上半身太りの原因は?ダイエットに効果的な運動は筋トレ?

二の腕や背中・胸・お腹など上半身痩せに有効な運動

ダイエットをしたい方々の理由は様々ですが、下半身はそうでもないのに上半身だけ太りぎみで「痩せないだろうか?」と悩まれている方もいます。

特に上半身でも二の腕やお腹などの部分的な箇所だけ気になっている方が多くいらっしゃっています。

基本的に特定の部分だけを劇的に細くする部分痩せというのは困難なのですが、やり方によって個人差もあるかと思いますが、ある程度納得のできるレベルに引き締めることは可能でしょう。

そこで、今回は上半身太り原因効果的筋トレなど運動について紹介したいと思います。


Sponsored Link


上半身とは?


上半身とは「人体の腰から上の部分」です。

非常にわかりやすいですね。

この上半身において気になる部位は「お腹・背中・二の腕・顔」といったところでしょうか。

 

背中の肉を落とすダイエット法【エクササイズ・ストレッチなど】

お風呂ダイエットの運動など方法は?足やお腹・小顔に効果?

 

上半身太りの原因は?

それではそれぞれ気になる部位ごとにどうして太ってしまうのかを提示いたします。

お腹


お腹の太ってしまう原因は筋肉があった場所が鍛えられなくなってしまったことで脂肪がつきやすくなってしまったこと、内臓を守る骨が無いため筋肉で支える必要があるが筋肉が無いので内臓が下がってしまったこと、胃腸にガスが溜まってしまったので膨れ上がってしまったこと、食べ物でアレルギー反応が胃腸に出てしまっていること等が原因として考えられます。

一説にはストレスが溜まりすぎることでお腹に脂肪が集中するようになってしまって腹部が極端に太ってしまうという説もあります。

これらの原因が積み重なることで腹部がポッコリと出てしまうようになるようです。

 

家でできるダイエット運動!【お腹・足痩せ・筋トレメニュー他】

腹筋ローラーの有効な部位とダイエット効果!女性はくびれ?

 

背中


背中に贅肉が付いてしまう原因は老化によるところが大きいと言われております。

年齢を重ねることでどうしても筋肉が衰えていってしまうので脂肪が付くようになってしまうのです。

背中の筋肉はある程度の労働がある人は恒久的に使う部位ではありますが、肉体労働が極端に少ない人の場合は使われないことも多いのでたるんでいってしまいがちです。

他には猫背の人や姿勢が悪い人は背中が歪んで筋肉が使われにくくなってしまうので、代わりに脂肪が付きやすくなってしまいます。

デスクワークが基本でパソコン作業が多い方は姿勢を長時間維持しているので筋肉がこってしまい血行不良になってしまうので、脂肪が付きやすく贅肉ができてしまう人もいるでしょう。

 

骨盤など体の歪みはダイエットに影響【整体でチェックして治す?】

骨盤矯正ダイエットの効果や方法【バスタオル・枕・運動など】

 

二の腕


上半身の部位で一番悩んでいる箇所としてよく言われるのが二の腕です。

お腹周りが気になるという方もたくさんいますが、お腹周りは服装でそこまでひどくないものなら隠せます。

しかし、二の腕は夏の時期は隠せないものとなってしまうので、気になってしょうがない人が多いのです。

この二の腕が太くなってしまう原因は脂肪の蓄積が発生してしまったこと、全く使われなかったこと、皮膚のたるみができてしまったこと、セルライトの蓄積ができてしまったことあたりでしょう。

