ジャスミン茶ダイエットの方法や効果!体臭予防や利尿作用も?

飲み物

ジャスミン茶の種類や効能!ダイエット効果の口コミは?

ジャスミン茶は美容と健康に良いということで流行っていますが、本気でダイエットを始めたいという方の味方になるということでも注目されています。

その方法や具体的な効果、そして痩せたという口コミの有無がダイエットにかかわるのならば気になってくるでしょう。

そこで、今回はジャスミン茶のダイエット効果について調査したいと思います。


Sponsored Link


ジャスミン茶ダイエットの方法


ジャスミン茶を使ったダイエット方法はどうも見ている限りは指定されていないようです。

要するに、ジャスミン茶を飲むだけというシンプルなダイエット方法なのでしょう。

特に決まりごとはないと考えてください。

ただし、ダイエット成功確率を上げたいのならばある程度タイミング指定はできると考えております。

脂肪吸収を抑える効果があると解説しましたが、その効能が発揮されるタイミングはまさに食事中なので、食事中に普通に飲むという方法が一つ。

もう一つは脂肪燃焼効果を使って痩せるために飲むというものです。

具体的には運動の30分前に摂取して脂肪が燃焼しやすくするといいでしょう。

筋トレをする場合にはついでにプロテインも摂取すればいいのでタイミングはわかりやすいです。

ダイエット効果について


肝心のダイエット効果ですが、確かにいくつかははっきりしたものが存在しているようです。

ジャスミン茶に含まれているカフェインは眠気覚まし作用もありますが脂肪分解酵素であるリパーゼを活発化させる作用があり脂肪燃焼効率を向上させてくれます。

そして利尿作用もありますので、カリウムの効果と併せてむくみを除外する作用が強いのです。

タンニンには強い抗酸化作用があり体の老化を妨げる作用がありますが、脂肪の吸収を抑える作用蓄積された脂肪を燃焼させる効果、そして胃腸を整えて便秘を解消する効果もあるのでこちらもダイエット向けの作用と言えます。

最後はジャスミン茶にはリラックスできる効果が高い特殊な香りがあります。

これはベンゼルアセテートと呼ばれる成分からきているようですが、イライラを解消する作用がありますので、ダイエットによって食事制限をすると発生するイライラを抑えやすくなるのです。

ジャスミン茶の成分と効能【体臭予防や利尿作用も?】


ジャスミン茶はもともと緑茶や烏龍茶と同じ茶葉を使って香りをつけているお茶なので成分的には緑茶や烏龍茶とほぼ同等となります。

具体的にはカフェイン・カテキン・タンニンといった有名なものやリン・カリウム・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2などが含まれています。

効能はいろいろと多いのですが、やはりリラックス作用や疲労回復効果、利尿作用や口臭予防、虫歯予防や抗酸化作用あたりが有名でしょう。

また、カテキンにはニオイ成分に吸着して酸化還元反応を引き起こすことで嫌なにおいを除去する効果があり、体臭対策に用いることもできるでしょう。

ある程度の年代になると体臭がきつくなる男性向けの飲み物ともいえます。

口コミはある?


「ジャスミン茶 ダイエット 口コミ」といった検索をしてみるとわかるのですが、口コミはほとんど出てきません

これは商品から探っていくしかないでしょう。

具体的にAmazonや楽天にあるジャスミン茶のレビューを探ってみましたが、どうも体重に関して触れているものは見つかりませんでした。

やはりダイエット効果はあるといわれていますが、このジャスミン茶のみを主体としたダイエットを行っているという人は少ないのでしょう。

口コミには「便秘が改善した」とか「トイレに行く回数は増えた」というジャスミン茶の効果を実感したものは多数ありましたが、体重減少に関してはほとんどないようです。

ジャスミン茶の飲み過ぎには注意?下痢をする?


ただし、飲みすぎると下痢になるといった注意点が良く上げられるので摂取量には注意しましょう。

ジャスミン茶に150ml中30~40mgというかなりのカフェインが含まれているので、過剰摂取はカフェインの大量摂取につながります。

カフェインを大量に摂取してしまうと、利尿作用が非常に強く働くのでトイレに行く回数が増えてしまいますし、胃腸を整える作用が強く出すぎるようになるので下痢や吐き気といった作用が出るようになったりします。

中枢神経を興奮させる作用や血管拡張作用も強烈に出るようになるので、頭痛や不整脈や動悸やイライラが発生する場合もあるでしょう。

また、カフェインに対するアレルギーというか過敏症を患っているという人も現代では多いようで、ちょっと量が多くなると吐き気やかゆみといった症状が多発する人もいます。

量としては1日ペットボトル1本分の500ml程度を目安にされると良いようです。

ジャスミン茶の種類


ジャスミン茶はジャスミン茶なのですが、実は使っている茶葉に違いがあるケースが存在します。

その茶葉の種類で分けることが出来るのです。

具体的には緑茶・白茶・青茶・紅茶・黒茶の5種類になります。

一般的には緑茶が主流なのですが、探せば日本でも他の種類のものが手に入るようです。


Sponsored Link


もちろん、同じ緑茶でも味が異なるものも多いので種類分けに無理にこだわる必要はありません。

とりあえず5種類存在するという認識で問題ないでしょう。

ジャスミン茶の作り方


ジャスミン茶は烏龍茶や緑茶に香りつけをしているものなので、ジャスミンの花と元となった緑茶と烏龍茶があれば簡単に作れます。

作り方としてはベースとなる緑茶や烏龍茶を用意する⇒ジャスミンの花をベースとなる茶葉と混ぜ込みクッキングペーパーで包む、これだけです。

香りがしっかりとついているのかどうかを確認する必要はありますので、クッキングペーパーに包んだ後に香りが薄いと感じた場合はジャスミンの花と再び茶葉を混ぜてクッキングペーパーで包み込んでください。

梅雨の時期はカビが発生する可能性が極めて高いので、保管するときに密閉瓶に入れているという方でも1日1回は茶葉をかき混ぜましょう。

ジャスミン茶の美味しい入れ方


ジャスミン茶に限らず、お茶にはおいしい入れ方がありますので共通事項として覚えておくといいでしょう。

これらは確実に生かせる知識ですので覚えておいて損はないです。

まず、急須に熱湯を入れていくらか湯呑に移し替えて温めます

湯呑が温まったのならば、急須にジャスミンを入れて湯呑に入れたお湯を急須に戻します

これが一杯分です。

2度移し替えることでだいたい80℃くらいの温度になるということも覚えておきましょう。

その後は30~60秒ほど蒸らして、湯呑に注いで終了です。

お茶系はこの動作が基本となりますので覚えておくと役立ちます。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はジャスミン茶のダイエットについて紹介しました。

いわゆる飲むだけで効果があるので痩せられると説明してしまうダイエットの一つですが、さすがに飲むだけで一気に痩せられるものではないので、別の努力も必須となります。

ジャスミン茶のリラックスする効果は本物なので、食事制限系のダイエットとも相性がいいですし、脂肪燃焼効率が上がる効果も利用できるので、運動が主体のダイエットにも相性がいいのです。

これらの相性の良さを活かして、他のダイエットも取り入れられると良いでしょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました