イヌリンのダイエット効果や難消化性デキストリンとの比較

イヌリンを含む食品やサプリと摂取量やタイミングおよび副作用

あまり有名な成分ではなかったけれど、実はすごいダイエット効果があったとされる成分というのは時々出てくるものです。

その一つがイヌリンと呼ばれる物で難消化性デキストリン比較されその効果等を調べている人も多くいます。

そこで、今回はこのイヌリンについて紹介し、適切な摂取量の他どのようなダイエット効果が得られるのかを見ていきたいと思います。

イヌリンとは?


イヌリンとは一言で言うと多糖類であり食物繊維に分類される物質で人間の胃では消化されずに腸まで到達する珍しい成分となっております。

一応の分類として水溶性食物繊維になりますが、腸で水分を含んでゲル状になる作用はありますので、食物繊維としての効能にも期待できるでしょう。

腸内で代謝されて善玉菌の餌になる成分としても有名でありブドウ糖の生成が抑制されるようになると言うことで、肝臓の負担も小さく糖尿病患者にとって救いとなる成分ではないのかと言われ、研究が続けられております。

イヌリンのダイエット効果


イヌリンはでんぷんや砂糖と同じ糖質なので、甘みを感じることはできるのですが、先ほど記載したように消化吸収ができないため腸内にまで必ず到達し、発酵分解されるようになります。

この腸内分解の段階でほかの糖質の吸収を妨げるようになるので血糖値を上昇しにくくする作用が働き、腸内細菌であるオリゴ糖などの乳酸菌の補助効果や食物繊維としての働きも期待できるので、便秘解消などの効果も期待できるでしょう。

人間はイヌリンを消化できる消化酵素を持っていないので胃酸や唾液で消化することができず、腸にまで到達するのですが、水溶性食物繊維なのでゲル状になる性質があることからほかの食物を吸着して消化器官系を一気に通過するようになるのです。

そのため、ほかの食べ物の吸収率を低下させます

このようなことからダイエット効果があると言えます。

過食傾向にあってなかなか食べる量を減らせない方には重宝されることでしょう。

イヌリンを含む食品


イヌリンは天然の多糖類の一種で、地下茎や根に蓄えられる性質を持っております。

具体的には菊芋・チコリ・タンポポ・ニラ・ごぼうなどに含まれているようです。

特に菊芋に関してはジャガイモ・さつまいもなどが血糖値を上げるデンプン主体な食べ物であることから嫌われがちですが、実は菊芋はでんぷんが含まれていないでかわりにイヌリンが含まれている特殊な芋なので覚えておかれるといいでしょう。

イヌリンはサプリで摂るのも効果的?


イヌリンは先ほど紹介した食べ物に含まれてはいますが、その人の食生活次第ではなかなか食べないという方も出てきてしまうでしょう。

特に、ダイエット効果を発揮してもらうためにはかなりの量を摂取する必要がでてきてしまうので、できる限りサプリで補うことも考えた方がいいです。

後に摂取量なども紹介しますが、ゴボウや菊芋ではその数値に届くことはほぼありませんので、できる限りサプリの力を使うようにしましょう。

粉末パウダーのイヌリンも市販されているので、サプリがちょっと苦手という方はそちらを利用するのもいいでしょう。

イヌリンの摂取量やタイミング


イヌリンの摂取量の目安はだいたい8~14gとなっておりますので、この数値を守りましょう。


Sponsored Link


食品から摂取する方法とパウダーやサプリメントから摂取する方法がありますが、ゴボウの場合は皮ごと食べることが必要になってしまいますのでなかなか大変でしょう。

皮に近い部分に含まれているので非常に摂取しにくいところがあります。

菊芋も手に入りにくいのでやっぱり主要な方法はサプリとなってしまいます。

ダイエットにイヌリンを利用するという方は食物に吸着する作用を利用するということなので、食事の前か食事中に摂取するのが良いでしょう。

食後ではその作用が働きにくくなってしまいます。

一説には、食後すぐでもまだ間に合うとのことですが、最も大きな効果を手に入れるためには食前か食事中にしてください。

イヌリンの摂取で副作用はある?


まず言われていることは食物性の成分なので過剰摂取をしない限りは滅多に危険なことは起こらないと言うことです。

しかし、1日の摂取量である8~14gを超えてしまった場合は腹痛や下痢などの症状を引き起こす危険性もあります。

また、アレルギーが発生する危険性もありますので、アレルギー体質の方は一気に大量の摂取は避けた方がいいでしょう。

アナフィラキシーショックが発生する可能性があります。

なので、アレルギーが気になる人は1日3g程度の摂取をし続けて様子見をしましょう。

1~2週間ほど確認すれば問題はないと言えます。

その後は量を増やして対応してください。

ただし、イヌリンの摂取は栄養素の吸収効率が落ちていることと同義ですので、長期間のダイエットは避けた方がいいでしょう。

できる限り2ヶ月以内でやめるようにしてください。

難消化性デキストリンとイヌリンとの比較


そしてよく比較対象とされるのが難消化性デキストリンです。

この比較がなかなかに難しく植物性由来の多糖類なので働きもかなり似ております。

同じような作用として、整腸作用・食後の血糖値上昇抑制作用・食後の中性脂肪上昇抑制作用があるのですが、調べた限りでは難消化性デキストリンの方がこれらの3つの作用が強いらしく、特定保健用食品として認可が下りていることから様々な商品に配合されているという違いもあります。

また、デキストリンの方が作りやすく安価になっているので使い勝手はいいでしょう。

しかし、オリゴ糖を生産する作用やインシュリンの分泌抑制は難消化性デキストリンにはありませんので、純粋なダイエットという視点ではイヌリンの方が上であると考えられます。

イヌリン甘味料としての作用もありますので、甘さがほしいという人にとって使い勝手がよいという差もあるでしょう。

イヌリンは糖尿病にも効果的?


イヌリンは腎機能の測定方法である「腎クリアランス」の検査薬として利用されております。

その最大の理由が靱帯で精製されない物質であること、体内で分解されることがなく腎臓で再吸収されることもないことです。

そんなイヌリンですが、食事などで摂取すると一部は水分を含んでゲル化して食品の糖や脂質を一緒に巻き込みつつ排出されるようになるので、食後の血糖値上昇を抑える作用が働くのです。

この部分が糖尿病の予防並びに糖尿病患者にも有効であるという意見が増えております。

糖尿病によいと医師に勧められて摂取したという人は、そこから血糖値の下降が始まり、体調が整ったという意見もありますので、効果は確かにあるのでしょう。

イヌリンはインスリンの大量分泌を防ぐ性質がありますので、糖尿病患者に注目される要素は大きいと言えます。

イヌリンのダイエット効果や難消化性デキストリンとの比較のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はイヌリンのダイエット効果について色々と紹介して参りました。

イヌリンのダイエット効果は確かにあると思いますが、ほかの栄養素の吸収効率も下げてしまうという部分が気になります。

インシュリンの分泌を抑えることができるというのは非常に大きなことでありますし、糖尿病予防やダイエット効果は高いと言えるでしょう。

それでも、ほかの栄養素の効果が出にくくなってしまうと思われますので、長い期間は使わない方がいいと思われます。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)