二の腕の筋肉は上腕二頭筋と上腕三頭筋で構成されており、前者が力こぶとなる内側、後者が贅肉になりやすい外側となっております。

内側は高頻度で使われます。

ものを運んだり何かを引っ張ったりするときの必要となる筋肉はこの上腕二頭筋だからです。

逆に外側の上腕三頭筋は上腕二頭筋ほど使われません。

使用頻度が低いということはその部分の筋肉が発達しないということを意味しているので、このようなたるみを生んでしまいます

また筋肉の発達していない部位には脂肪が蓄積されやすいというところもあります。

他には体全体に脂肪が多すぎると二の腕が太くなってしまうのはしょうがないこととなっており、一度脂肪が付くとなかなか取れなくなってしまいます。

この部分に脂肪がついてしまうと特別な対策を講じない限り一生の付き合いとなってしまうでしょう。

そこからさらに悪化して、リンパの流れも悪くなり、老廃物が蓄積してセルライトの蓄積が発生するとこの部分はもはやものすごく痩せにくい部位となってしまいます。

強く押してから手を放して白くなって元の色に戻らない方は要注意です。

このような方は基礎代謝がおそらくかなり低い状態になっているので血行不良となっており、冷え性も発生していることでしょう。

 

二の腕痩せダイエットの方法!エクササイズにエステなど

セルライトが太ももやお尻にできた!解消【つぶす】方法は?

 


上半身の部位で絶対に太りたくない部位といったらやっぱり顔なのではないでしょうか。

顔の脂肪が下がって見えてしまう人は老け込んで見えてしまいますので非常に厄介なものとなっております。

その最大の理由が筋肉の衰えでしょう。

筋肉が衰えることでフェイスラインが崩れやすくなるのでたるみが発生するようになってしまって、老けて見えるようになるのです。

脂肪を支えているのは筋肉であるため、その筋肉が衰えることでしわやたるみを引き起こします。

さらに厄介なことに、筋力が衰えてしまった顔は脂肪をつきやすい状態にしてしまうので、この状態で放置してしまうと顔に脂肪がついてしまってまん丸になってしまうでしょう。

顔の筋肉の7割は使われていないと言われているので、筋トレと同じような感覚で顔のトレーニングを実行するようにしましょう

 

顔痩せの方法【リンパマッサージ・エクササイズ・ガムなど】

顔ヨガが逆効果?ほうれい線の解消は無理?正しいやり方は?

ダイエットで痩せるツボを紹介!足・お腹・顔・耳・背中・手など

 

上半身のダイエットに効果的な筋トレは?


それでは先ほど指摘した部位に対して有効的な筋トレをいくつか紹介します。

上半身の特定の部位を鍛えるのは、その部位の筋肉を刺激する筋トレが最適なのです。

お腹

お腹のダイエットを考えている方は、まずは下腹と脇腹と上の方のお腹、どこが一番気になるかによってやり方が変わってきます。

ともあれ、一番効果があると言われている腹筋運動は「クランチ」となっているので、まずはその運動から取り入れるといいでしょう。

クランチと腹筋はやり方が異なるので動画で理解するようにしてください。

他には下っ腹を鍛える「レッグレイズ」が効果的です。

これは仰向けに寝て息を吐きながら足を地面より30cm程度上げてキープするというものです。

時間が長ければ長いほど効果的ですが30秒くらいできれば最初は十分でしょう。

ある程度慣れたのなら、その状態でツイスト運動を加えてください。

これは「レッグレイズツイスト」と呼ばれるもので、先ほどのレッグレイズの体勢から左右交互に足を押すものとなります。

ゆっくりとした動作でやればやるほど効果があるので、無理のない範囲で行いましょう。

注意点は腰痛もちの方は悪化する危険性があるので避けたほうが良いということです。

違和感を覚えたらすぐに止めてください。

 

お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?

 

背中


Sponsored Link


(【解説付】ワンハンドローイング(ダンベルローイング)を横と前から撮影されています)

背中の贅肉を筋肉に変える方法はバーベルやダンベルやトレーニングマシンを使うことでしょうが、自宅でできるものもたくさんあります。

背中には背中の上部に位置する僧帽筋脇腹から脇の下辺りまで伸びている背中の筋肉である広背筋背筋深くにあるインナーマッスルの脊柱起立筋の3つに分けられるので、どの部分に贅肉がついているのかをまずは知りましょう。

背筋の筋トレとしてもっとも有名なのが懸垂ですが、自宅でできる環境にある人はそこまで多くないでしょう。

何か掴むところがあれば無理やりできるかもしれませんが…

とりあえず、購入しやすく持っている可能性の高いダンベルを使った「ワンハンドローイング」「ダンベルデッドリフト」がオススメです。

広背筋を鍛えるにはチューブ・ダンベル・バーベルといったものがある方が確実に効率がいいのでこのうちのどれかは購入されると良いかと思います。

 

ゴムチューブを使ったダイエット方法【足・骨盤など】と効果

ダンベルダイエットのやり方は?効果的な重さやメニューは?

