皮下脂肪の落とし方【筋トレ・食事・サプリ・マッサージなど】

腹筋や漢方薬など理想の皮下脂肪率に落とす方法

皮下脂肪はなかなか落としにくく、筋トレ食事サプリマッサージ漢方などを使っていろんな方法を試している方も多いでしょう。

そこで、今回は皮下脂肪の効果的な落とし方について細かく解説いたします。


Sponsored Link


皮下脂肪は女性・内臓脂肪は男性がつきやすい?


まずは皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて解説します。

皮下脂肪とは皮膚の下についてしまった脂肪の事で、内臓脂肪は内臓の周りについてしまった脂肪の事です。

そして、この皮下脂肪は女性につきやすく内臓脂肪は男性につきやすいと言われております。

さらに、皮下脂肪は除去するのが困難ですが内臓脂肪なら比較的簡単に除去できると言われております。

一説には貯金に例えて皮下脂肪は「定期預金」、内臓脂肪は「普通預金」と解説されている方もいます。

何故女性が皮下脂肪が多くなるのかには諸説ありますが、有力なのが以下の説です。

皮下脂肪が多ければ多いほど事故があった時の衝撃を和らげることができるので、子宮といった大事な部位を守るのに適していること。

そして皮下脂肪には保温の効果があるので冷えから守りやすくなること。

さらに、万が一の時のエネルギーを蓄えておく必要があるため役立てることができるということです。

このように説明されれば、皮下脂肪がついてしまうことに対して納得はできなくても理解はできるのではないでしょうか。

皮下脂肪率の理想は?


皮下脂肪率の理想はだいたい男性で15~19%、女性で20~25%となっております。

今では体組成計などで簡単に体脂肪率を算出できるので、どれだけ皮下脂肪がついているかも簡易的に知ることができるようになりました。

この指標よりも少なすぎても多すぎても問題になるのですが、皮下脂肪が気になるという方はほとんどの人たちが理想よりも超えている人なのではないでしょうか。

ただし、理想とする体型が体脂肪が非常に少ないムキムキな体であったり、ガリガリな体の場合は問題ない体脂肪率でも多すぎると考えて無理やり痩せようとしてしまうので、自分が理想と考える体型に無理やり近づこうとするのも危険なこともあるのです。

皮下脂肪落とす食事は?


皮下脂肪は非常に落としにくいものではありますが、根本的な考え方は変わりません。

要するに摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすといったものです。

そのため、食事にも気を使う必要が出てきます。

ベストなのが皮下脂肪をつかないように努力することなのですが、ついてしまったものはどうにかして除去するために努力する必要があるのです。

ただし、この皮下脂肪は何かあった時のエネルギーとして使われるものなので、そう簡単に減らすことはできないのです。

しかし、少しでも痩せやすくするのなら、炭水化物を減らして糖質制限(絶つということではなく)をするのが大切となるでしょう。

皮下脂肪を落とすには腹筋など筋トレ?


結論から記載します。

皮下脂肪を除去するために筋トレのみを行う人がいますが、それはほとんど無意味と言っていいでしょう

たしかに、筋肉はつくので痩せやすくはなりますし、皮下脂肪がつきにくくなるところはありますが、皮下脂肪を落とせるわけではないので、目的達成はできないでしょう。

ただし、腹筋やダンベルを使った無酸素運動を行えば成長ホルモンが分泌されるようになり有酸素運動による皮下脂肪燃焼の効率が上昇するので、有酸素運動を行う前に筋トレを行うのは有効な手法と言えます。

これらの情報を理解していないと、皮下脂肪が気になるから痩せようと必死に筋トレを実行してほとんど効果を得られないといった状態になってしまいます。


Sponsored Link


皮下脂肪を落とすにはサプリが効果的?


