いちごダイエットのやり方やレシピ!糖質と効果の口コミは?

いちご




いちごの糖質やカロリーは低い?朝食に摂るなど方法について

日本人になじみのある大衆向けの果物はいくつかありますが、その中の一つがいちごになります。

このイチゴやり方レシピを理解すればダイエット効果もあると言われておりますが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

糖質含有量の他、口コミも知りたいところかと思います。

そこで、今回はイチゴを使ったダイエットを紹介します。


Sponsored Link


いちごダイエットとは?

まずはいちごのカロリーと糖質について触れたいと思います。

イチゴのカロリーは100gで34kcalとなっております。

糖質は100gだと7.1gとそこそこあるようです。

それでも糖質20g以上あるバナナなどのほかの果物よりは少ない部類に入りますので、摂取することにおいては戸惑わない数字と言えるのでは無いでしょうか。

ただし、イチゴ一パックは250g前後になっているので、その一パックをすべて食べてしまうという人は糖質摂取量もオーバー気味になってしまうので気をつけましょう。

イチゴは簡単に食べられる果物なので、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、ダイエットと言うことを意識して摂取量も気にするようにしてくださいね。

このようないちごを活かして体の引き締めに繋げようというのがいちごダイエットです。

 

朝バナナダイエットのやり方や効果・口コミは?失敗の原因は?

果物ダイエットの効果は?おすすめは朝食か夜か食前か?

キヌアダイエットの効果や成功の方法は?摂取量やレシピは?

 

いちごのダイエット効果は?


栄養素たっぷりのイチゴですが、これをダイエットに用いた場合どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

まず考えられるのがビタミンCによる抗酸化作用からくる脂肪の酸化を防いで代謝効率を促進することでしょう。

イチゴはビタミンCが豊富なのでそのビタミンCがどれだけ機能的に動いてくれるのかどうかでダイエット成功率は変わってくると考えられます。

また、イチゴには副腎から分泌されるホルモンである「DHEA」の生成立を上げてくれます。

このホルモンはあまり知られていませんが、このホルモンが増えると筋肉細胞がより活性化されて脂肪の代謝効率も上がるとされています。

ほかにも、副腎から分泌される「コルチゾール」という代謝を下げるホルモンを減らしてくれるので、ダイエット効果を上げてくれると言われております。

あとは、プリフェノールの一種であるアントシアニンは内臓脂肪が溜まりにくくしてくれる作用があると言われているので、結果として太りにくい状態にもしてくれるでしょう。

 

ホルモンバランスの乱れはダイエットに影響!整える方法は?

内臓脂肪のレベルや落とし方【筋トレ・食事・呼吸法・サプリ】

代謝をあげる方法【食べ物・サプリ・ストレッチ・運動など】

 

いちごダイエットのやり方は?


イチゴダイエットのやり方は普段の食事の前後に摂取するというやり方か、食事と完全に置き換えるようにしてカロリーカットを狙うやり方となっております。

この二種類になっていますが、本格的に痩せたいと考えている人は後者を選択した方が良いでしょう。

また、ある程度の乳製品とあわせて摂取することで、乳製品から脂質を補給してイチゴの有効成分摂取効率を上昇させることができます。

また、イチゴを食べるのがそこまで得意では無いという人は、イチゴをミキサーにかけてスムージーにするのも1つの方法です。

スムージーにすることで持ち歩けるようにもなりますし、食べ飽きた人でも続けやすくなるかと思います。

 

ソイジョイのダイエット効果や成功者は?やり方は置き換え!

置き換えダイエットの効果や口コミは?おすすめの食品は?

スムージーダイエットで痩せた!口コミ・やり方・レシピは?

 

朝にいちごを食べるのがより効果的?


基本的に置き換えダイエットとして用いるのなら、朝が推奨されております

それに、脂肪燃焼を促進するカルニチンといった栄養素も豊富なので、その栄養素の効果を最大限に受けたい場合はお昼か朝食に摂取するのがベストになります。

夕飯では、その後に厳しい運動をすることは少ないので、効率アップが無駄になりがちです。

それでも、夕飯の摂取カロリーと糖質が多い人は、イチゴに置き換えるだけでも効果がありますので、自分たちの食生活からどの食事に用いるようにするのが効果的かを考えるようにしてみてくださいね。

 

カルニチンダイエットの効果や飲むタイミングなど方法は?

脂肪燃焼スープのカロリーやダイエット効果は?作り方や保存法は?

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

 

いちごダイエットの口コミは?


イチゴダイエットはやはりイチゴを食べ続けられるかどうかで成功率が変わってきているようです。

ただし、成功したという報告が少なかったです。

「イチゴを毎日少しずつ食べたら肌の調子が良い」といった美肌効果を実感している人は多数いたのですが、具体的に痩せたという報告は少なく「一ヶ月続けたけど効果が無かった」という人もいました。

似たようなダイエットに「朝生フルーツダイエット」というものがありますが、その中にもイチゴを用いている人がいて、そちらは成功している人がそれなりにいました

 

フルーツダイエットの方法や痩せた口コミ!夜が効果的?

