フルーツダイエットの方法や痩せた口コミ!夜が効果的?

朝食も昼も夜も1週間果物だけ食べるのもOK?

フルーツダイエット中でも食べられることが多い栄養素たっぷりの食品です。

では実際にどのような方法で用いることが最大限の効果につながるのでしょうか。

実際に痩せたという口コミはあるのか?とか、といったタイミングはどうすればいいのかなど気になる部分が多々あるかと思います。

そこで、今回はフルーツを使ったダイエットについてできる限り詳しく紹介したいと思います。


Sponsored Link


フルーツの栄養と効能


現代日本においても多くの方々に愛用されている食材がフルーツです。

特にフルーツからの栄養の摂取で有用視されているのがビタミン群になるでしょう。

特に有名なのがビタミンCでこれは水に溶けやすい水溶性ビタミンであり免疫機能の維持・強化を行いコラーゲンの生成効率を早めてくれます。

活性酸素を除去する作用もあるので老化防止にも有効なのです。

ビタミンCが含まれているフルーツは、イチゴ・柿・キウイ・みかん・レモン・リンゴなど様々なものがございます。

また、リンゴのようにクエン酸や、ビタミンB1やB6、そしてペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれているものも存在し、疲労回復効果や腸内環境を整える作用も期待できるものもあるのです。

フルーツにありがちな独特の酸味はクエン酸からきているものが多く、このクエン酸はカルシウムとビタミンCの吸収を促進してくれるので、体に良いものといえるのです。

フルーツダイエットとは?方法は?


フルーツは糖質があることから太る原因になりダイエットには向かないという見解もありますが、ある程度食べる量を厳選しタイミングを見計らえばダイエットにも用いられるという見解が増えております。

その一つがネット上でも提唱されているフルーツダイエット法で、これは1日3食のうち1食をフルーツに置き換えることによって摂取カロリーを減らして体重を落とすというやり方になります。

やり方としては比較的水分が豊富で食物繊維が多い果物を選ぶことです。

量に関しては諸説ありますが、あくまでダイエットということを考えて、選ぶといいでしょう。

リンゴダイエットの場合、リンゴのカロリーは1個で150kcal程度なので1個を1食に置き換えても十分に効果が期待できます。

1日に必要になるカロリーはほとんど動かない女性ならば1700kcal程度で、男性ならば2300程度です。

摂取カロリーの推奨バランスは3:4:3なので女性の方でも1食200kcal以下に抑えれば十分に効果的といえるでしょう。

フルーツダイエットの効果


フルーツダイエットはどの種類の果物を摂取するのかで変わってきますが、ある程度似たような効果を得ることは出来るでしょう。

例えば、果物は甘みがあるが実はGI値が低いものが多く、糖質の吸収が緩やかで血糖値の上昇が少ないという特徴があるのです。

そのことにより、ダイエット特有の甘いものを異常に欲する状態になりにくいので続けやすいという効果があります。

また、フルーツは食物酵素が豊富に含まれているので、体内には存在するが限りがある酵素の数を無駄に消費しないで済むという効果があります。

体内の酵素には食べ物の消化や吸収を効率的に行う消化酵素とエネルギーを生み出す基礎代謝と新陳代謝の効率を上げる代謝酵素が存在し、酵素消費量が減れば減るほど代謝酵素が増えて代謝効率が増えるといわれているのです。

それ故、フルーツにはダイエット効果があると言えるわけです。

また、ビタミン類が多く含まれていることから抗酸化作用が強い食品が多いのがフルーツで、アンチエイジング狙いの多くの方が摂取しております。

より効果的なのは朝食か昼か夜か?


これは非常に議論になっている部分であり、まだまだ解決していない部分でもあります。


Sponsored Link


ただし、一般論的なフルーツダイエットは朝食を水と果物に置き換えるものとなっているので、前例者に倣うことをよしとするのならば朝食を置き換えるのがいいでしょう。

食べる果物は1種類か多くて3種類までで、栄養価がピークになる旬の果物に厳選しましょう。

ただし、普段から朝食を全くとっていないという方は昼食か夕食を置き換えることになるでしょう。

フルーツダイエットは排泄をスムーズにすることも狙いの一つなので、午前中にできるだけ果物を食べたほうがいいのです。

ただし、夕食の摂取量があまりにも多すぎるという方は夕食を置き換えたほうが効果が出やすくなります。

勿論、1日の栄養バランスはしっかりと考えねばなりません。

フルーツダイエットにおすすめの果物は?


フルーツダイエットにおすすめの果物は非常に多岐にわたります。

例えば、ミカンやオレンジはビタミンCやビタミンB群、そしてクエン酸が補給できるので、健康面でも大きなメリットを発揮してくれるでしょう。

パイナップルの場合は消化酵素の一つであるブロメリンというタンパク質分解酵素が含まれているので、筋トレの効果が発揮しやすくなり、体を鍛えながら痩せる人にとって理想的な果物となってくれます。

バナナを用いるのもいいでしょう、バナナは果物の中でもとりわけ栄養価が高く食物繊維・ミネラル・ビタミン・脂質・糖質などをまとめて摂取できます。

満腹感もかなり強いのでダイエット中には多くの方々が用いている果物の一つです。

フルーツダイエットで痩せた口コミは?


フルーツダイエットの口コミは実行者がかなりいるのでそれなりにそろっております。

全体的な評価を見た限り、痩せていくペースはそこまで早くはないものの成功率は高めでありお手軽という総評におさまっているようです。

ただし、選ぶ果物によって予算がかかるのでかかる費用に関しては愚痴をこぼしている人もいました。

成功者はそれなりにいるので、1週間で2kg痩せることに成功したといった体重低下報告ももちろんあり、苦痛なく続けることができるという評価もありました。

しかし、フルーツは好きなので続けやすいが効果が出にくくなかなか便秘解消にならないとして低評価を付けている人もいたので、頑固な便秘の場合はフルーツだけでは対応できないのかもしれません。

1週間果物だけ食べるのもOK?


インターネットがここまで普及する前の時代、だいたい1990年の前半ぐらいには3食すべてリンゴにするダイエットのようなかなり極端なものもありました。

しかし、現代医学における知識が深まったことでほとんどの方がこのダイエットには否定的となり、実行しないほうがいいという意見でまとまっております。

数年果物だけしか口にしていないけど健康に過ごしているという方を耳にしたことはありますが、基本的な考え方としては1週間果物だけを食べるのは種類を分けたとしてもやめたほうがいいでしょう。

果物では摂取できない栄養素がたくさんありますので。

フルーツのデメリット


果物のデメリットはシンプルで、種類によっては非常に高いということです。

もちろん、安いものもいっぱい存在しておりますが、毎日ダイエットで食べるとなった場合それなりの数を用意する必要があるので、倹約家の方から見ると食費の上がり方が気になって仕方ないでしょう。

また、果物は旬なものを選ぶのがこのダイエットの基本ではありますが、アボカドやすいか、そしてマンゴーといった果物の一部は高カロリーなので太ってしまうのではないのかという指摘もあります。

フルーツダイエットの方法や痩せた口コミ!夜が効果的?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はフルーツダイエットについてお伝えいたしました。

フルーツダイエットは簡単に実行できるものではありますが、体重の減少は緩やかなものなので、本格的にもっと早く痩せたいという方は出来る限り体を動かしたほうがいいでしょう。

特に、クエン酸による体力回復効果も得られるので、体を動かすこととは相性がいいのです。

ぜひともその作用を利用していただきたいと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)