セロリのダイエット効果や食べ方など方法とレシピ!摂取量は?

セロリ




セロリのスープなどのレシピや効果効能!食べ過ぎには注意?

日本人にもなじみのあるセロリですが、大量に食べるという人はそこまで多くはありません。

しかし、食べ方次第ではダイエット効果もあると言われているので、その方法レシピ、そして摂取量はどのような感じなのかを知りたいところです。

実際に有効活用するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

そこで、今回はこのセロリを使ったダイエット方法及び効果を調べお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


セロリダイエットとは?


まずセロリのカロリーと糖質ですが、100gとすると15kcalの1.7gなのでかなりヘルシーな食材であることがわかります。

この数値は野菜の中でも低めと言えるでしょう。

セロリはだいたい1茎で150gで、食べられる部分が2/3程度となっているので丸ごと摂取しても100gに近い量になると言うことです。

つまり、ここで記載した100gの値がだいたい適応されるということになります。

糖質の量も多くなくカロリーも少ない方なので、安心してダイエットに用いることができます。

糖質制限ダイエットを実行中の方でも安心して食べられるでしょう。

このような低カロリーで低糖質な食材を活用して体を引き締めようというのがセロリダイエットになります。

セロリのダイエット効果


セロリのダイエット効果はむくみの解消や代謝の改善、そして便秘の解消といった作用からもたらされます。

むくみの改善はカリウムによる効果で、余分な塩分を排出する作用によってもたらされるものです。

むくみによって太ってみられることの多い人にとっては効果覿面でしょう。

食物繊維も豊富なので便秘解消効果も高く、カリウムと合わせてデトックス効果は高めだと言えます。

また、セロリにはビタミンB1やB2が含まれているので、それらの成分によってエネルギー代謝効率が上昇しやすくなります

つまり、痩せやすくなるのです。

そして低カロリーで低糖質な食べ物なのでセロリを多めにすることで結果的に摂取カロリーや糖質を減らすことができるようになります。

ダイエットにおけるセロリの食べ方など方法


実際にダイエットに用いる場合にはどのような調理法を実行すれば良いのでしょうか。

基本的にセロリの栄養素は熱に強い性質があるのである程度温めても問題ない食品となっています。

それらを踏まえて考えると、生のまま食べるか、火を通して食べるか、ジュースやスムージーにしてしまうかでしょう。

特に、セロリの葉っぱにはいろいろな栄養価が含まれているので是非とも摂取したい部分とも言えます。

茎ばかり使用しがちなので、できれば葉っぱも食べられると良いでしょう。

セロリダイエットの方法も実にシンプルでできる限りセロリを摂取するというものでした。

食事にセロリを加えることで、通常の食事よりもトータルのカロリーや糖質を減らすという考えです。

ちなみに時間がない人たちはスムージーにしてさっと飲まれるといいでしょう。

セロリの食べ過ぎには注意?適切な摂取量は?


セロリは食べ過ぎるとカリウムの過剰摂取や食物繊維の過剰摂取に繋がるのでかなり危険です。

特に、カリウムの過剰摂取は尿管結石といった病気を引き起こしてしまう可能性があります。

日本人の食物繊維量の目安は成人男性が20gで成人女性は18gです。

セロリの食物繊維は100gで1.5gとなっており、だいたい13個以上食べると良くないと言うことになります。

ただし、食物繊維は他の野菜からも簡単に摂取できてしまうので10個以上摂取したら危険信号でしょう。

カリウムの食べ過ぎも危険なのでそちらの成分から探ると、セロリのカリウム量は100gで410mgです。

カリウムの高血圧予防を目的とした摂取量目安は成人男性が3000gで成人女性が2600mgとなっています。

これよりも下回らない方が良いようですが、耐容上限量は設定されていないので、そちらからは求められませんでした。

食物繊維から考えて、この量を摂取する人はさすがにいないでしょうが、とにかくそれだけをひたすら食べるという行為は避けた方が良いと言うことです。

ネット上で限度量をひたすら調べましたが具体的な数値は見つかりませんでした、一応の食物繊維の量からまずは判断してみましょう。

どちらにしろ、はっきりとした数字は大きな研究機関から設けられていないので、自分で上限は決めるしかないでしょう。

基本的にどんな食べ物や薬も摂取しすぎは毒になりますので、常識的に考えて量を決めましょう。

セロリの食べ合わせの良い食材とその効果


セロリの食べ合わせで推奨されるのは、便秘予防としてタケノコやごぼうやクルミと一緒に食べるというものでしょう。

これらをセットにして食べれば辛い便秘から解消される確率が上がります。

他には、カリウムの効果をより高めるためにウドやキュウリやクルミを摂取するという考え方もあります。

クルミは便秘予防効果も高めてむくみ解消効果も高めるので相性がかなり良い食材となります。

あとは、セロリに鶏肉や卵を追加することで疲労回復効果を高めるという考え方や、生姜や味噌を加えることで血行促進をより効果的に促して冷え性を改善させるという考え方もあります。

セロリを使ったダイエット向けレシピ3選

最後にセロリを使ったダイエット向けのレシピを3つほどご紹介いたします。

やはりスープ系が多くなります。

①ダイエットにも☆海老セロリもやしの脂肪燃焼デトックススープ


(http://www.recipe-blog.jp/profile/3858/recipe/814757)

もやしや椎茸もまとめて摂取できる万能なデトックススープです。


Sponsored Link


セロリが主役ではありませんが、ダイエット向けなのでご紹介いたします。

煮るだけの簡単料理なので比較的誰にでも作れるのが高評価です。

②日持ち1週間♡ダイエットや美容にも効果抜群♡『大根ときゅうりとセロリの中華漬け』


(http://www.recipe-blog.jp/profile/153197/blog/16099217)

作り置きができる非常に便利なレシピの一つです。

キュウリや大根やセロリを使っている中華漬けでお弁当にも有効活用できるのがポイントとなっております。

③体がポカポカ☆ダイエット野菜トマトスープ♪


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1490005178/)

野菜がたくさん入っているトマトスープでセロリ以外にも色々な野菜を摂取できるというメリットがあります。

比較的簡単にこちらも料理できる一品ですのでひとり暮らしの方で忙しい人でも作れるでしょう。

みじん切りができる包丁さばきがあればほとんど問題なく作れます。

セロリの栄養と効果効能

最後にセロリの栄養や効果効能について触れたいと思います。

セロリの主な栄養成分はカリウム・ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・食物繊維・ピラジン・βカロテンといったところでしょう。

これらの栄養成分からある程度効果効能は見えてきます。

たとえば、ビタミンCには抗酸化作用があり老化防止効果が強いので若々しい肌をキープしやすくなりますし、ビタミンEにも肌を綺麗に保つ作用がありますので、美容を気にする女性の味方としてはこの時点で優秀と言えるでしょう。

既に触れてはいますが、他にもカリウムや食物繊維の多さからむくみや便秘を解消させる作用がありますので、デトックス効果は強いと言えます。

セロリの葉に含まれている成分のピラジンには血行をよくする作用もありますので、冷え性が辛いという方にも有効活用できる野菜となっております。

セロリのダイエット効果や食べ方など方法とレシピ!摂取量は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はセロリのダイエット効果について色々と調べて参りました。

セロリには健康面においてプラスの作用はいくらかありましたが、これ一つではダイエット効果は弱いと感じたのが本音です。

しかし、鍋にするといった他の野菜とセットにして食べられるという利点もありますので、他にもダイエットに使える食材を有効活用して痩せるようにすれば良いでしょう。

セロリ一つに無理に頼る必要はありません。


Sponsored Link


コメント