断食ダイエットの方法や効果は?酵素やヨーグルトで行う?

断食ダイエットのやり方【半日・1日・3日間・1週間】

ヨーグルト酵素などを利用した断食ダイエットは痩せるために効果的と言われており、1日3日間ほど行うといわれているのですが、正しい方法を行わないと危険なものとなっております。

そこで、今回は断食ダイエットやり方効果を具体的に解説いたします。


Sponsored Link


断食ダイエットとは?


断食ダイエットとは名前の通り、断食を実行するダイエットです。

しかし、断食とは周到な準備をした状態で行うものであって、いきなり何も食べないようになってひたすら我慢するものではありません。

いわゆる危険なことを行うのだから準備をしっかり行って、できる限り安全に行う必要があるものということなのです。

要するに自己流で行うのはこのダイエットは非常に危険ということなので、必ず正しいやり方を理解して行うようにしましょう。

行う期間についても色々と設定されており、やり方も異なっているので、まずは軽いものから実行するといいでしょう。

断食ダイエットの方法


それでは具体的な断食ダイエットの方法を具体的に解説していきます。

ここで、やり方を理解して実行するかどうかを考えてくださいね。

夜断食ダイエットは最も実行が簡単でおそらく、無意識に行っている方もいるかもしれません。

やり方は夕飯を抜いて、20時以降は固形物を一切食べないといったものです。

アイスクリームや酒もダメですよ。

水やお茶のみがOKとなります。

半日

半日ダイエットも断食ダイエットでは簡単な部類に入る方でしょう。

やり方は1日18時間食事をしないというものです。

なので、一般的には夕飯と朝食を抜くといったものが多いのでしょう。

絶食というわけではないので、水や野菜ジュースといったものは摂取可能なようです。

なので、朝食を抜くのがきつい方は朝食として野菜ジュースを飲んでいる方もいます。

1日

こちらもプチ断食ダイエットと呼ばれるものです。

やり方は似たり寄ったりで固形物を丸1日食べないようにするというものです。

糖分が無い飲み物なら飲んでもいいようですね。

ただし、実行する前の日は準備期間として食事の量を減らして、消化の良いものを食べるようにしましょう。

そして、断食が終わった次の日は回復期間になるので、固形物をいきなり食べるのではなく、消化の良いものを食べるようにしましょう。

3日間

ここからは本格的な断食になるので、下準備などが本当に大切になります。

ただし、このやり方にも諸説あるので、自分にとってやりやすいと思ったものを実行するといいでしょう。

実例として紹介すると酵素ドリンクを用意して1日に5~6回に分けて酵素ドリンクを飲んで、空腹がきついなら炭酸水で割った酵素ドリンクを飲むというものです。

これを2日間続けてもらいます。

3日目は回復期という扱いになって消化の良いお粥といったものから食べていきましょう

1週間

こちらは本格的な断食といっても良いものなので、いきなりこの1週間断食を実行するのはやめましょう

3日間の断食になれている方が挑むのが良いでしょう。

素人がやっていいものではありません

実際に行う際は1週間飲まず食わずではなく、毎日飲み物を摂取する必要はあります

具体的には澄まし汁や人参リンゴジュース、酵素ドリンクやスムージーといったものを摂取し続けることになるでしょう。

この1週間の断食に関しては、危険を伴いますので、個人的にはおすすめしておりません。

断食ダイエットの効果は?


断食ダイエットは摂取カロリーが極端に低下するのでかなり痩せることが期待できます

それに、胃腸が使われなくなるので、休憩時間をいただくという扱いになって胃腸が綺麗になって老廃物が排出されます。

摂取カロリーが減って脂肪分解が始まると、脂肪に蓄積された金属や化学物質も排出されるようになるのでデトックスすることが期待できるでしょう。


Sponsored Link


また、新陳代謝も活発になるので、肌のターンオーバーが乱れている人は元に戻る可能性が大きいでしょうし、美容効果が上がるとも言われています。

そして臓器の動きが良くなるので肩こりや冷え性といったトラブルも減ったりします。

あとは、悪玉コレステロールがエネルギーとして使われるようなので悪玉コレステロールを減らすことができるとも言われております。

その他の断食ダイエットのやり方


断食ダイエットは固形物が禁止なだけで他のものなら摂取しても良いのです。

具体的にどのようなものを摂取するのかを記載しましょう。

酵素

ダイエット食品として話題となっているのが酵素ですね。

酵素には色々と栄養素が詰まっているので、推奨している人も多いのです。

期間にもよりますが、1週間や3日間の断食ダイエットにおける食事の代わりに酵素を用いる方法が今ははやりのようです。

ヨーグルト

ヨーグルトを利用した方法もあります。

ただし、ヨーグルトを使う場合は果肉の入ったものではなくプレーンなものを選んでください。

あとは多くの乳酸菌を腸へ届ける必要があるので「プロバイオティクス」と書いてあるものを選ぶのが一番いいでしょう。

こちらも食事をすべてヨーグルトで済ませるようにしてください。

水とかの摂取はOKですよ。

野菜ジュース

断食ダイエットで酵素と並んで愛用されているのが野菜ジュースですね。

野菜ジュースの代わりにスムージーを選択している人もいるようですが、狙いはどちらも同じでしょう。

やり方は全ての食事を野菜ジュースに置き換えるといったものです。

ただし、これらの断食を行う前は下準備をしっかり行って、復帰期間もちゃんと設けるようにしてください。

断食ダイエットで筋肉に影響は?


断食ダイエットにおいて一番つらい点がタンパク質も一切摂取しないので、筋肉量も相当落ちます

おそらく最もよく筋肉が影響を受けるダイエットともいえるでしょう。

そのため、たとえ体重が減ったとしても、それは筋肉が無くなってしまったパターンもあるのです。

断食中は軽い運動なら推奨されておりますが、タンパク質の摂取量が無いとどうしても筋肉からエネルギーが使われるようになるので、筋肉が無くなっていってしまうでしょう。

ロシアの断食ダイエット法とは?


世界ふしぎ発見にて放送されたロシア式の断食ダイエットですが、人によっては40日も実行しているようですね。

サウナやヨガやウォーキングといったものを取り入れて、後は1日2リットルの蒸留水を摂取するといったたもののようですが、これは医師の管理のもと行われているものなので、安易に行わないほうが良いでしょう。

そういうものがあるという認識程度に抑えてください。

断食ダイエットの口コミ


断食ダイエットは痩せたという声が非常に多いのですが、やはり空腹がきついとか3日間は無理という声も多数あります。

半日でもそのような声が多いので、3日間や1週間行える人はかなり稀なのではないでしょうか。

人によっては筋肉が落ちたという声も上がっていたので、実行するなら短い期間のほうが良いでしょう。

筋肉量が減るとその後痩せにくくなってしまうので、腸内を綺麗にするというものを狙うなら1日程度に抑えるのが個人的には良いと思っております。

断食ダイエットの方法や効果は?酵素やヨーグルトで行う?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は断食ダイエットのやり方や効果を具体的に解説いたしました。

断食ダイエットは痩せるだけが目的なら本当に効果的で、おそらく成功者のブログといったものが大量にあるのでしょう。

メリットも多いのでついつい実行したくなりますが、デメリットもあるのでその部分を理解する必要があります。

個人的にはタンパク質が不足してしまうことで筋肉量が減ってしまうことがとっても気になるので、長い期間やるのはおすすめできないですね。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)