大根おろしダイエットの方法と辛い対策!口コミやレシピは?

大根おろし




大根おろしのダイエット効果と下痢の危険性!冷凍はOK?

大根おろしにはダイエット効果があるというお話がよく聞かれますが、なかなかに辛いものも多いので、対策をしないと実行できないという方もいます。

また、口コミレシピはある程度揃っているダイエット方法なのかも気になるポイントかと思います。

そこで、今回はこの大根おろしを使ったダイエット方法についてお伝えしたいと思います。

辛すぎる大根おろしも存在した場合いったいどのような対策をすればいいのでしょうか。


Sponsored Link


大根おろしのダイエット効果は?


大根おろしダイエットの効果は便秘解消やむくみ解消からくるものが大きいでしょう。

大根にはもともと食物繊維が非常に豊富であり消化酵素も多分に含まれているので余分な炭水化物や脂質を次々と消化しつつ、カリウムの効果によって余分な水分も排泄されていくので強いデトックス効果を発揮してくれます。

大根に含まれている消化酵素は人間の強い味方となってくれるので、胃腸の調子を整える作用が強いです。

この効果によって胃腸が整えばそれだけエネルギー消費効率も向上いたしますので、結果的にダイエット効率も上がります

また、大根の辛み成分となっていたイソチオシアネートという酵素は活性酸素を除去する作用がありますので体の老化防止作用が働いてくれます。

老化を防ぐことができればそれだけ代謝も低下しにくくなりますので痩せやすい体質をキープしやすくなるでしょう。

大根おろしダイエットの方法


大根おろしダイエットは大根を使ったダイエットと基本的には一緒です。

それは大根おろしや大根を食事の前や食事中に300gほど食べるというダイエットになります。

1度に300g摂取してもよいという説明もありますが、さすがに大根おろし300gはかなりの量になりますので分けて食べた方がいいでしょう。

ただし過剰摂取は胃腸の負担になるという声も大きいので、この300gという数字はキープするようにしてください。

大根おろしが辛い!食べられない場合の対策


大根300g食べるよりは大根おろしを300g食べる方が簡単であるという意見が多いので、喜び勇んでチャレンジする方々もいるんですが、その辛さに直面して撃破される人が非常に多いです。

辛い大根おろしは辛子よりもきっついものがあります。

この大根の辛さをアピールする成分はイソチオシアネートという酵素で、この酵素は老化の原因となる活性酸素を除去する作用があります

つまり、たとえ辛くても摂取した方がダイエット効率は上がると言うことです。

しかし、食べられないのでは元も子もありませんので、解決方法を実行しましょう。

いくつか方法がありますのでまとめて記載すると、マヨネーズを少量入れる・力を入れないでまわすようにおろす・冷水にさらす・お酢を入れる・味の素を加える・1日放置して辛み成分を揮発させるなどが該当します。

この中でも個人的におすすめなのが、栄養が損なわれにくい味の素を加えるという方法です。

大根おろしにヨーグルトとはちみつを混ぜるのも効果的?


大根おろしや大根の効果を発揮するための方法としてかなり広まっているのがはちみつやヨーグルトを使うという方法です。

実際に大根のはちみつ漬けは喉に炎症が起こっているときに非常に役立つとして声優業界においても使われている民間療法的な立ち位置にいます。

風邪の症状にも効果的という意見も多いので、ダイエットをしたいという方々よりも健康方面で活躍する取り入れ方と言えるでしょう。

さらに、そのはちみつと大根おろしにヨーグルトを追加して食べるという方法も存在します。

はちみつや大根おろしには便秘解消効果がありますがヨーグルトにもありますので腸内環境を整える効果が一気に高められるのです。

作るときもヨーグルトを200g用意して大根おろしとはちみつを大さじで2杯入れて混ぜ合わせるだけなのでとっても簡単です。

また、ヨーグルトやはちみつに混ぜると大根の辛みはあまり感じなくなりますので、問題なく食べられるという利点もあります。

大根おろしを冷凍保存しても栄養価は変わらない?


冷凍保存や温めるという方法は一部の栄養素を壊すというお話は栄養を気にしている方にとっては聞いたことがあるお話ですが、大根の場合はどうなるのでしょうか。

これはいくつ会見がありますが、マイナス18度以下ならば栄養の著しい減少は発生しないとのことなので、条件付きで低下はしないと言えるでしょう。

大根おろしは冷凍保存すれば使い勝手が上がりますので、これは朗報と言えるのではないでしょうか。

ただし、解凍するときに加熱するとビタミンCといった一部の栄養素は見事に壊れてしまいますので注意してください。

使う前に自然乾燥させておきましょう。

大根おろしダイエットで痩せた口コミは?


大根おろしダイエットは大根を使ったダイエットとひとまとめにして公開していることが多いので、そこからある程度は探ることができますが、量はそこまで多くありません。

実行者はそこまで多くはないのでしょう。

それらの意見を見てみると「2週間で2kg痩せた」といった具体的な数字も出ておりましたので、成功した人もちゃんといるようです。

それよりも便秘が解消されたという報告の方が目立ち、その結果スッキリしたという報告もあったので、便秘気味の人にとっては強いダイエット効果を発揮してくれるようです。

大根おろしの量によっては下痢をすることも?


逆に口コミの中には気になる声もありました。


Sponsored Link


それは「むしろ胃腸の調子が悪くなって下痢になった」といった報告がいくつかあったのです。

実際に大根や大根おろしを食べた結果下痢になったという声はネット上に多数上がっているので、かなり気になる声と言えるでしょう。

これは大根おろしに含まれている消化酵素のジアスターゼによるものでこれを摂取しすぎると、お腹を痛めてしまう原因になると言われており、辛み成分のイソチオシアネートも摂取しすぎると胃を刺激することになって腹痛に繋がると言われております。

食べ過ぎると胃の刺激になって下痢になる可能性があるので、下痢になった人は止めるか量を減らした方がいいでしょう。

大根おろしのダイエット向けレシピ3選

それでは最後に大根おろしを使ったダイエットレシピを3つほどご紹介いたします。

大根おろしは使い勝手がいいので、いろんな料理に用いることができます。

①ヘルシー♪和風おからハンバーグ


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1110006831/)

おからを使ったハンバーグに大根おろしをトッピングした例です。

これはダイエット中でも問題なく食べられるボリューム満点のレシピですのでおすすめとなります。

②【基本】ヘルシーな☆みぞれ鍋


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1210006852/)

大根おろしをたっぷりと鍋に使った例です。

みぞれ鍋となっており鶏肉をたっぷりと食べられるので、タンパク質補給に使えるでしょう。

③ダイエット★胃に優しい梅おろしスープ


(https://cookpad.com/recipe/4872437)

こちらは非常にシンプルなレシピで胃が疲れている時に用いてもらいたいものとなっています。

普段料理をしない人でも簡単に作れますので飲み会などで胃腸が疲れたときに食べるといいでしょう。

大根おろしダイエットの方法と辛い対策!口コミやレシピは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は大根おろしを使ったダイエットについてお伝えいたしました。

大根おろしは色々な使い方がありますが、辛み成分のイソチオシアネートにもダイエット効果がありますので、辛みをある程度は妥協しないとダイエット効果が薄れてしまうのがネックとなります。

そこの辛み成分の力を失わない方法も今回はご紹介いたしましたので、有効活用してくださいね。


Sponsored Link


コメント