ダイエット中の間食におすすめは?ナッツやヨーグルト?

ダイエット中に間食しない方法は?食べるならチーズやバナナ?

ダイエットにおいて食事制限は基本となっておりますが、その中でも頭を悩ませてしまうのが間食です。

我慢したくてもできないことがよくあるので、ダイエットへの影響を最小限にする食べ物を探されている方も多いでしょう。

耳にされたことがあるかもしれないナッツヨーグルトチーズバナナなどはおすすめなのでしょうか?

そこで、今回はダイエット中間食をするならばどのような食べ物がおすすめなのかについて触れていきたいと思います。


Sponsored Link


ダイエット中の間食におすすめはナッツ?


ダイエットにおける間食食品としてよく紹介されるのがナッツとなっております。

ナッツはタンパク質や食物繊維が多くなっているので血糖値が上がりづらくさらには吸収が遅いため腹持ちが良くなっているのです。

間食してしまう理由は小腹が減ってしまうところにあるので、腹持ちが良いというのは重要なのです。

また栄養素的にも、ミネラルが豊富でビタミン類も多いので、ダイエット中で栄養素不足の方はできる限り摂り入れたほうが良いと言われることもあるのです。

他には糖質が少なくコレステロールを下げる抗酸化作用もあるので、生活習慣病予防にも効果的と言われているので、健康維持の面からも推奨されることが多くなっております。

これらの効果によりナッツは確実に間食向けの食べ物と言えるでしょう。

間食にヨーグルトはOK?


ヨーグルトにもいくつか種類があり、カロリー多めのものもありますが、ダイエット向けのヨーグルトも多く100gで100カロリー以下のものも多くあります。

そのため間食には適しているという声もありますが、甘さを増しているヨーグルトはカロリーが増しているので、選ばないほうが良いでしょう。

できる限り厳選してください。

また、カルシウム補給ができるというのもプラス材料でしょう。

他の高カロリーのおやつを食べずにカルシウム補給もかねてヨーグルトを摂取できるのなら、適していると言えるのではないでしょうか。

最近は飲むヨーグルトの種類も豊富になっているので、ヨーグルトが苦手という方はこちらを試してみるのもありと言えます。

間食にチーズはOK?


間食で高確率で紹介されるのがチーズです。

糖質がゼロでコンビニでも購入が可能なのが良い点と言えます。

味がそれなりに濃いめのものも多いので、食べたという実感も得やすいでしょう。

タンパク質補給にも有効なので、普段からタンパク質が減少気味な方にはおすすめといえます。

スライスチーズや青のりや煎りゴマ等があれば、レンジで温めることでちょっとしたカリカリチーズをつくれます。

作り方はスライスチーズを三等分に切って、青のりやゴマを振り、オーブンシートを敷いてラップをかけずにレンジで5分程度温めるだけです。

このように、ちょっとした工夫で美味しくアレンジすることができ、チーズも向いていると言えるのではないでしょうか。

料理を全くしない人でも青のりやレンジくらいはあるので、これぐらいはできると思います。

ひょっとしたら全くなさらない方の中にはレンジすらないかもしれませんが…

間食にバナナはOK?


ダイエット中の間食としてはちょっと大き目なものとなっておりますが、バナナについては意見が分かれております。

ヨーグルトやチーズといった乳製品も、実は吸収が良いことからダイエット中には適しておらず、不向きであるという意見もありましたが、バナナもそれと同様で吸収率が良すぎるので止めたほうが良いというメッセージが多いのです。

しかし、この意見とは逆に「お菓子を選ぶくらいならバナナといったフルーツを選ぶ方がはるかに良い」といったものもあるので、やはり意見が分かれています。

フルーツの食物繊維は糖の吸収を緩やかなものにしてくれますし、消化吸収が良いことから胃の負担も小さくこれらの理由で推薦しているのです。


Sponsored Link


このように意見は分かれていますが、個人的にお菓子を食べるくらいならバナナを食べたほうが良いと思います。

ただし、ナッツなどに比べると、間食用としては少し劣ると思いますので、食べるなら1本に抑えるようにしましょう。

間食にチョコレートはさすがにダメ?


