コエンザイムq10の効能やダイエット効果は?副作用は?

コエンザイムq10を含む食品やサプリと効果的な摂取量

コエンザイムQ10という言葉はCMで流れることがたまにあるので、聞いたことがあるという人もいるでしょう。

効果効能からダイエットにも有効ということでも有名なのです。

サプリメントとして売られているものが多いですが副作用を気にしている方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はコエンザイムQ10について解説しどのようなダイエット効果があるのかもお教えします。


Sponsored Link


コエンザイムq10とは?


コエンザイムQ10とは消化や代謝といった生命活動を促す酵素を補助する補酵素のことで、細胞内の構造のひとつであり生命活動に必須なエネルギーを作成する役割があるミトコンドリア(ほとんど全ての生物の細胞に含まれている)に存在しております。

あらゆるところに存在するというラテン語のubiquitous(ユビキタス)からユビキノンと呼んでいる人もいますね。

エネルギーを生成する補酵素であるこのコエンザイムQ10は心臓の筋肉や骨格筋といったところに多く存在しており、肝臓や腎臓にも多めに存在すると言われております。

ちなみにビタミンQとも呼ばれており、それはビタミンとよく似た働きをするためにそのように命名されたようです。

 

酵素ダイエットの効果や口コミ・やり方は?サプリ等おすすめは?

酵素ダイエット【断食】の方法は?効果や回復食・リバンドは?

 

コエンザイムの効果・効能は?


コエンザイムQ10の役割について概ね理解していただいたと思いますが。

このコエンザイムQ10はミトコンドリアに取り込まれた脂肪酸をエネルギーに変換させる作用があるので、不足すると筋肉痛が発生しやすくなったり、疲労が溜まりやすくなってしまうのです。

若いうちはコエンザイムもたくさん存在しているのですが、老化が進むごとに減っていくので目に見えて回復力と持久力が減少していきます。

つまり、コエンザイムを摂取することで、疲れれにくく回復力の高い体にすることが期待できるようになるということです。

また、高い抗酸化作用もあるので、活性酸素の暴走を抑えて体中の老化防止に繋がります。

そのため、肌トラブル抑制にもつながり、人によっては美容と健康目的でこのコエンザイムを摂取している人も多いでしょう。

それ以外にも、関節を繋ぐ軟骨にあるコラーゲン生成効率も上昇させる力もあるので、関節痛が辛いという方にも効果が期待できるものとなっております。

あとは、抗酸化作用によって悪玉コレステロールの酸化防止も期待できるので、生活習慣病にも利用価値があるでしょう。

要するにまとめますと、内臓の働きを支えて臓器を活動的に動かす力、疲労回復ができるようになり体力の低下を防ぐ力、エネルギー不足になりにくくして疲れにくい体にする力、老化防止作用がありアンチエイジングに繋がる力、生活習慣病を予防する力、関節痛といったトラブルを防止する力があるということになります。

あらためて書き出すとかなり強力な作用があるということが分かりますね。

 

健康的に痩せる方法は?食事や運動メニュー・サプリはOK?

 

コエンザイムq10のダイエット効果は?


コエンザイムQ10は抗酸化作用があるという作用だけでも、代謝が低下しにくくなるのでダイエット効果があると言えるでしょうが、それ以外にもミトコンドリアの中にとりこまれる脂肪酸を燃焼させてエネルギーにする力があるので、このコエンザイムを充足させることで痩せやすい体にすることができます。

年をとることで基礎代謝が低下する原因の一つに、このコエンザイムQ10の減少が関わってくるので、ある程度の年齢になってダイエットがうまくいかないという方はこのコエンザイムの力に頼るのもいいでしょう。

もともと体内でも生成されるものではありますが、圧倒的に足りていないと言われているので、外部から摂取する必要があるのです。

 

代謝をあげる方法【食べ物・サプリ・ストレッチ・運動など】

ダイエットで基礎代謝を上げるサプリや方法は?摂取カロリー計算法は?

 

コエンザイムの還元型や酸化型とは?


コエンザイムQ10には酸化型と還元型があり、食べ物に含まれているものは酸化型が基本です。

しかし、体内に吸収されることで還元型に変換して抗酸化作用も発揮されるようになるのです。


Sponsored Link


一応別のものとなっておりますが、ダイエットを考えている人はそこまで気にする必要はないでしょう。

 

ダイエット中に低カロリーの食べ物【おやつやケーキレシピ他】

 

コエンザイムq10を含む食品は?