 

二の腕

上半身の部位で本格的に鍛えないとすぐに贅肉たっぷりな状態になるのがこの二の腕です。

この二の腕を鍛えるのにも可能ならダンベルを使うほうがいいでしょう。

しかし、使わなくてもある程度までなら鍛えられる方法があります。

それが「ナローブッシュアップ」です。

かみ砕いて言ってしまうと、両手を狭めた腕立て伏せと思ってください。

ゆっくりと肘を曲げて体を下げていくのがポイントで、肘を伸ばして体を起こす時もゆっくりと上げてください。

息を吸いながら体を下して吐きながら体を上げるイメージです。

1セット10~15回となっておりますが、慣れてしまった人は両足をベンチなどの上において高い状態にして、頭が下にくるようにしましょう。

この状態になるとかなりの負荷になります。

逆にできないという方は膝を床についてチャレンジしましょう。

あとは椅子といったものは使いますが、ダンベルとかはいらない「リバースプッシュアップ」というのもあります。

動画のような姿勢になって肘を曲げるというものなのですが、お尻を上げる時に肘を伸ばした状態にすると負傷する可能性があるので、負荷がきついと思ったら止めたほうがいでしょう。

 

部分痩せは不可能?ふとももや二の腕・お腹を引き締めるには?

 

顔の筋トレは10年くらい前から非常に注目を集めていて、おそらくダイエットに興味のある女性の方々ならやり方の一つや二つはご存知なのではないでしょうか。

この動画で紹介しているものも有名なものの一つで、動画再生数が70万回を超えております。

表情筋トレーニングで、顔の筋肉を鍛えてたるみを無くす方法の一つとしては動画のやり方が最適と言えるでしょう。

それ以外には、まぶたを鍛えるために指先で上まぶたの真ん中あたりを引き上げて眉下で押さえて10秒間ほど目を閉じるというものや、薄目を開けた状態を10秒間キープするというものもあります。

顔の筋肉にも種類があるのでどの部分がたるんでいるのかをしっかり理解してトレーニングを行ってください。

他にも小顔になるために顔を鍛える方法を伝授している方も多いです。

口を大きく開けて、舌をあごの方にできるだけ出して、目を大きく開き、視線を思いきり上に向けて10秒維持するといったやり方や、ガムで表情筋を鍛えるというものもあります。

 

小顔ダイエットの方法【エクササイズ・コルセット・ツボなど】

 

上半身痩せには有酸素運動が効果的?


上半身の特定の部位を痩せさせるのに有酸素運動が必要かどうかですが、それは人によると言えるでしょう。

例えば、そこまで体重は重くないのに、二の腕だけ太くなってしまっているという方の場合は、有酸素運動よりも二の腕の筋肉を鍛える筋トレを優先したほうが効果が出ることもあるでしょうし、すでに脂肪が体についてしまう状態になっている人、つまり肥満体型の人の場合は筋トレをするよりもまずは有酸素運動を主体にしたほうがいいでしょう。

ダイエットも合わせて行いたいという方は、無酸素運動を先に行ってから有酸素運動を行うのが有効になるので、二の腕が気になる方はナローブッシュアップを行ってからジョギングなどを行うようにすればよいでしょう。

どちらか一方をやるのではなく、両方を取り入れて効率よく痩せるようにしてください。

 

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

ジョギングダイエットは痩せない?効果的なペースや時間は?

 

男の胸の脂肪を落とす方法は?


