ダンベルダイエットのやり方は?効果的な重さやメニューは?

男性女性ともに効果的?ダンベルダイエット成功の方法

筋トレの基本道具としてよく使用されるダンベルですが、このダンベルを使ったトレーニングのやり方メニューを理解することで、ダイエットにも効果的なものとなるのです。

しかし、どのくらいの重さが適当なのかや使い方についてご存じない方も多いでしょう。

そこで、今回は、ダンベルを使ったダイエットやり方について解説します。


Sponsored Link


ダンベルダイエットとは?やり方は?


ダンベルダイエットとは文字通り筋トレによく使われるダンベルを利用したダイエットです。

ダンベルを効果的に使うことで普段なかなか鍛えられない二の腕や太ももといった部分も鍛えられるので、部分痩せダイエット狙いの方もよく利用されているでしょう。

ただし、局所的な部位を痩せること狙いではなく全体的に痩せることが目的の場合はやり方も工夫する必要があります。

基本的にダンベルを使った筋トレは多くの方に知られているひとつの関節の動きに集中している「単関節種目」と、複数の関節を動かし全身運動に近いものもある「複合種目」というものがあるので、体重減少を目的とするなら、複合種目を主体に行うと良いでしょう。

代表的なトレーニングはベンチプレス・スクワット・デッドリフトになります。

これらのトレーニングは幅広い部位の筋肉を鍛えることができるので全身の筋力量アップにちょうど良いのです。

筋力アップすることで代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなりますので、ダイエット効果が高まります

ただし、脂肪を燃焼するのは筋トレよりも有酸素運動になるので、有酸素運動と組み合わせることで体全体のダイエットを効果的に行えるようになるでしょう。

ダンベルダイエットは男性女性ともにできる?


ダンベルダイエットは実行できるかどうかのみで考えた場合、男女関係なく実行することができるでしょう。

しかし、過酷なトレーニングを行ってしまうことで筋肉が付きすぎる可能性があるので、女性は注意したほうがいいかもしれません。

女性ホルモンが優位な女性はそう簡単にムキムキにはなりませんが男性ホルモンが優位になっている女性は要注意になります。

ただし、筋肉量が男女では大きな差があるので、同じやり方をするのは得策ではありません。

そのため、負荷選びの基準となる重さは女性の方は軽めのものからスタートしたほうがいいでしょう。

最近ではダンベルの形をした容器に水を入れるタイプのものも売っているので、自分にとってちょうどいい負荷が解らないという方は重さを調整できるものを購入し、色々と調整しながらチャレンジされることがおすすめです。

ダンベルの重さは?


ダンベルダイエットは負荷が重ければ重いほど効果的ではありますが、筋力量が少ない人が高負荷のものを選ぶと怪我のもとになります。

そのため、はっきりと何キロが良いという言明はできません

実際にそれぞれの紹介サイトを確認してみると0.5キロでもなれていない人ならOKという人や、最低でも7キロは必要で10キロがあればベストと答える人もいるので意見が見事にバラバラなのです。

個人的には重すぎると怪我のもとになりますし、続けるのも億劫になってしまうので、慣れないうちは2キロ程度で我慢したほうが良いと思います。

ある程度トレーニングを続けて高負荷でも問題ないと感じたのなら重いものにシフトしていきましょう。

つまりその人その人で徐々に重量を増やしていくことで、安全に効果的にトレーニングが行えるでしょう。

ダンベルダイエットの効果は?お腹周りもOK?


ダンベルダイエットの効果は通常の有酸素運動よりも圧倒的に筋肉を鍛えられる割合が高いということでしょう。

高負荷のものを用いてトレーニングを行えば、それだけ強力な無酸素運動となるということです。

特に、複合種目といったものを実行すれば複数個所を同時に鍛えることができます。

また、二の腕といった部位を局所的に鍛えることで、普段全く鍛えられずに贅肉になった部分を改善することだってできます。


Sponsored Link


お腹周りが気になっている人もダンベルを使ったトレーニングとしてはサイドベンド(片手にダンベルを持って「状態を左右に倒す」)やダンベルを胸元で抱えての腹筋などがあるので、そのトレーニングを実行すればお腹回りに筋肉をつけることが可能となります。

お腹回りの脂肪を燃焼させるには有酸素運動が必要になりますが、筋肉のついた場所は脂肪がつきにくくなるので、ダンベルでのお腹のトレーニングはお腹回りにもプラスの効果があると言えるでしょう。

そして、筋肉量が増加することで基礎代謝が上がるので、太りにくい身体にすることもできますし、自宅でも実行可能というのも良い点でしょう。

ダンベルダイエットのおすすめのメニューは?