一日一食ダイエットの1ヶ月での効果は?成功するやり方は?

もやしダイエットは1ヶ月で何キロ痩せる?成功の方法やレシピ!

 

いちごは冷凍しておいても大丈夫?


果物を購入したときに意外と困ってしまうのが、保存方法です。

まず、イチゴにとっての保存においてやってはいけないのが、乾燥させること、水分を付けること、へたをとってしまうことです。

保存前に洗ってしまう人もいますが、水分がついた状態で保存すると傷みが早くなるので絶対にやめましょう。

ただし、それが冷凍保存だった場合は話が変わってきます。

冷凍保存をするという人はへたや傷んだ部分を取り除いてください

イチゴがしなっているのなら、傷んだ部分を除去する前に10分程度水につけて給水させるといいでしょう。

ただし、冷凍庫に入れる前に水気は除去してください。

冷凍保存は長期間保存できますが、食感が変わりますし、生よりも甘みが落ちてしまいますので、その点は覚悟しましょう

 

冷やご飯ダイエットの方法【温度・冷凍保存】や痩せた口コミ

水ダイエットの方法や効果の口コミは?水道水やお茶でもOK?

作り置きダイエットメニュー4選!やり方や効果は?


Sponsored Link


 

いちごの栄養と効果・効能


果物は基本的に栄養価が高く現代日本人は不足気味だから摂取した方が良いという声が頻繁に聞かれます。

イチゴにおいて摂取できる栄養素はカリウム・ビタミンC・キシリトール・葉酸・食物繊維(ペクチン)・フラボノイド・アントシアニンなどが有名です。

いくつかピックアップして詳細を記載します。

まず、ビタミンCについてはもはや言わなくてもいいくらい有名な栄養素となっております。

その効果は抗酸化作用による老化防止や美容効果でしょう。

鉄分の吸収効率を上昇させてコレステロール値を下げる効果も持ち合わせております。

葉酸はビタミンB群の一種であり、赤血球の生産効率を補助して造血作用をもたらしてくれるビタミンです。

新しい細胞を作る必要性がある妊婦さんにとって必須の栄養素と言えます。

ストレスの耐性向上作用や脂肪燃焼効率アップという作用もあるので、妊婦さん以外にも摂取して貰いたい栄養素です。

 

食物繊維はなぜダイエット効果がある?おすすめサプリや食品!

ストレス太りの方の痩せ方とダイエットによるストレスの解消法!

脂肪燃焼スープのカロリーやダイエット効果は?作り方や保存法は?

 

いちごのダイエット向けレシピ3選

いちごは生のままで食べればOKですが、飽きない為にも具体的にダイエットに使えるイチゴレシピを紹介したいと思います。

①ダイエット中でも安心♡おから餅の苺大福


(https://cookpad.com/recipe/3129159)

これはイチゴをダイエットに使っている人向けのデザートレシピです。

レンジで簡単に作成できるので多くの方におすすめをいただいている一品となっております。

 

餅ダイエットの効果と食べ方やレシピ!一個のカロリーは?

ダイエット中の夕食メニュー【簡単な献立6選】

節約で簡単なダイエットレシピ【1人暮らしの一週間】21選

 

②ブルーベリー&ストロベリースムージー♥


(https://cookpad.com/recipe/3595976)

イチゴを普通に食べるのが飽きた人向けのスムージーです。

スムージーにする人はかなりいるので、スムージー関連のレシピはたくさんあります。

色々と作ってみて、自分に合っている味を探してみましょう。

 

アサイーダイエットの方法【スムージーやボウル】や効果

ダイエット中でも和菓子ならおすすめか!食べ合わせやレシピは?

ミネストローネダイエットの1週間分のレシピ!やり方や効果は?

 

③ひな祭り❀ダイエットに苺の簡単豆腐プリン


(https://cookpad.com/recipe/1342896)

こちらも普通のイチゴに飽きてしまった人向けのデザートレシピです。

ダイエットを考慮して作られているので、卵や生クリーム、そして砂糖を不使用の低カロリー料理となっております。

 

豆腐ダイエットの効果ややり方は?夜だけ?成功の口コミは?

高野豆腐ダイエットのレシピや効果は?カロリーは高い?

ゆで卵ダイエットの効果と方法!1日何個まで?

 

いちごダイエットのやり方やレシピ!糖質と効果の口コミは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はいちごダイエットについて紹介いたしました。

イチゴは健康面で有用ではありますが、それをダイエットとして使う場合にはやはり消費カロリーや1日での糖質摂取量及びカロリー摂取量を気にする必要があるでしょう。

どうしても、イチゴを主体として痩せたいという方は、カロリー計算や糖質摂取量の計算をしっかり行って、基礎代謝などを計算した後に痩せられるようにカロリーコントロールを行う必要があると思います。


Sponsored Link


コメント