ごぼう茶ダイエットの方法【いつ飲む・1日何杯?】と口コミ

飲み物

ごぼう茶の効能やダイエット効果と口コミ!副作用は?

日本人にもたしなまれているお茶ですが、色々と種類がありそれぞれの種類ごとに効果効能が異なります。

その中でもごぼう茶はダイエット方法の一つとして注目されており、いつ飲むのか1日何杯なのか、口コミはどうなっているのかなどの情報収集をしている人も多いようです。

そこで、今回はダイエット効果が高いと言われているごぼう茶の情報をひたすら集めて公開して参ります。


Sponsored Link


ごぼう茶ダイエットの方法は?1日にいつ何杯飲む?


これはいくつかダイエット系のサイトで確認してみましたが、特に指定されたタイミングはなさそうです。

多くの方が「好きなタイミングでごぼう茶を飲む」と解説しています。

ただし、空腹時に飲むことで吸収率を上げることが重要なので朝起きたときに1杯飲むとか夕食前に飲むというのが有効という意見もあります。

カフェインが入っていないので温めて寝る前に飲むのもいいでしょう。

ただし、自分でごぼう茶を作る場合は先ほども解説したように成分が抜けないようにする工夫が必要です。

あく抜きは避けましょう。

ごぼう茶として飲んで残ったごぼうにもきんぴらにして食べるといった配慮が有効になります。

また、ごぼう茶の量についてはいろんな意見がありますが、中毒性のあるカフェインが含まれているわけではないので制限はほとんどないようです。

ただし、1杯だけでも食物繊維による便秘解消効果が強く出ることもありますので、1日2杯程度に抑えた方が良いでしょう。

飲み過ぎると利尿作用も強く働き過ぎる恐れがありますので、この量を守った方が良いと思われます。

痩せた口コミはある?


ごぼう茶を使ったダイエットの口コミはネットで検索するよりもSNSを探すか、ごぼう茶の商品のレビューを見て判断する方が良いでしょう。

ネット上で口コミを探しても直接的にはあまり見つからないので別の切り口が必要になります。

具体的に参考になるのは「国産手作りごぼう茶2.5g×50包」といった商品になります。

こちらはレビューが50件以上ついていますが、その中には「友人が12kg体重が減った」とか「便秘解消効果がある」といった記載が確かにありますので、効果を実感している人も多いのでしょう。

ごぼう茶は結構購入している人も多いので、大手の通販サイトの商品レビューを見ることで十分情報を入手することが出来ます。

ごぼう茶の効果効能は?


ごぼう茶の効果効能は便秘解消・むくみ防止・老化防止・美肌作用・冷え性緩和といったものがもっとも強力なものとなっております。

便秘解消はごぼうの成分や効果を知っている方ならばある程度推察出来るでしょうが、ごぼうはかなり食物繊維が豊富で腸の働きを活発にするオリゴ糖も多く含まれているので悪玉菌を減らす作用も強いです。

むくみ防止には水溶性ムコ多糖類であるイヌリンが含まれており、これが作用しております。

このイヌリンは利尿作用を高めて体内に溜まった不要な老廃物を除去してくれるようになるので、こちらも有用な成分です。

また、ポリフェノールの一種であるサポニンの力で体の老化防止作用をもたらしてくれますし、血液をさらさらにして手足の冷えを取り除く作用もありますので健康目的で摂取される方もいます。

あとは、ごぼう茶に含まれるタンニンの皮脂腺を引き締める効果や毛穴を引き締める効果によって美肌が作りやすくなるのも良いでしょう。

ダイエット効果は?


ごぼう茶のダイエット効果は血液をさらさらにする作用によって代謝効率を上昇させる作用や、便秘解消効果やむくみ解消効果でしょう。

腸内環境を整えて体の中からスッキリさせてくれるので、基礎代謝も上がりやすくなります。

抗酸化作用も強くアンチエイジング効果もありますので、綺麗に痩せたいという方には最適でしょう。


Sponsored Link


毛穴が引き締まる美肌効果もありますので、女性にとってはかなり強力なダイエット飲料となります。

ただし、注意点がいくつかあり天日干しやフライパンでの加熱、そしてあく抜きなどをやると有用成分が一気に抜け落ちてしまうのでごぼう茶の効果が薄れます。

その部分を考慮しつつごぼう茶を作る必要があるのです。

副作用はある?


ごぼう茶を飲んでの副作用は大量にごぼう茶を飲んでしまったときに出てきてしまうようです。

具体的には胃痛・下痢・眠気・口の渇きといったものがあります。

もちろん、朝と夜の一杯程度ではこのような副作用はほとんど出ないようですので気にする必要はないでしょう。

ただし、胃腸がとっても弱いという方は空腹時にごぼう茶を飲むことで胃痛になってしまったという報告がいくつかありますので、栄養吸収効率が良い朝起きてすぐとか夕飯の前に摂取して胃痛を感じてしまったという方はタイミングをずらした方が良いでしょう。

ごぼう茶は南雲先生がすすめている?


ごぼう茶を勧めた第一人者といえば南雲先生でしょう。

実際に「ごぼう茶 南雲先生」と検索すれば関連したワードがものすごい数ヒットします。

この先生は医師で乳腺専門医をしております。

南雲先生が実は実年齢よりも老けてみられていたことや太っちょの体型をどうにかしたくて独自の健康法とごぼう茶を取り入れることで15kgほどのダイエットに成功したことが始まりのようです。

実際に、南雲先生がごぼう茶について描かれている書物も存在しているので、そちらから確認することも出来るでしょう。

その本の中には若返りダイエットとごぼう茶を使ったダイエット方法を推奨しているものもありますので、まさに第一人者と言えます。

作り方は?


ごぼう茶の作り方の基本的な方法は以下のとおりです。

スーパーで鮮度が良い泥付きのごぼうを買ってくる→水にさらさないで泥を良く洗い、ささがきにする→ささがきごぼうを電子レンジで軽く乾燥するまで温めるor半日ほど天日干しにする→フライパンで軽く焦げるまで10分程度空煎りする→容器に詰めて密封保存する→煎じて飲む

このような流れになっています。

ただし、天日干しにするとそれだけ栄養価が抜けるからやめた方が良いという意見もありますので、その過程を飛ばしている方もいます。

温かいごぼう茶を飲みたいという方はポットとカップに熱湯を入れて温めるといった方法をとりましょう。

ポットが暖まったのならばお湯を捨ててサイドお湯を入れてごぼう茶を作りましょう。

柔らかい葉っぱの場合は3分程度で良いですが、ごぼうなので硬く抽出時間も延びます。

5分程度は抽出してください。

その後はポットの中をスプーンで混ぜてお茶の濃度を均等にして飲むようにしましょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はごぼう茶ダイエットについて調べお伝えいたしました。

ごぼう茶はダイエット目的の方以外にもかなり飲まれています。

実際に商品のレビューを見ると便秘解消効果を狙っている方が飲んでいる傾向が強く、実際にその効果を実感して高評価をつけていました。

ただし、効果が強すぎるという意見もちらほらありましたので、ひどい便秘や胃痛を感じてしまったという方は飲み方を変えるか飲むのをやめた方が良いでしょう。

元々胃腸が弱く、下痢気味という方には特に注意です。

男性は下痢気味の人が多く女性は便秘気味の人が多いので、男性はこのごぼう茶は合わないかもしれません。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました