ダイエットを寝ながら!ストレッチなど運動【内ももやお腹等】

ドローイングなど寝ながらお腹や太もも・お尻などに効く運動

ダイエットをしている方はちょっとした時間でも有効に使いたいものです。

そのため、寝ながらできる運動も重宝されております。

太もも内ももお腹に効果があるストレッチ運動などは特に重要視されているのです。

そこで、今回は寝ながらできるダイエットについて解説します。


Sponsored Link


寝ながらできるふくらはぎのダイエットに効果的なストレッチは?

ふくらはぎは現代人において筋力が低下することで老廃物が溜まり、夕方になるとむくみが多発してしまう部位です。

特に、立ち仕事が多い人たちは午前中は健康的な足だったとしても、仕事が終わって帰宅するころにはパンパンになってしまうことでしょう。

そのような状況はなかなか回避することは難しいですので、1日のケアとして寝る前にでも軽くストレッチをすることが有効となります。

ここで紹介している動画は整体師の方が推奨しているふくらはぎストレッチの一例です。

他は仰向けに寝転がったまま少しだけ足を浮かせて足首を20回ほど時計回りと反時計回りに回すというのも有効になります。

左右5セットほど行えば足の血行が確実に良くなるので老廃物が溜まり難くなるでしょう。

 

ふくらはぎ痩せダイエットの方法【運動・マッサージ・筋トレなど】

足痩せ【ふともも・ふくらはぎ】ダイエットの方法は?

 

寝ながらできるドローイングダイエットの方法と効果は?

お腹を痩せさせる方法はたくさんありますが、その中でも重宝されているダイエットの一つにドローイングというものがあります。

動画ではタオル2枚を使っていますが、それを使わないでも実行できます。

ただし、慣れないうちは動画の言われた通りに実行するようにしましょう。

ゆっくり息を吐きながらおへそを背中に近づけるイメージが重要になるので、ゆっくりとした動作を心がけることが重要ですが、加えてリラックスした状態も重要なので無意識に力を入れないようにしてください。

また、胃の中に食べ物がある状態だとドローイングをしたとしてもインナーマッスルを効率よく使えないとのことなので、タイミングは考慮してください。

寝ながらのやり方を紹介してはおりますが、立ちながらでもできますので、電車通勤の移動中でも実行可能です。

 

ドローインダイエットの効果や方法は?痩せた口コミは?

インナーマッスルのダイエット効果は?腹筋や脚などの鍛え方

 

寝ながらできる内もものダイエットに効果的な運動は?

こちらは完全に寝ながらというわけではありませんが、ベッドで仰向けの状態からちょっと姿勢を整えるだけで行える運動です。

動画では見本となる先生が簡単に実行していますが、内ももに全く筋肉が無い人が実行すると、おそらく震えてしまってなかなかうまくいかないのではないでしょうか。

内ももや二の腕はふくらはぎと一緒で私生活において特殊なトレーニングを行わない限り筋肉が衰退する確率の高い部位です。

他には次の動画のような膝を90度曲げた状態でもちあげて行う方法もあります。

股関節が硬い人は膝を倒す時に痛みが感じるでしょうが、痛みを感じるのならゆっくりストレッチを行ってできるところでストップさせ、無理するのはやめてください。

 

内もも痩せダイエット法!スクワットや筋トレ・寝ながらなど

二の腕痩せダイエットの方法!エクササイズにエステなど

股関節ストレッチの効果と壁の利用などやり方は?痩せる?

 

寝ながらできる太もものダイエットに効果的な運動は?

寝ながら太ももダイエットもいくつかやり方がありますが、動画のやり方は誰でも実行できる方法なので、おすすめとなっております。

身体が硬いと多少辛いかもしれませんがそれでも最も簡単な方法なので、これだけはマスターしておきましょう。

太ももの裏をしっかりとストレッチできるやり方なので効果は高いのです。

硬い床で実行すると背骨がいたくなるので、できる限り布団やベッドの上で実行してください。

他には次の動画のような足パカ内ももストレッチのようなストレッチもあります。

これも誰でもできる簡単なストレッチなので覚えておくといいでしょう。

下半身に溜まった血液が流れやすくなりますので、むくみ解消にもなります。


Sponsored Link


 

太もも痩せダイエットの方法は?効果的なエクササイズは?

足パカってダイエット効果はあるの?痩せた口コミや方法は?

下半身ダイエットを成功させる方法!簡単な運動や器具など

 

寝ながらできるお尻のダイエットに効果的な運動は?

動画で紹介しているのはうつ伏せで寝て実行するお尻のダイエットです。

やり方はこれも簡単なのですが、つま先を綺麗に伸ばした状態で上げる時は膝を曲げないように注意してください。

20秒くらいキープするとのことなのですが、慣れている人はこの時間を延ばすようにするといいでしょう。

他には頭から足先を一直線にして横向きにして上の足は下の足に乗せるようにし、この状態から息を吐いて上の足を上げるという動作も効果的です。

これは先ほど紹介した足パカ運動を横向きにして行うとイメージしていただければわかりやすいでしょう。

膝を曲げないように注意しながらだいたいゆっくりとした速度で15回ほど行うようにしてください。

 

お尻痩せダイエットの方法【ストレッチ・エクササイズなど】

 

寝ながらできるくびれを作るのに効果的な運動は?

本格的なくびれを手に入れたいのなら、ストレッチではなく筋トレに近い運動が必要になります。

動画の運動もストレッチではなく筋トレとして紹介してあるので、ある程度の筋力が必要になるでしょう。

それでも、負荷は少ない方だと思います。

有名な方法だと、ツイスト腹筋になるでしょう。

次の動画を見てもらうと解りますが、くびれを作る方法として効果的なのは腹筋の改良型となるのです。

ある程度の筋力が付いた方は状態を起こす腹筋運動にひねりを加えて実行するようにしてみましょう。

 

腹筋ダイエットは痩せる?期待される効果やメニュー・回数は?

腹筋ローラーの有効な部位とダイエット効果!女性はくびれ?

 

寝ながらできる二の腕のダイエットに効果的な運動は?

二の腕ダイエットで効果的な方法はダンベルなどを使った本格的なトレーニングです。

ある程度の負荷があれば効果が高くなるのでおすすめできるのです。

寝ながらだと用意できる負荷は自重になるので、動画のような筋トレがベストとなるでしょう。

それでも負荷はかなり軽いので、本格的に二の腕を鍛えたい方はダンベルを使ったトレーニングを覚えたほうが効果は高いです。

それか、次の動画のようなタオルを使ったトレーニングを取り入れてもいいでしょう。

基本的に二の腕は私生活で使わない筋肉となっているので、特殊なトレーニングが必要になるのです。

 

ダンベルダイエットのやり方は?効果的な重さやメニューは?

ダイエットの筋トレで体重増加はなぜ?効果的なメニューは?

 

寝ながらできる腰回りのダイエットに効果的な運動は?

腰痛改善にも効果があるストレッチです。

腰痛もちで朝がしんどいという方に強くおすすめできます。

また、腰痛などの腰回りに効果のある体操というのはかなり色々と紹介されているので、動画サイトでもたくさん発見することができるでしょう。

動画以外の体操ではうつ伏せで寝た状態で、両ひざを90度ほど曲げ、片方の足のかかとをお尻に近づけて太ももを浮かせるぐらい曲げます。

気持ちよくなったところで息を数秒とめ、膝を軽く曲げて一気に力を抜くというものもいいでしょう。

他にはシンプルですが、仰向けになってかかとを腰から押し込むようにのばすのも有効です。

仰向けで寝ている状態でかかとを押し込むと腰のあたりが延びていきますので、気持ちいいと感じるところで5秒ほど止めましょう。

これを片方3回ずつ行います。

 

腰回りの肉を落とすダイエット方法は?筋トレ・マッザージなど

膝の上の肉をとる方法【エクササイズ・マッサージなど】と原因

 

ダイエットを寝ながら!ストレッチなど運動【内ももやお腹等】まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は寝ながら行える運動やストレッチを紹介し、ダイエットにつなげられる効果が高いものを伝えてまいりました。

基本的に寝ながら行う運動やストレッチは、カロリー消費はあまりありませんので、これだけ実行するだけで体重が減るものではありません。

あくまで普段使わない筋肉を使うようにすることで、引き締めを行ったり、酷使しすぎた部分の疲労を除去するために行うものなのです。

本格的なカロリー消費を目的とする方は、有酸素運動を別に実行するようにしてください。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)