コエンザイムQ10を含む食材は魚・肉・野菜などに良く含まれています。

魚類ならイワシ・サバ・鮭・ウナギ・イカなどに含まれるものとなっております。

肉類なら豚・牛・鶏などに含まれているものとなっているので、知らず知らずのうちに摂取していた人もいるでしょう。

野菜類では、ブロッコリー・ほうれん草・キャベツ・ジャガイモなどに含まれており、これらを摂取することである程度は補うことができるようになります。

 

肉ダイエットの方法や効果・口コミ・レシピは?体臭は大丈夫?

野菜ダイエットの方法や効果と温野菜・スープなどレシピは?

じゃがいもを主食にダイエット!本当に効果ってあるの?

 

コエンザイムの摂取量や摂り方は?サプリ?


コエンザイムQ10の1日の摂取目安量は60~100mgと言われておりますが、率直に申し上げて食品からこの量を摂取するのは不可能です。

なぜなら、先ほど紹介した食品でもイワシ100gで約6mgなのでイワシを1kg食べる必要が出てきます。

肉類なら豚肉で約3mgなので、2kg食べないとだめですね。

2kgの肉を毎日食べるのはお相撲さんでも難しいかもしれませんね。

むしろ他の病気になり兼ねません。

そのため、コエンザイムを真剣に目安量摂取したいと考えている人はサプリメントの力に頼ったほうがいいでしょう。

通常の食事では極端に偏らせない限り不可能なので、他の栄養素が不足する可能性が大きくなります。

また、摂取方法は油と混ざりやすい脂溶性という特徴をいかして、食事と共に摂取するのが良いでしょう。

脂質を摂取するときに同時に摂ることで吸収率が高まります

逆に食前では水に溶けにくいため吸収率が下がる危険性があるのです。

できる限り食事と共に飲まれると良いでしょう。

ただし、吸収速度はそこまで早くはないので、吸収率を高めるために、6時間以上は間を空けて摂取するようにしましょう。

また、最大の注意点ですが、このコエンザイムは脂肪を燃焼させてエネルギーにしやすい状態に持っていき、基礎代謝が低下しやすい状況を作ってはくれますが、ただ飲めば痩せる魔法の成分ではないということです。

エネルギーに変換してもらったとしても、それをしっかり燃焼させないと痩せません。

そうでなければ、ただ単に毎日の調子が良くなるだけで終わってしまいます。

ダイエット効果を実感したい方は必ず、ある程度の有酸素運動を取り入れるようにしてください。

 

豚肉のダイエットに効果的な部位と方法!人気のレシピは?

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

 

コエンザイムの副作用は?


コエンザイムQ10は効能を解説した時に気が付いた人も多いでしょうが、素晴らしい作用が目白押しとなっております。

しかし、通常の日常生活を送っている中では摂取量目安に到達することはほとんどなく、副作用を感じる人はほとんどいないでしょう。

しかし、サプリメントを大量に飲んでしまったという人は要注意です。

そのような方は過剰摂取による副作用が出る危険性があります。

具体的には、食欲不振・下痢・嘔吐・吐き気・血圧低下・アレルギー性皮膚炎といったトラブルが引き起こされる可能性があります。

このような事態を引き起こさないためにも、用法容量は正しく守ってください。

 

ダイエットでめまいや吐き気が!原因は糖質制限や炭水化物抜き?

漢方ダイエットの効果や口コミは?処方は病院で?副作用は?

杜仲茶ダイエット!飲み方や効果・成功の口コミは?副作用は?

 

コエンザイムq10の効能やダイエット効果は?副作用は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はコエンザイムQ10について解説を行い、副作用もお伝えしました。

コエンザイムQ10はダイエットにも利用できる成分となっていますが、それ以外の健康といった面を気にして摂取している人も多いでしょう。

コエンザイムの効果は健康面でプラスになるところばかりなので、そのような使い方も非常に理解できます。

しかし、ダイエット目的で摂取している方はエネルギーをしっかり消耗しないと無駄になってしまうので、しっかり運動を行うようにしてください。

この部分が抜けているとただ単に、摂取前よりも健康的な肉体を手に入れて終わってしまうということになってしまいます。

ぜひ頑張ってみてください!


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)