甘さたっぷりのチョコレートだったら100%良くないといえます。

しかし、カカオ含有率が70%以上のチョコレートならカカオに含まれるポリフェノールや食物繊維の力を得やすくなるのでダイエット効果が発揮されるようになると言われているのです。

もちろん、80%などそれ以上になればなるほど効果は高まります。

このような決められたチョコレートでしたら、間食しても良いと思います。

ただし、たくさん食べてしまったら意味がないので、小分けにして少しずつ食べるようにしましょう。

色々と制限はありますが、どうしてもチョコレートを食べたいのならカカオ含有量高めのものを選びましょう。

コンビニで買える間食におすすめの食品は?


コンビニで買えるダイエット食品というのはダイエットブームになってからかなり増えました。

その中には間食として食べても可能そうなものがあるので、間食されたい場合はそちらを摂るようにすればよいでしょう。

例えば、UHA味覚糖のハッピーデーツなんかは小腹が減った時にも良い食べ物ですし、96kcalととってもヘルシーです。

保存料も着色料も香料もゼロなのでおすすめと言えるでしょう。

ほかにはローソンならばこんにゃく素材の「こんにゃくチップスのりしお風味」も良いでしょうし、アイスならグリコの「カロリーコントロールアイス」といった物でもよいと思います。

色々とコンビニでも低カロリー食品は増えているので一度探してみるとよいでしょう。

「このコンビニでないと購入できない」というものもありますので、色々とチェックしてみましょう。

太りにくい間食の時間は?


間食やおやつを求めている方は多いですが、その間食の悪影響はできるだけ防ぎたいというのが本音ではないでしょうか。

その間食に適した時間帯というのは午後3時になります。

これは適当に述べているのではなく根拠があるのです。

まず、午後1時までに食事が終わる方は食事から2時間も経過すれば血糖値はほぼ正常の値に戻っているので、この時間帯に間食を食べても血糖値が急激に上昇することは少なく、空腹期間を減らすことで血糖値の安定を促せるという理論があるのです。

また、午後2~3時の時間帯は体内の脂肪を溜め込むタンパク質の分泌が最も少ないと言われているので、間食によって太ってしまう影響を受ける確率が減ります。

ダイエットに間食しない方法は?


当たり前のことと言えますが、間食はしないでダイエットできる人はその方が良いのが現実です。

たしかに、間食による効果はあるかもしれませんが、間食をすることで栄養以外にカロリー摂取量や糖分摂取量を増やしているのが現実なので、我慢できるなら我慢したほうが良いと言えるでしょう。

最も有効な方法は間食としての食べ物を置かないということでしょう。

無ければ凌げるという方もそこそこいらっしゃるかと思います。

しかし、その一方で我慢しすぎるとストレスを感じてしまってイライラが増えていき、ダイエット効率が低下してしまうのも事実かと思います。

個人的には間食があったほうが良いとかないほうが良いという理論は人によるところがあるので、両方とも正しいものと考えているので、どちらか一方を否定することはできないと思います。

我慢できる人は問題なく我慢して、どうしようもない人は厳選して栄養価が高くてカロリーと糖質が低いものを選びましょう

ダイエット中の間食におすすめは?ナッツやヨーグルト?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダイエット中の間食について色々と考察を進めてまいりました。

ダイエット中の間食は本来なら避けたいものではありますが、きつい食事制限や運動を主体に行っているとストレスが溜まってしまうのも納得です。

そのイライラが溜まりすぎると爆発してしまい、過食になってしまうこともあるでしょうし、仕事の効率が落ちることだって考えられます。

そのような状態を改善できるのなら間食も有効活用できると考えるのも良いのではないでしょうか。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)