ダンベルダイエットのおすすめメニューは複合種目なのでベンチプレス・スクワット・デッドリフトといったところになります。

まずはこれらのトレーニングを取り入れましょう。

ベンチプレスはおそらく何となくでもやり方を理解している人が多いトレーニングではないでしょうか。

ベンチに仰向けになって、ダンベルを持った腕を下から上に持ち上げるといったものですね。

次にスクワットは通常の状態でやるのも効果的ではありますが、ダンベルを持って行うことで太もも・お尻・腹筋・背筋などの筋肉をより効果的に鍛えることができますし、消費カロリーが高いので基礎代謝が向上しやすいのです。

次にデッドリフトは知名度は低いですが、僧帽筋・広背筋・ハムストリングス・大殿筋・脊柱起立筋などの筋肉をバランスよく鍛えられるので背筋狙いの方にも非常にうれしいトレーニングとなっております。

それ以外にも単関節種目のような体の部位を重点的に鍛えるものもあるので、気になる部位があるのなら取り入れていきましょう。

ダンベルダイエット成功の口コミは?


ダンベルダイエットの口コミは数多くありますが、評判的にはまずまずといったところでしょうか。

もちろん成功者の口コミも多数ありますが、即効性があるものではなく痩せたという実感が少ない人も多いようです。

しかし、筋肉量のアップに成功している人はほとんどだったので、基礎代謝上昇に成功している人は多いのでしょう。

成功した人たちは食事制限や他の有酸素運動も取り入れている人もいたので、本格的に急いで痩せたいという方は、このダンベルダイエットにプラスして有酸素運動や食事制限を加えるといいでしょう。

先にも述べていますが、脂肪燃焼は筋トレではなく、有酸素運動になりますので、しっかりダイエットを成功させたい方は有酸素運動を行いましょう。

ダンベルのトレーンングを続けることで間違いなく筋力量がアップして基礎代謝は上がりますので、後は有酸素運動で消費カロリーを増やし、食事で摂取カロリーをいくらか落として痩せやすい状況を作ってください。

ダンベルダイエットはリバウンドしにくい?


ダンベルダイエットは痩せるために長い期間を用意する必要があります。

基礎代謝向上が主体のダイエットなので、体重減少効果が出るまで時間がかかるのです。

おそらく半年で3キロぐらい痩せればいい方なのではないでしょうか。

しかし、このダイエットの本質は筋力量をアップして代謝を向上させることなので、殆どリバウンドが無いことでしょう。

そのため、非常に健康的に痩せることが可能となっております。

これに、無理な食事制限が加わってしまうとリバウンドをする確率が上昇しますが、間食を減らすや腹八分目といった食事コントロールの場合は無茶をしているわけではないため、リバウンドをすることはほとんどありません。

もし、有酸素運動も一緒に行っているのならもっと効率よく痩せていくでしょうが、消費カロリーを増やすことを基本においたダイエットはリバウンドをすることが少ないのです。

しかし、運動を一切しなくなって、筋肉が減って脂肪が増えてしまった場合は、体重が変わらなくても見た目が変化する可能性があるということは覚えておきましょう。

ダンベルダイエットのやり方は?効果的な重さやメニューは?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダンベルを使ったダイエットについて考察してまいりました。

ダイエットの主体は有酸素運動であるという説は多くの方々に受け入れられ、様々な人たちに肯定されてきたのでダンベルといった筋トレはあまり興味を持たれていませんでしたが、最近ではその考え方も改められて、無酸素運動も有効に行えばダイエットが効果的に行えるという考え方が浸透しつつあります。

本格的に痩せたいと考えている方はダンベルを使ったトレーニング+有酸素運動の組み合わせを取り入られると良いと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)