ほうれん草ダイエットの効果や低カロリーレシピ【胡麻和え他】

ほうれん草




ほうれん草の成分やおひたしの効果!サプリメントのチラコイドとは?

ダイエットに有効に進めるためには野菜を食べることが重要ですが、ほうれん草でも効果はあるのでしょうか。

ほうれん草は低カロリーなものなのか、レシピはどのようなものがあるのか、胡麻和えのようにあっさりと作れるものが主体なのかも気になるところかもしれません。

そこで、今回はほうれん草を使ったダイエットについて考察し、効果があるのか、あるのならどのように活用すべきなのかを調べます。


Sponsored Link


ほうれん草ダイエットとは?


ほうれん草がダイエットに向いているのかどうかを判断する材料の一つが糖質の量とカロリーでしょう。

これはほうれん草を100gとして考えるとカロリーがだいたい20kcalとなって糖質はたったの0.3gとなりますので非常に低いことがわかります。

いろんな種類が存在する野菜の中でも糖質は圧倒的に低いと言えます。

ほうれん草はお店では一束だいたい200gで販売しておりますので、全部食べたとしても糖質はたったの0.6gとなります。

カロリーは平均的な値になっていますが糖質を見ると圧倒的に低い野菜となっています。

このような食材を活用して体を引き締めようというのがほうれん草ダイエットになります。

ほうれん草のダイエット効果は?


ほうれん草はダイエット効果があるのかネット上にもそのやり方についてなど色々と記載がされております。

その中には効果も解説されておりましたが、どうやらほうれん草にはダイエット効果があると言われておりますが、それは「チラコイド」と呼ばれる成分によるものとのことです。

ただし、この成分はただほうれん草を食べるだけでは摂取できることができず、抽出するといったやり方が必要になります。

しかし、取り出す場合には濾過するとか遠心分離機を使うといったどう考えても実験室がない限り不可能なので他の効果に期待するしかないでしょう。

ほうれん草にはビタミンや鉄分や食物繊維が含まれていますので、栄養価的には豊富と言えます。

糖質も少なめなので、意識してほうれん草を食べる量を増やして炭水化物を食べる量を減らせば痩せやすくなるでしょう。

カリウムによるむくみ解消効果もありますので、少なからずダイエット効果は発揮してくれます

ほうれん草の定番料理のおひたしはダイエットにおすすめ?


ほうれん草の定番の日本料理と言えばやはりおひたしでしょう。

子供のころからほうれん草のおひたしを食べたことがあるという人は日本人なら今でもたくさんいます。

結論から申し上げるとほうれん草を摂取するに当たっておひたしが好きという方にはお勧めできますが、しょう油を大量に使うような人はむしろダイエットには不向きになってしまいますので食べ方次第としか言えません。

ほうれん草には、胡麻和え・オムレツ・キッシュなどおひたし以外の食べ方もありますので、色々と使い分けられるといいでしょう。

ほうれん草ダイエットの方法


ほうれん草ダイエットは毎日ほうれん草を食事の時に100gほど摂取するだけという非常に簡単なダイエットです。

ただし条件としては、これ以上摂取してはいけないと言うことと、食べるときには生ではなく軽く茹でるか炒めることが必要ということです。

なぜなら、ほうれん草にはシュウ酸と呼ばれる摂取しすぎると腎臓結石を引き起こす恐れのある成分が含まれているので、大量摂取に関しては危険だからやめた方が良いという声が多いのです。

このシュウ酸は加熱することで消滅するという特徴がありますので、ある程度の加熱が推奨されます。

しかし、加熱のしすぎは今度はほうれん草の栄養素を殺すことになってしまいますので、痛し痒しの部分になっております。

なので、これらの注意点を守りつつ毎日100gほど摂取するという流れで続けましょう。

ほうれん草を原料としたサプリメント【チラコイド】とは?


一度今回の記事にも出てきましたが、チコライドとはほうれん草に含まれている非常に特殊な成分で満腹ホルモンの「レプチン」を分泌する作用があるので、食欲を抑えることによってダイエットがしやすくなる成分として非常に有名になりました。

しかし、ほうれん草をそのまま食べてもチラコイドは摂取できないので、ほうれん草から抽出されたチコライドをサプリメントで摂取するという方法が主流となっているのです。

実際に、このチコライドは海外ではかなり有名な成分となっており、ダイエットに活用されているという情報もありますので、ほうれん草ダイエットといいながらも実はサプリメントのチコライドを利用するという方法もありかもしれません。

ほうれん草を使った低カロリーレシピ3選

最後にほうれん草を使った低カロリーなヘルシーレシピを3種類ほど紹介いたします。

基本となる胡麻和えやスープも紹介いたしますので、参考にしてください。

①ホウレン草の胡麻和え


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1050000801/)

ほうれん草の胡麻和えです。

非常にシンプルでありながらもあらゆる家庭で作られる一品でもあります。

しかし、家庭によって味が異なりますのでそこはしょう油と砂糖の量で調節してください。

ダイエット中ならばこれらの調味料は減らした方が良いでしょう。

②サムゲタン風スープ


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1730007843/)


Sponsored Link


これはサムゲタン風のスープではありますが野菜をたっぷりと摂取できるので非常におすすめとなっております。

ただし、白米は糖質が高くなりがちなので、量には注意した方が良いでしょう。

③初めての人も安心!ビギナースムージー


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1150005252/)

ほうれん草を手軽に摂取する方法の一つがスムージーにしてしまうことです。

水の量でとろみがだいぶ変わりますので、自分の飲みやすいように調整しましょう。

ほうれん草の栄養成分や効能効果


ほうれん草の代表的な栄養素は鉄分・βカロテン・ビタミンC・マンガン・カリウムといったところでしょう。

特に有名なのが鉄分で、ほうれん草には牛レバーと同じくらいの鉄分が含まれているのです。

鉄分はご存じのように赤血球を作る材料となり不足してしまうと貧血が多く発生するようになってしまいます。

定期的に多くの血を排出される女性は貧血の症状が出やすいので役立つ食材となってくれます。

βカロテンは体内でビタミンAに必要に応じて変わる作用があり、ビタミンCと合わせて活性酸素の働きを阻害する作用があります。

体の老化防止作用は肌や血管の衰えを防いでくれるようになるので、非常に有用です。

カリウムは摂り過ぎている塩分を除外する作用があるので血圧を下げつつむくみを防止してくれますし、マンガンは骨の形成を助けてくれるのでカルシウムと一緒に摂取することで効果的に強い骨が形成できるようになります。

特に、日本人はマンガンは不足しがちなのでありがたいと言えるでしょう。

ただし、このマンガンはほうれん草の根元のピンク色の部分に存在するので捨てないようにした方がいいでしょう。

ほうれん草ダイエットの効果や低カロリーレシピ【胡麻和え他】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はほうれん草を使ったダイエットについてお伝えいたしました。

ほうれん草には特殊なダイエット効果があるというお話は聞いたことがありましたが、まさかそれがただ食べるだけでは摂取ができない成分だとは思いませんでした。

この成分については気になって調べてみたものの、「ただ食べるだけでは駄目」という意見に終息しているので、その力を借りるためにはサプリメントの活用になるでしょう。

但し、ほうれん草は低カロリー、低糖質の食材ですので、それだけでもダイエットに有効と言えると思います。


Sponsored Link


コメント