ケンタッキーはダイエット中でも太らない?【糖質やカロリー】

ケンタッキーはダイエットに効果的?部位などおすすめメニュー

ダイエットをしている方々にとって、なかなか手を出しにくい食べ物がケンタッキーです。

しかし、一説には太らないという噂もあります。

ケンタッキーの食品の糖質カロリーはどうなっているのか、メニューダイエット向けなものは存在しているのでしょうか。

そこで、今回はケンタッキーを食べてもダイエットができるのかを調べていきます。


Sponsored Link


ケンタッキーフライドチキンはダイエットに効果的という話も?


カロリーカットや糖質制限を考えている方にとって絶対に食べてはいけないというイメージがある食べ物というのはかなりあります。

その中の一つにこのケンタッキーがあるのではないでしょうか。

そう思ってしまうのも理解できますし、太りそうだというイメージが根強いのも致し方ないといえるでしょう。

しかし、人によっては食べるものさえ吟味することができれば糖質もある程度抑えることができるのでダイエットに使うこともできるだろうという意見をする方々もいるのです。

ネット上でもダイエットに使えるという意見を探せば見かけることがあります。

ケンタッキーフライドチキンは非常においしいですし、あの味と食感はダイエット中に無性に食べたくなる一品でもあります。

本当にダイエットに使える食べ物なのでしょうか。

ケンタッキーの糖質やカロリーは?


ダイエットに活用できるかどうかを判断する最も簡単な方法が糖質やカロリーを調べることです。

まずはカロリーから見ていきましょう。

チキンメニューの1ピース分のカロリーは、オリジナルチキンが237kcalで骨なしケンタッキーが204kcalのようです。

サイドメニューの月見チキンフィレサンドは462kcal和風チキンカツサンドも474kcalとサンド系はかなり多めになっております。

カーネリングボックスポテトは944kcalフライドフィッシュ も241kcalとなっていたのでチキン以外は高めといえるでしょう。

糖質はオリジナルチキンは1本7.9gで骨なしケンタッキーが11gです。

やはりチキン系は糖質は少なめといえるでしょう。

これがチキンフィレサンドとなった場合30gを余裕でオーバーするようになるので、サイドメニューは高めのようです。

フライドポテトもLサイズになると56gとなかなかの糖質になるので要注意です。

ケンタッキーのビスケットの糖質やカロリーは?


ケンタッキーにもいろいろとメニューがあるのでそれによって差が大きいようですが、ビスケットのような単品に絞って考えてみましょう。

ビスケットの場合は225kcalとなっており、糖質は調べてみたところ22.6gとなっているようです。

量や腹持ちを考えた場合、ビスケットはダイエットに向いていないと思われます。

これを数個摂取してしまうと糖質摂取量が多くなりすぎてしまうでしょう。

ケンタッキーフライドチキンの腹持ちは?


いろいろと調べてみましたが、腹持ちがいいという意見もあることはありますが、それほど多くはなく信憑性という部分では弱いと思います。

統計学的に100人程度に確認をとって腹持ちが良いという意見が集まれば納得ですがそのようなものではなく散発的なものなので今一つ頼りがたい意見です。

腹持ちのいい食べ物というのは基本的に噛み応えがあって、食物繊維が多めの食べ物となっております。

消化に時間がかかる食べ物が良いのです。

具体的には玄米・豆類・バナナなどが該当します。

これらの情報を理解している人から見ると、ケンタッキーは腹持ちがいいという意見はなかなかでないのではないでしょうか。


Sponsored Link


ケンタッキーをダイエット中に食べるならおすすめのメニューは?


カロリーや糖質から考えると、パンが炭水化物となっているカツサンドのようなものは良くないでしょうし、ポテト系も炭水化物に該当するので避けるべきでしょう。

小麦からできているビスケット系も良くないでしょう。

飲み物でもコーラやメロンソーダのような甘いものは糖質が多いので避けてください。

食べられるのはチキン系のものとコールスローでしょう。

チキンも部位によって形が異なりますが、食べられる部分が多ければ多いほどカロリーは多くなるということは覚えておかれると良いでしょう。

糖質摂取量は1日で体重×1gなので甘いものばかりを食べてしまうと一瞬で超過してしまいます。

ダイエット中のケンタッキーで太らない食べ方は?


どうしてもケンタッキーを食べたいという方は、食べる順番ダイエットを行いつつ食べたほうがいいでしょう。

これのやり方は汁物から食べて水分をおなかにためて、野菜や果物を食べて食物繊維を胃の中にいれ、その後にお肉や魚を食べましょう

炭水化物があるのなら最後にしてください。

この順番を守るようにするのなら、ケンタッキーのフライドチキンは3番目に食べるということになります。

順番を守っていればある程度は安心ではありますが、それでも摂取量が多すぎると意味が薄れます。

野菜でも油の多いドレッシングを使ってしまった場合はこちらも効果が薄れてしまうでしょう。

あくまでダイエットをしているということを忘れない食事にしてくださいね。

ケンタッキーを食べる前に飲むと良いサプリとは?


ダイエットサプリという名前で販売されているサプリはものすごい数があります。

量が多すぎるので数えるのも億劫なレベルです。

しかし、そのダイエットサプリには食欲を抑制するタイプのものと、脂肪や糖分の吸収を抑えるもの、脂肪燃焼効率をアップさせるものや腸内環境を改善して消化効率をよくするものなどがあります。

このように効果が分かれているので、どのように痩せたいのかでサプリの選び方も変わるのです。

それらを踏まえたうえで、フライドチキンを食べたいという方は食べすぎを防ぐために食欲をコントロールするようなサプリを摂取するか、脂肪や糖質の吸収を抑えるタイプのサプリに頼るといいでしょう。

ただし、サプリは薬ではありませんので劇的な効果が発揮されるわけではありません。

「ケンタッキーのサイドメニュー」ダイエット中は避けるべき?


今回の記事説明においても多少触れているように、ケンタッキーのメニューにある食べ物は糖質が多めで炭水化物が豊富なものが多いので頼めるものはかなり限られてしまいます。

しかし、コールスローサラダならば炭水化物も糖質も少なめになるのでおすすめといえるでしょう。

いろいろと目移りしてしまうでしょうが、それでも炭水化物がたっぷりの食べ物を食べるのは、ダイエット中は良くありません。

炭水化物すべてが悪であるとは言いませんが、通常のパンではどうしても血糖値を上昇する値を示すGI値が高くなってしまいますので、太りやすくなってしまうのです。

なので、ダイエット中の方はチキンを主体にして頼むようにしましょう。

ケンタッキーはダイエット中でも太らない?【糖質やカロリー】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はケンタッキーはダイエットに活用できるのかどうかを調べて紹介しました。

結論から言うと、ダイエット中でもチキンならば食べられないことはないというのが答えになります。

それでも、ダイエットをしたいと本気で考えているのならば、避けたほうがいいと思ってしまいます。

なぜならケンタッキーはチキン以外にも惹かれるメニューがたくさんありますので、立ち寄った場合そちらも頼みたくなってしまうのではないでしょうか。

ダイエットにとって最大の敵は誘惑なので、誘惑がたくさんある空間に行くのは危険だと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)