ダイエット中の焼肉の食べ方【食事前後や部位】と翌日の心得

ハラミやホルモン?ダイエット中におすすめの焼肉メニューやサプリの活用

ダイエットにおいて避けるべきと言われているのが高カロリーかつ脂肪がつきやすい食べ物です。

その筆頭が焼肉と言われておりましたが、食べ方食事前食事後の工夫、そして翌日の過ごし方や食べる部位選びを厳選すれば食べられないことはないと話題になっているのです。

そこで、今回はダイエット中の焼き肉食べ方について触れてみたいと思います。


Sponsored Link


ダイエット中の焼肉における食事前の心得


ダイエット中の焼き肉は基本的に避けるべきという考え方が通っており、その考えに筆者も当然だと思っております。

タンパク質の摂取に向いているという意見もありますが、ついつい食べ過ぎてしまいますし、ご飯が進むことで太る可能性がふくらむからです。

そのため、ダイエットをしている人が焼肉を食べる場合、ある程度の予備知識を持って食して下さい。

まず、必須となるのが食べる順番です。

必ず最初にスープやキムチそして野菜を注文してできる限りたくさん食べてください

特に、キムチはヨーグルトに匹敵するほどの乳酸菌が含まれておりますので脂肪燃焼効果が期待できます。

カプサイシンも含まれているので、胃を刺激して胃液の分泌を促進し弱った胃を整えてくれるのもいい効果でしょう。

また、お肉は何をつけて食べるかで大きく味が変わりますが、ダイエット中ということを考えて、レモン汁や塩などの砂糖が少ないものを選ぶようにしましょう。

ダイエット中の焼肉でおすすめの部位は?


ダイエットのことを考えた場合は、ホルモンを食べるのがいいでしょう。

ホルモンは低カロリーで高タンパク質なので、ダイエット中にむしろおすすめして食べてもらいたい部位となっております。

それ以外におすすめなのはレバー・ハラミ・タン・センマイ・ミノ・ヒレ・ツラミなどでしょう。

基本的な考え方としては脂肪分が少なく赤身が多いものやホルモン系がおすすめとなっております。

逆に脂肪分が多いものは避けてください。

動物性タンパク質の脂肪分は代謝効率を低下させます。

具体的にはカルビ・バラ・リブロース・上タンなどでしょう。

特にカルビは頼む人が多いと思いますが、ダイエットでは良くない部位となっております。

焼肉で太らない飲み物は?


基本的にコーラやジュースなどが色々とそろっていると思いますが、全部良くありません。

成分などを調べると糖質やカロリーが少ないものもあるでしょうが、そもそもメニューに糖質や成分そしてカロリーを記載してあることが少ないので頼まないのがいいでしょう。

そのため、頼む飲み物は水・緑茶・ウーロン茶といったところでしょうか。

とりあえずお茶系を頼んでおけば問題ないでしょう。

酒類を頼みたくなる気持ちもわかりますが、お酒は糖質が多いものがたくさんあるので避けた方がいいです。

焼肉の食事後の心得


最後のシメでライスやうどんなどを頼むのは絶対にやめてください

確実に太ります。

肉を食べた後の炭水化物は消化効率が非常に悪いのでダイエットへの悪影響が強いのです。

デザートも控えましょう

焼き肉を食べるとついつい食後のアイスなどのデザートを頼んでしまいがちですし、お店側もそれを承知の上でメニューを用意してあるのですが、絶対に食べてはいけません。


Sponsored Link


ダイエット中の焼肉でのサプリメントの活用法は?


ダイエット中に焼き肉を食べることは食べ過ぎに繋がるので、成功率を下げる行為となってしまうのですが、やってしまったことは仕方がありません。

そのため、どうにかしてケアをする必要があります。

そのやり方の一つが脂肪吸収抑制系のダイエットサプリを使うことでしょう。

成分としてはガルシニア・キトサン・ファビノール・レシチンあたりが含まれているサプリメントになると思います。

ガルシニアは食欲抑制効果や脂肪燃焼効果がありコレステロール値を正常にする作用があるので、使い勝手はいいでしょう。

キトサンは蟹やエビなどの甲殻類の甲羅からとれる成分を使ってできた特殊な食物繊維で、脂肪や塩分に吸着することで体外へ除去する作用があります。

食べ過ぎたときにはうってつけでしょう。

ファビノールはでんぷんを分解してブドウ糖に変化させるアミラーゼという酵素の働きをブロックするのででんぷんの摂り過ぎによる体重増加を防ぎます。

このように、除去作用があったり一部の機能を妨害する機能があるサプリを使うことで太るのを防ぐことができるようになります。

焼肉を食べ過ぎた場合の翌日の心得


食べる順番ダイエットでいくらかは太りにくくできるでしょうが、それでもカロリー摂取量などはついついオーバーしがちになります。

人によっては食べ過ぎが発生してしまうので、胃もたれなどのダメージが出ていることでしょう。

そのため、それでもなんとかダイエットを成功させたいという方は次の日は胃腸を休ませてください

デトックスを狙いましょう。

植物性タンパク質を摂取するために豆腐や納豆を摂取するのもいいですし、ゴボウなどの野菜やキノコ類から食物繊維を摂取するのもいいでしょう。

和食を中心にしつつ野菜スープなども加えて体を温めながら胃腸を休ませてください。

焼き肉を食べればタンパク質などの摂取量は豊富になりますが、それ以外の栄養素も取り過ぎてしまう傾向にありますので、できる限りヘルシーな食事を中心の生活に次の日はしてください。

少しでも早く痩せたいという方は運動なども追加するといいでしょう。

消費カロリーを増やすことを意識して行動しましょう。

筋トレ後の焼肉は効果的?


筋トレの効果を最大限上昇させるためには、タンパク質の効率的な摂取が重要になります。

肉類はタンパク質が豊富に含まれているので、筋肉をつけたい方にはうってつけなのです。

ただし、焼き肉はカロリーがとっても高いものが多いので、カロリーの過剰摂取になる確率が高いです。

メニューは厳選してください。

具体的には高タンパク質低カロリーなものがベストですので、牛タン・ハツ・ホルモンあたりでしょうか。

上タンでは避けるべきものとなってしまいますが、タンならばカルビと比べても低カロリーですしおすすめとなります。

塩をつけても食べるとおいしいのも効果的でしょう。

タレは使わない方がいいです。

ハツもカルビより圧倒的にカロリーが少ないですし、味も良好ですので食べやすいでしょう。

ついついお米を頼みたくなってしまうかもしれませんが、ダイエットをしているならば自重してください。

ホルモンは筋トレをしている人なら是非とも摂取していただきたい低カロリー高タンパクな食材なのでしっかりと摂取しましょう。

ダイエット中の焼肉の食べ方【食事前後や部位】と翌日の心得のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダイエット中の焼き肉について色々と調べて参りました。

極論を言ってしまうと、ダイエット中は焼き肉は食べない方が良いでしょう。

食べ方を工夫すれば高タンパクな食材を使ったタンパク質補給にうってつけですが、焼き肉はひとりではなく複数人で行くと思います。

そのため、ほかの人たちは何も気にすることなくカルビなどのお肉を焼いてしっかり食べていることになります。

その様子を観察することになるのです。

ダイエット中の人がそこまでお肉が好きではないのなら問題ないですが、大好きだった場合おそらくダイエットによるストレスが異常に溜まります。

それを考えた場合は、最初から行かない方が安全だと思ってしまうのです。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)