カルピスのダイエット効果や方法!原液のカロリーや成分は?

飲み物

カルピスの糖分とダイエット効果の口コミ!飲み過ぎは下痢に?

カルピスは今も昔も子供に人気のある飲み物ですが、使い方や方法次第ではダイエット効果があるといわれております。

しかし、糖分やカロリーといった点ではダイエットに向くのか、そもそもダイエット効果につながる成分が入っているのか疑問に思われてしまうでしょう。

そこで、今回はあのカルピスが本当にダイエットに役立つのかを調べていきます。


Sponsored Link


カルピスの糖分は多い?


現代日本においてのダイエットの敵は糖分や糖質や炭水化物という言葉です。

この糖分が多い食べ物はダイエットの天敵として扱われることが非常に多く、白米やパンも嫌われる食べ物となってしまいました。

カルピスの公式サイトで栄養成分を確認すると100mlで炭水化物が11.2gとなっております。

これがまずは基準となるでしょう。

しかし、この値は5倍に希釈した数字ですので原液になると100mlで56gというびっくりする数字になります。

また、5倍に希釈したとしても通常は200ml程度飲むことになりますので22g程度の糖質を摂取することになるでしょう。

また、500mlのペットボトルに入っているカルピスを飲むことになった場合、単純計算で5倍になりますので糖質56gと非常に大きい値になってしまいます。

糖質制限ダイエットにおいての目安は1食で糖質60g以下なので、ペットボトル入りのカルピス一本だけでほぼこの量になってしまいます。

カルピスの原液のカロリーや成分


糖質は通常のカルピスでは無視できない値になってしまいましたが、カロリーや成分はどうなっているのでしょうか。

カロリーはカルピスの公式サイトを確認してみると100mlで46kcalとなっていますので、この値が参考になるでしょう。

ただし、5倍希釈しているという点は要注意です。

カルピスウォーターのように最初から飲みやすく希釈したものでもカロリーは100mlで45kcalだったので、カロリーは高めなのでしょう。

そんなカルピスの成分は乳酸菌・ナトリウム・カルシウム・カリウム・リンなどが含まれております。

一応カルシウムも含まれているようですが、1日に必要なカルシウムは600mgなのにこちらは100mlで11mgなのでそこまで期待しないほうがいいです。

ダイエット効果は?


カルピスのダイエット効果は果たして存在するのでしょうか。

糖質やカロリーを見てみるかぎりではそこまでダイエット効果があるようには見えません。

しかし、カルピスの中には「カラダカルピス」のような機能性表示食品も存在するのでダイエット効果があるのも存在しているようです。

このカラダカルピスは特殊な乳酸菌である乳酸菌(CP1563株)によって脂肪燃焼酵素が促進される状態を作り、脂肪が燃えやすい状態になるといわれております。

つまり、このカラダカルピスを毎日飲み続ければ脂肪が燃焼さやすい状態になるということです。

実際に研究結果報告を見ると1日1本12週間続けることで体脂肪の変化が現れたと記載されているようなので、それを参考にするといいでしょう。

カルピスは水と比べるとおなかにたまりやすくて食事の量を減らせるなんて書き込みもありましたが、根拠は見つかっておりませんのであまり期待しないほうが良いかもしれません。

ダイエットにより効果的な種類は?


先ほど説明したように、通常のカルピスはダイエット効果につながる成分はそこまで入っていませんし、カロリーも糖質も高めなのでダイエット向けではありません。

むしろダイエット中は飲まないほうがいいでしょう。

しかし、カラダカルピスのようにダイエット向けの飲料も存在するので、カルピスでダイエットをしたいという方はこれに頼ることになります。

このカラダカルピスに入っている乳酸菌のCP1563株はなかなかに特殊で、体脂肪を減少させてくれる効果があるのです。

免疫力向上といった作用を持った乳酸菌はいろいろと発見されていますし開発されていますが、ダイエット向けの乳酸菌とはなかなかにユニークと言えるでしょう。

カルピスによるダイエットの方法は?


カルピスダイエットのやり方はまずカラダカルピスを用意することです。

このカラダカルピスは乳酸菌に違いがありますが、それ以外にカロリーといった部分にも大きな差があります。

通常のカルピスがなかなか高カロリーなのに対してカラダカルピスはなんと0kcalで糖質もゼロです。

このカラダカルピスを1日1本12週間続けて飲むという形になります。

タイミングについては諸説ありますが、いつ飲んでも効果が出るという記載されていますので、特にこだわる必要はないのでしょう。

好きなタイミングで摂取すればいいでしょう。

あとは、いつも飲んでいるジュースがあれば、その代替品として扱うようにすればいいのではないでしょうか。

高カロリーのジュースと比べるとこちらはカロリーも糖質もないので、それだけで1日の摂取カロリーと糖質を抑えられるようになります。

口コミは?


カラダカルピスを求める声はTwitterなどでたくさん上がっておりますが、そこまでダイエットに成功したという報告はありません


Sponsored Link


それでも一部の成功者は「色々合わせて行った結果3ヶ月で10kg痩せた」という意見を述べていたので効果はあるのでしょう。

商品における口コミを確認すると、「体脂肪が減った」とか「3~4か月で7kg減った」という報告がこちらにもありましたので、成功者はいるようです。

ただし、「まったく変化がなかった」という声や「1年間飲み続けていたら今年の健康診断で血糖値、中性脂肪、コレステロールの値に異常が出た」というとっても気になる声もあります。

ある程度の自助努力を別な形で行わないと効果は薄いと言えるかもしれません。

ある程度の食事制限や運動をプラスした方が無難でしょう。

運動をする時間が全くないという方は、糖質やカロリーを抑えるようにしましょう。

飲み過ぎると下痢になる?


カルピスに含まれている乳酸菌は腸に定着することで便秘や下痢を抑える作用がありますので、腸内環境改善作用もあると考えられます。

しかし、カルピスを飲んで下痢になったという報告もあるのです。

この場合に考えられるのが成分によって下痢になったというよりは、カルピスが冷たすぎることで腸の蠕動(ぜんどう)運動が促進されてしまい、下痢になってしまったというパターンのほうが多いのではないかと思われます。

一説には乳酸菌との相性が悪いと下痢になるといわれておりますので、相性が悪くて下痢になるパターンも考えられます。

しかし、最も考えられるのが冷たいカルピスを大量に飲んでしまうことで発生する下痢なので、量や温度には注意して摂取するようにしてください。

温めれば問題ないという意見もありますが、温かいカルピスはなかなか飲みにくいのでその案は破棄した方がいいかもしれません。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はカルピスを使ったダイエットについて調べてまいりました。

通常のカルピスではそこまでダイエット効果を見つけ出すことは出来ませんが、今売られている機能性表示食品のカラダカルピスならばダイエット効果を期待することができるでしょう。

しかし、飲みすぎて体を冷やすとマイナス作用も出やすくなってしまいますので、胃腸を冷やさない程度に毎日摂取してみましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました