ダイエット臭とはどんな臭い?自覚できる?原因や対策は?

ケトンなどダイエット臭の原因とサプリなど改善方法

ダイエットをするとかなり高い確率で発生していると思われるものがダイエット臭です。

ダイエット臭とはいったいどんな臭いなのでしょうか?

この臭いは自覚できるものなのかを気にする人はもちろん、原因を知り対策をしておきたいと思う人は多いでしょう。

そこで、今回はこのダイエット臭についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


ダイエット臭ってどんな臭い?


ダイエット臭であるケトン体の臭いは甘酸っぱい独特な臭いと言われております。

いろんな人たちが解説しているようですが、共通してでてくる言葉が「甘酸っぱい」とか「独特」とか「普通に生活するなら嗅いだことが無い」などで、その後ろには「不快に感じる」とか「嫌な臭い」といったマイナスイメージに繋がる言葉が必ず続きます。

当然かもしれませんが、いい匂いと説明している人は皆無です。

口臭もこのような甘酸っぱい臭いになってしまうのですが、体臭もこの臭いに変化してしまうので、ワキガと勘違いする人も多くいます。

ちなみに、無理なダイエットをしている人に発生するこの臭いとほとんど同じ臭いを発する人は、糖尿病患者の方に多いと言われております。

従いまして、無理なダイエットをしていないのに体臭や口臭が甘酸っぱい独特な臭いになってしまっているという方は念のために糖尿病の可能性がないか病院で検査を受けられると良いかもしれません。

ダイエット臭は自覚できる?


これは自覚できる人とできない人に別れているようですが、ネット上での意見を集めてみる限り自覚できない人のほうが多いでしょう。

体臭自体がなかなか気が付かないものなので、この臭いも気が付きにくいのだと思います。

ただし、体臭以外にも口臭や尿の臭いが変化するので、その部分から気が付ける可能性はあるのではないかと思います。

尿の臭いもかなり強いものとなるので、トイレに行ったときに気が付ける人もいると言われております。

とは言え、自分では気づかずに他の人に「臭い」と思われる可能性があり非常に厄介なものと言えるでしょう。

ダイエット臭の原因は?ケトンって何?


ダイエット臭は3段階あるのですが、甘酸っぱい強烈なにおいがするようになるのは最終段階です。

まず、食事制限で炭水化物が不足するようになると、中性脂肪を分解するようになるので、中性脂肪をニオイ成分でもある「脂肪酸」に分解していくようになり、完全燃焼させずに血中の脂肪酸が増えて汗や皮脂とともに体外に出るようになって、油っぽい臭いが出始めます

この段階では体臭がちょっときつくなる程度です。

さらに、基礎代謝が低下するようになるので、酸素供給量が抹消組織に届かなくなり乳酸が発生するようになるので、アンモニア臭さが強くなります

この段階で気が付く人もいるでしょう。

ここからさらに悪化すると、脂肪酸がうまく燃焼されなくなるのでケトン体というニオイ物質に合成されるようになってしまい、強烈な臭いが出るようになるのです。

基本的にミトコンドリアのTCA回路というところに入って問題なく燃焼されればこのようなトラブルは発生しないのですが、TCA回路に入って燃焼されない状態になると臭いが悪化するのです。

この燃焼効率の低下というのは体の代謝の低下に繋がりますので、臭いが悪化するという方は体の代謝がうまくいっていないサインだと思われると良いでしょう。

体が無理やりエネルギーを作り出そうとしている証拠ともいえます。

ダイエット臭の対策は?


基礎代謝が低下してエネルギーが不足しているサインがケトン臭なので、糖質制限ダイエットを行っている方は高い確率でこの臭いが発生するようになります。


Sponsored Link


効果的に痩せることができるダイエットではありますが、このデメリットが付いてくるということをご認識頂けたらと思います。

対策はシンプルで、糖質の摂取量を0ではなくある程度は摂取することです。

極端なお話をすると、糖質制限ダイエットを止めれば解決します。

それ以外では、有酸素運動を行うことで基礎代謝が上昇し、脂肪酸の発生を抑えられるようになるのでダイエット臭の発生が少なくなります

有酸素運動を行ったことで出る汗に老廃物が含まれていることも多いので、悪臭の原因となる老廃物の蓄積を防げるのだと考えられます。

また、アルカリ性の食品を摂取するのも有効です。

脂肪が酸化することでダイエット臭が悪化するようになるので、体内をアルカリ性にすることを心がけると臭いも減るでしょう。

肉類をたくさん食べると酸化しやすいので気を付けましょう。

海藻類や緑黄色野菜、そして大豆を摂るのがベストです。

ダイエット臭を消すサプリってあるの?


ダイエット臭を減らすという目的のサプリメントはいくつかあるようです。

実際にネット上で検索を行うといくつか種類が出てくるものなので、気になる方は見てみましょう。

代表的なのは「みやびの爽臭サプリ」が該当します。

臭いの改善系のサプリメントはかなり売られていますが、このようにピンポイントな「ダイエット特有の臭いをどうにかするサプリ」も売られているのは驚きと言えるのではないかと思います。

ダイエット臭が改善しない原因は?


ダイエット臭が改善しない人は食事の改善や水分補給が急務です。

特に水分を多く摂って汗や尿と一緒に流すのが効果的と言う声が多くあります。

ケトン体は酸性なので体にたまると血液が酸性に傾いてしまいます。

そうならないようにするためにも、水分補給で流しだしてしまいましょう。

この臭いが残るかどうかはどうも人によって差があるようで、ダイエットを止めて食事をある程度戻すことでほとんど無くなった人や、戻しても全くなくならない人もいます

ちなみに臭いがきつくなりすぎたので急いでダイエットをやめて糖質を摂取し始めたことで急激にリバウンドをして一気に太るといったパターンも悲しいかなあるようです。

このような絶対に避けたい結果に陥らないためにも、極端な糖質制限によるダイエットは行わないようにするのが肝要かと思います。

ダイエット臭の予防法は?


ダイエット臭をごまかすために香水などを使うのも間違いではないですが、発生させないようにダイエットを行うことを心がけた方がいいでしょう。

予防する方法は、低炭水化物ダイエットを行わないことです。

代謝機能が低下すればするほどケトン体が生まれやすくなってしまうので、有酸素運動を主体のダイエットを行うようにしましょう。

運動をする時間がないとか運動嫌いで続けられる自信がないという方は、食事制限系のダイエットを行いたくなりますが、そのような人でも糖質はそれなりに摂るようにしましょう。

ダイエットでわきが悪化する?


ちなにみに主題であるダイエット臭とワキガは別物なのですが、無理なダイエットによってワキガが悪化するとも言われております

従いまして、ワキガは勿論、体臭という点からもダイエットは適切な運動と食事のコントロールで実現することが大切なのかと思います。

ダイエット臭とはどんな臭い?自覚できる?原因や対策は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダイエット臭について紹介いたしました。

ダイエット臭が出るということは体に負担をかけすぎている証でもあるので、本来なら避けるべき症状と言えます。

確かに、低糖質ダイエットは非常に効果的ではありますが、このような大きなデメリットがあるので実行する人は臭いが悪化するかもしれないという覚悟を持つ必要があるでしょう。

あまりにも多くの方が悩んでいることから、ダイエット臭を消すサプリメントなんかも売られるようになりましたので、その力を借りるのも1つの方法かと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)