身痩せや脚痩せの効果が高いという意見も出ております。

キックボクシングダイエットを自宅で行うためのdvd


キックボクシングダイエットの欠点というはちょっと面倒な点は、ジムに通わないと実行できないという部分でしょう。

しかし、キックボクシングダイエットを実行するための動画やdvdというのも売られているので、そちらを使えば室内でも実行が可能であるといわれております。

例えば「ジリアン・マイケルズの キックボックス・ダイエット」などを使うのがいいでしょう。

こちらはアマゾンでも購入が可能で、レビューを見た限りだとかなり高評価だったので紹介しております。

ダイエット内容もキックボクシングの動きを取り入れたエクササイズになっておりますが、紹介文を見た限りでもかなりハードなトレーニングとなっているようです。

ちょっとしたダッシュもあるのである程度の広さは必要という記載もありました。

購入する前にそれらの意見は確認したほうがいいでしょう。

キックボクシングダイエットは女性にも人気?


SNSや口コミ、そして評価などを見てみると女性のほうがこのダイエットを実行している人たちが多いと感じます。

統計を取ったわけではないですが、この記事を書くためにいろいろと情報を集めてみた限りではダイエット実行者のほとんどが女性でした。

女性のほうが活動的と言えるのかもしれません。

しかし、女性ならではの悩みも記載されておりました。

それは男子校における部活動のような独特なにおいがするから女性が少ない場所だとかなり違和感があり、そこにいるのが大変というものです。

確かに、男が非常に多い空間で汗が多くなってしまうと独特なにおいがこもってしまいますので、女性の方々はつらいかもしれません。

それでも終わった後の爽快感などは素晴らしいので、続けているという方もいらっしゃいました。

スポーツを定期的に行っている人ならわかる感覚といえるでしょう。

筋肉をつけるための食事のポイントは?


筋肉に必要な栄養素の筆頭はタンパク質です。

しかしタンパク質は20種類のアミノ酸から構成されているので、同じタンパク質であったとしても効果が異なります。

このアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられており、必須アミノ酸は体内で自分たちでは作ることができない栄養素なので補給が必須というものになります。

これらの必須アミノ酸で筋肉を作るためにも必要になるのが「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」というアミノ酸でこれは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれております。

BCAAが不足すると筋分解を促進されてしまうので、ダイエットに成功したとしても筋力が減る恐れがあるのです。

これらの栄養素を補給したいのなら、牛乳・牛肉・落花生・鶏肉などを食べましょう。

あとはトレーニング後にタンパク質と一緒に糖質を摂取するとか、ビタミンB群やミネラルを摂取するという情報もあります。

ビタミンB群はタンパク質をアミノ酸へと分解する作用があり不足すると吸収効率がかなり落ちてしまい、ミネラルも筋肉の合成には必須なので不足すると筋肉が作られにくくなってしまいます。

キックボクシングダイエットは本当に痩せるか!自宅でできる?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はキックボクシングダイエットについて紹介しました。

このダイエットは一昔前に流行った「ビリーズブートキャンプ」に近いといえるでしょう。

あそこまで過酷な運動ではありませんが、かなり体を使うタイプのダイエットに近いので、そもそも運動が好きではないという方にはかなり過酷になると思います。

ある程度の効果はあるでしょうが、食事のほうでも何らかの制限をかけないと効果は出にくいということだけは忘れないでください。

消費した分だけ食べてしまっては痩せるのが難しくなりますので!

 


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)