枝豆はダイエットにいい?やり方や効果・痩せた口コミを紹介!

枝豆のカロリーと摂取量などダイエット方法【食べ過ぎ注意?】

お酒のお伴として非常に有用な枝豆ですが、この食材を活用してやり方次第ではダイエットにも効果的ということで実際に痩せた口コミもあるようです。

確かに枝豆カロリーが低そうで効果があるかも?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、今回はこの枝豆ダイエットについて掘り下げていきたいと思います。


Sponsored Link


枝豆ダイエットのやり方は?


お酒のおつまみとして重宝されている枝豆ですが、実はダイエットにも有効なのです。

そのやり方は置き換えダイエットのようにすべてを枝豆にするのではなく、食事に枝豆を取り入れることで、結果的におかずの量を減らすことができるようになるので痩せることができるというのが基本の手法なのです。

また、高カロリーの白米やお肉の代わりに枝豆を摂取することで痩せるというやり方もありますので、すべてを置き換えるのではなく一部を置き換える方法も存在しております。

間食が多い人の場合は間食に食べるお菓子を枝豆にすることも推奨されております。

枝豆はスーパー以外にもコンビニで手軽に購入できるため非常に簡単に実行できるのがポイントとなっており、空腹によるストレスもないということで比較的簡単なダイエットに分類されております。

ただし、たくさん枝豆を摂取してよいというわけではなく、一般的な食事量に抑えることも大切なので、食べ過ぎにも注意してください。

枝豆はダイエットにいい理由とのその効果は?


枝豆は低カロリーでタンパク質が豊富な食材です。

基本的にダイエットをしている人はタンパク質が不足している方が多く、体重の減少に成功していたとしても筋肉量が減っていることでダイエットに成功していたと感じてしまう方もいるのです。

ダイエットにおいて最も危険なこととして、タンパク質が不足することで

①必要な筋肉量まで低下させてしまうことで日常生活にまで支障が出るようになる

②基礎代謝が低下することで痩せにくい体になってしまう

というものがあります。

このようなことを枝豆によるタンパク質の摂取で避けられるようになるのは大きいことではないでしょうか。

また、枝豆にはカリウムが含まれているので、塩分摂取量が多くなりがちな現代人にとっても塩分排泄の貴重な栄養補給に繋がります。

カリウムを摂取することでナトリウムとのバランスが保たれるようになり、浸透圧によるむくみが発生(塩分過多だと水分が体内に滞留しやすくなる)しにくくなるので、むくみ解消に繋がる人もいるでしょう。

そして枝豆は大豆が熟成したものとなっているので、枝豆を摂取することは体に必要な栄養素であるビタミンB群やイソフラボンの摂取ができ、大豆サポニンによる内臓脂肪減少作用も期待できるでしょう。

このようにダイエットをしたい方向けのプラス作用が豊富に含まれているのが枝豆となっているので、推奨している人もたくさんいるのです。

枝豆の適切な摂取量は?食べ過ぎると太る?


枝豆を食べて太ってしまったという声もありますが、その最大の理由は食べやすさではないでしょうか。

枝豆は確かに健康面でプラスになる作用が大きいのですが、非常に食べやすいのでついつい食べ過ぎてしまう方もいます

そのように食べ過ぎてしまうな人は太ってしまう確率が高まるでしょう。

そのため、1日の摂取量は100g程度に抑えるようにしてください。

あくまで参考値ではありますが、食べ過ぎると食物繊維の過剰摂取に繋がってしまい下痢になってしまうことがあるので、そういう点からも避けましょう。

食べ過ぎると太るという話もあるわけですが、それよりも食べ過ぎることでお腹を壊す確率の方が高いと思いますので、食べ過ぎには十分注意してください。

3食のうち1食をすべて枝豆に切り替えるやり方もありますが、食事後のカロリー消費が少ない夕飯に実行する方は高確率で痩せるでしょう。


Sponsored Link


そのような人であったとしても100gは守りましょう。

加えて健康の為に1日を通しての栄養バランスはしっかり整うようにしましょう

枝豆のカロリーや栄養・効能は?


枝豆のカロリーはだいたい100gで140kcalとなっており、非常に低カロリーです。

そして枝豆に含まれているビタミンB1は糖質をエネルギーに効率よく変換する力があるので、夏バテ防止にも役立つ栄養素となっております。

オルニチンにも新陳代謝を活発化させる作用があり、疲労物質の蓄積を防いでくれるので、体力回復には一役買ってくれるでしょう。

仕事が辛くて体が疲れているという方には、枝豆が有効ということになります。

また、食物繊維が豊富に含まれていることから、便秘の解消や腸内の有害物質除去作用にも期待ができますので、便秘に悩まされている人にとって最適な食べ物となるでしょう。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるので更年期障害といったホルモン異常によるトラブル症状を抑える作用にも期待できます。

それ以外にも、マグネシウムやカリウムが含まれていることからむくみ解消に繋がり、高血圧に悩まされている人にも推奨できるものとなっているのです。

特にお酒が好きな人にとってはオルニチンの肝機能の強化やメチオニンのアルコール分解促進作用が効果的に働いてくれます。

二日酔いが怖い方にも最適な食べ物なのです。

枝豆ダイエットの痩せた口コミは?


ツイッターなどのSNSの口コミを見てみると、痩せたという報告はそこそこ見受けられます

ただし、毎日食べるのが辛いという人は途中であきらめている人が多くいます。

しかし、実行者がそこまで多くは無いのか糖質制限ダイエットといった有名なダイエットと比べるといま一つ盛り上がりには欠けるようです。

枝豆を使って痩せたという報告はちらほら記載されていますが、失敗報告のまとめがすくないので、日本における実行者自体が少ないのだと思われます。

このダイエットは非常に簡単ではありますが、より効果的に行いたいのなら有酸素運動をセットにするのが有効となっているので、最初から枝豆にだけ頼るのではなく運動を視野に入れている人のほうが成功率は上がるでしょう。

枝豆の茹で時間は?


枝豆の茹で時間はだいたい3分から5分といったところでしょうか。

この茹で時間については諸説ありますが、硬さが残る程度にしたほうが良いと解説する人が多いので4分以内にしたほうがいいかもしれません。

また、枝豆は収穫してから生の状態で置いておくと時間とともに栄養分や味が低下する食材なのですぐに食べない人の場合、放置することは厳禁です。

そのため長期保存する場合は必ずかた茹でして冷凍するようにしてください。

冷凍したものを食べる時は電子レンジで温めるかお湯をくぐらせるようにしましょう。

ただし、茹でた枝豆でも賞味期限は無限ではないのでご注意を!

一度に食べきれないのなら氷に入れて水気をとって冷凍庫に入れれば1ヶ月程度は持ちますが、冷蔵庫保存では3日もてば良い方なので、たくさん購入してしまった人はしっかりと冷凍保管した方が良いでしょう。

枝豆はダイエットにいい?やり方や効果・痩せた口コミを紹介!まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は枝豆を使ったダイエット方法について解説してまいりました。

このダイエットは芸能人が実行したことからちょっとは有名になったダイエットなのですが、それでもまだ実行した人は少ないと思われます。

SNSなどを見るとちらほらと見かけますが、それでもまだまだといったところでしょう。

枝豆の力は本物だと思いますが、ダイエット目的で毎日黙々と食べ続けるのはかなりきついと思いますので、続けたいという方はアレンジ方法をいくつかマスターする必要があると思われます。

これらの食品系のダイエットは食材の特性を生かすのが大切ではありますが、ひたすら続けるのは辛いのでアレンジする方法が必須となるのです。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)