大胸筋をがっちり鍛えている方なら胸の脂肪を気にする必要はないですし、そもそもそこまで太っていないのなら胸に脂肪がつくことは少ないでしょう。

しかし、年を取ってしまって代謝が落ちてしまい脂肪が蓄積するようになると男の胸にも脂肪がつくようになってしまいます。

ちょっと良い表現か分かりませんが、おっぱいみたいになってしまうのです。

胸板が分厚いのなら頼りがいがあると言えそうですが、脂肪ではいま一つですよね。

その胸のたるみを除去する方法は鍛えることと、ストレッチをすることです。

肩が前に出ている人や前かがみぎみの人は胸に脂肪が付きやすくなってしまうのでたるむ可能性が高いのです。

そうならないようにするためにも、胸の筋肉が収縮して発生する血行不良を防がなければいけません。

ポイントは胸と背中の筋肉です。

肩甲骨を動かすストレッチをすることで解消されることが期待できます。

具体的にはこのような整体院で紹介している方法を試してください

他には、ブッシュアップ、つまり腕立て伏せが基本となります。

ただしナローブッシュアップのような腕を狭めてやるものは上腕三頭筋の筋肉が主体になるので、腕は肩幅ぐらいは広げて実行してください。

左右の腕の幅が広いほど胸に効きます

負荷が足りないと感じる方は両足をベンチなどの上にのせて実行しましょう。

腕立て伏せがなかなかできないという方は膝をついて実行してください。

強度は下がってしまいますが、ある程度の効果を得ることはできます。

バランスボールがある方はバランスボールを使って腕立て伏せをしてみましょう。

バランスボールに手を載せてやると反発力で実行しやすくなりますし、やりやすくなるのです。

また、インナーマッスルを鍛えたいという方はバランスボールの上に体を載せて腕立て伏せを実行すると効果的となります。不安定な状態から制御をしつつ行うことになるので、体幹に非常に効くのです。

 

インナーマッスルのダイエット効果は?腹筋や脚などの鍛え方

体幹トレーニングのダイエット効果は?女性・男性別メニューは?

 

タオルを使った二の腕痩せの方法とは?

二の腕は鍛え方を理解していないと、なかなか効率よく筋肉が付かない厄介な部位となっております。

上腕二頭筋なら簡単に鍛えられるのですが、上腕三頭筋は日常生活ではなかなか使われないのでたるみやすいのです。

そのため既に二の腕の鍛え方を紹介していますが、ここでもう1つ紹介したいと思います。

色々な方々がオススメしているやり方がタオルを使ったものとなっております。

動画で紹介しているのもその一部です。

他には小さめのタオルを一枚用意するだけで実行できるものもあります。

①左右の手の間隔は肩幅より少し広い状態でタオルを両手で持つ

②その状態から、ひじを伸ばしたままタオルを頭の上に持っていく

③息を吐きながら、タオルを首の後まで下ろす、できるだけゆっくりと両ひじを曲げて行うこと

④息を吸いながら②の状態に戻す

非常に簡単な方法ではありますが、おそらく慣れていない方は狭い幅でタオルをもって実行することはできないので、ある程度広い幅から始めるといいでしょう。

 

バスタオルダイエットの効果や巻き方!小山圭介氏とは?

肩甲骨ダイエットのやり方!アンミカ・前島式・タオル活用など

 

上半身太りの原因は?ダイエットに効果的な運動は筋トレ?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、上半身の特定の部位を痩せる方法について色々と提示してまいりました。

全体的に太ってしまっている方は肥満体型の一言で片づけられてしまいますが、そこまで太っていないのに局所的な脂肪が気になってしょうがないという方はかなりいます。

そのような方は、筋肉量が低下している可能性が高いので、その部位の筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れる必要があるのです。

特に、二の腕やお腹周りの筋肉は使われないことがあるので、気が付いたらたるんでしまって、柔らかくなってしまったりつまめるようになってしまうでしょう。

そうならないようにするためにも、ダンベルやチューブといったものを購入して家の中にいたらいつでもトレーニングができる状態にしておきましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)