皮下脂肪を落としやすくなるとか内臓脂肪を落としやすくなるという名目でサプリメントが大量に商品化されておりますが、個人的にはいま一つ効果のほどが分かっていません。

これだけ使えば特に努力の必要なく脂肪を減らせると書かれているものもありますが、ダイエットの原則から考えると、これはちょっと行き過ぎているように思います。

ただし、全く価値が無いというわけではなく内臓脂肪や皮下脂肪を燃やしやすい状況を作ってくれるサポートアイテムとしては有用なので、食事制限を行って有酸素運動を実行し、さらにサプリメントを使って体質を痩せやすいものに変えるといった方法は有効と言えるのではないでしょうか。

インターネット界隈ではこれらの商品が効果があるか無いかでずっともめているので、安易にサプリメントだけに頼るのは個人的におすすめできないと考えています。

漢方薬など薬で皮下脂肪を落とせる?


漢方にもものすごい種類があり中には脂肪を減らす作用があると言われているものもあります。

その代表的なものが防風通聖散ではないでしょうか。

これはCMにもちょくちょく出ているので名前だけでも聞いたことがある人も多いはずです。

実際に、この防風通聖散は効能として、発汗作用・利尿作用・便秘解消・脂肪分解速度上昇などがあり、肥満やメタボの人たちに役立つものとして売られておりますが、こちらもサプリメントと同じく賛否両論となっているようです。

確かに、成分を細かく調べてみると食欲を増進するホルモンの分泌を抑えることもできそうなので、ダイエットにもつながりそうですが、これのみに頼らないである程度運動を組み合わせるようにした方が良いでしょう。

皮下脂肪を落とすにはマッサージが効果的?


マッサージが特に必要な方は血行不良が発生している人です。

具体的には夏場なのにスパッツやストッキングないと足元が寒いと感じるような方でしょう。

そのような方は血液がうまく循環していないのではっきり申し上げて痩せにくい体となっております。

そのような方に有効な手法がマッサージで血行不良を改善する方法です。

1日10分あれば十分なマッサージになるのでできれば毎日行うと良いかと思います。

それ以上は手が疲れてやる気がそがれるので自重したほうがいいでしょう。

ただし、血行が良くなるだけであってマッサージをしたから痩せると言ったわけではありません。

落としやすくなるのです。

そのため、マッサージを毎日行いつつ有酸素運動を毎日行って皮下脂肪を燃焼させるようにしてください。

そして日々の生活習慣を整え、ストレスをうまくコントロールして、根本的な血流改善をはかり、最終的にはマッサージをしなくても良い体になっていくのが理想かと思います。

皮下脂肪の最も良い落とし方は有酸素運動?


皮下脂肪を除去するために必須となるのが有酸素運動です。

この有酸素運動が無ければおそらく落とせないでしょう。

ただし、皮下脂肪の燃焼にたどり着くまでの工程はかなり遠く、ある程度しっかり有酸素運動を行う必要があります。

具体的には使用されるエネルギーの順序は食べ物のエネルギー→筋肉のエネルギー→内臓脂肪→皮下脂肪といった流れになるのである程度テコ入れを行わないと皮下脂肪を燃やすのが困難になります。

そこで大切になるのが、筋肉を減らさないためのタンパク質を摂取することと、成長ホルモンを分泌させるために筋トレを有酸素運動前に行うことです。

そうすれば、エネルギー消費効率が上昇するので、皮下脂肪を燃やしやすくなります

皮下脂肪の落とし方【筋トレ・食事・サプリ・マッサージなど】まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は皮下脂肪の落とし方について細かく解説いたしました。

皮下脂肪を落とすためには色々な方法がありますが、最も有効な方法は食事制限と有酸素運動です。

その効率を上昇させるために、筋トレやサプリ、そしてマッサージといったものがあるため効率上昇のために有効活用してください。

皮下脂肪は一回つくとそう簡単には落とせないので本来なら余分につかないようにするのがベストなのですが、ついてしまったのならそれ相応の努力が必要になってきます。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)