コーヒーダイエットの効果【成功の口コミ】や飲むタイミング

インスタントでもOK?コーヒーダイエット成功の方法は?

コーヒーダイエットというコーヒー好きにはたまらないダイエット方法があるのを皆さん知っていましたか?

このダイエット成功口コミも多数あり、飲むタイミングを理解すれば効果的とも言われております。

そこで、今回はコーヒーダイエットについて詳しく解説いたします。


Sponsored Link


コーヒーダイエットとは?方法は?


コーヒーダイエットとはその名の通りコーヒーを使ったダイエット法で、ただ単にコーヒーを飲むだけとなっております。

やり方は80度前後のお湯で入れると効果的であり、可能なら低カロリーのブラックコーヒーで行うといいでしょう。

人によってはブラックが苦手で飲めないという方もいるでしょうが、砂糖を入れることでカフェインの効果が薄れますので糖質は可能な限り控えてください。

コーヒーの飲むタイミングは食後がおすすめ?


コーヒーの効果の中に体に入る脂肪とたまった脂肪を燃焼させるといったものがあるので、食事をして消化するときにコーヒーを飲むのが正解となるのです。

食後に飲めば体に脂肪が溜まりにくくなると言われています。

また、効率よく脂肪を燃焼させたい場合は食後以外にも運動を行う30分前に飲むのが有効となっております。

コーヒーに含まれる成分(詳しくは後述します)は体脂肪の分解に役立ち、脂肪が分解された状態で運動をすれば脂肪燃焼効果が確実に上昇するので、できる限り痩せたいという方はこのタイミングも利用しましょう。

ただし、空腹時は胃酸の分泌が加速する原因になるので、胃痛に繋がってしまう危険性ありです。

そのため、お腹がすいている時にコーヒーを飲むのはやめましょう

そして、就寝前に飲んだ場合、覚せい作用によって眠れなくなる危険性があるので避けたほうがいいでしょう。

コーヒーダイエットの効果は?成功しやすい?


コーヒーダイエットの効果はできる限り無糖でコーヒーを飲むことで、実感しやすくなるでしょう。

まず、カフェインの効果によって消化酵素のリパーゼの働きが加速するので、脂肪燃焼効率が上がります

次にクロロゲン酸の作用によって脂肪分解効率が上がるので、コーヒーを飲むとカフェインとクロロゲン酸の力で脂肪の分解燃焼効率が上昇するのです。

そして、カフェインは血行促進作用があるので、基礎代謝が上昇しやすくなり消費エネルギーも上昇するので痩せやすい体となってくれます。

血行促進が生じれば、冷え性改善にもなりますし、身体のコリも減少するでしょう。

また、利尿作用もあるので老廃物も除去しやすくなって、むくみも発生しにくくなります。

腸の収縮する神経系が刺激されることで便秘解消にもつながりますので、老廃物除去能力が高いともいえます。


Sponsored Link


また、クロロゲン酸は血管の健康維持に役立つと言われているので、糖尿病や心筋梗塞といった生活習慣病を防ぐ役割もあると言えそうです。

それと、コーヒーの香りはリラックス効果もあるので、イライラしている時に飲むのも有効となるでしょう。

コーヒーダイエットで痩せた?口コミは?

ダイエット特有の効果があったという意見となかったという意見の対立ですが、このコーヒーダイエットにも見事に表れております。

ただし、劇的に痩せたという意見は少なく1ヶ月に1kg痩せればよい方という言葉もあったので、本格的に痩せたい方はコーヒーだけに頼るの良くないでしょう。

失敗している方々も、むくみ解消といった別のトラブル解消に役立ったという意見が多かったので、コーヒーの効果自体は感じている人は多かったです。

やはり、コーヒーを利用したダイエットを考えている人は運動の前に摂取して脂肪を効率よく燃やさないと痩せにくいのでしょう。

食事制限+有酸素運動+コーヒーという3つが揃っている方なら高確率で痩せるのではないでしょうか。

コーヒーのみに頼っている方は成功しないと考えたほうがいいかもしれません。

コーヒーはインスタントでもOK?

このインスタントでいいのかどうかという部分ですが、色々と成功事例ややり方を読んでみるとやはりインスタントは推奨されていません。

ある程度の効果はあるでしょうが、より高い効果を得るためにはドリップコーヒーのブラックとなるのでしょう。

このダイエットは、コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸の効果を最大限に利用しているので、インスタントのようなカフェインとクロロゲン酸の含有量が少ないものは推奨されていないのです。

また、コーヒーの効果を最大限に得たいのなら、カフェインやクロロゲン酸などの成分吸収率が高くなるホットコーヒーにしてください。

100℃の熱湯を使うとクロロゲン酸が失われるので80℃を意識しましょう。

牛乳やミルクなら入れてもOK?

コーヒーが嫌いな人にこのダイエットをあまり勧められない理由は、ブラックを飲むことが大切という部分があるからです。

牛乳やミルク(ここではコーヒーフレッシュ)、砂糖を入れることでカロリーが増すことになるので、本来なら入れないほうがいいでしょう。

砂糖に比べれば牛乳やミルクのカロリーなんて低いものと思われるかも知れませんが、牛乳もミルクもそれなりにカロリーがあり、ダイエットをされているならば極力控えられた方が良いものになります。

これは缶コーヒーにも言えることなので、できる限る無糖でミルクが入っていないもの選ぶようにしてください。

バターコーヒーダイエットって何?

バターコーヒーダイエットとはグラスフェッドバターという低塩分のバターを使ったダイエットとなります。

これは名前だけでバターとコーヒーを利用したダイエットと勘違いされてしまいますが、はっきり言ってただ単に売られているバターを使うと太る原因になるだけなので避けてください。

このグラフェッドバターは日本でつくっているものはほとんどありません。

これは「放牧された牛の乳で作られたバター」なので、日本では一般的ではないのです。

そのため、海外産のグラフェッドバターを購入して実行するのが基本となるでしょう。

朝にバター入りのコーヒーを飲むという方法がとられますが、このバターを用意できないのなら実行しないほうがいいです。

コーヒーの飲みすぎは注意?

コーヒーは健康面でプラスになる作用が多いのですが、カフェイン摂取量上限に引っ掛かる可能性があるので、大量摂取は良くありません。

だいたい1日300~350mgを超えたら危険と言われていますが、コーヒーは1杯約150mgとなっているので3杯が限界だと考えましょう。

それを超えるとカフェイン過剰摂取による不安感・頭痛・耳鳴りといった症状から、急性中毒の神経圧迫による視覚異常や聴覚異常が発生したり、最悪の場合死亡する危険性すらあると言われています。

軽度の場合は多弁になるとか不安感が発生し焦燥感が高まるといったもので済みますが、ひどい場合は幻覚や幻聴が出始めますので、過剰摂取は避けましょう。

身体症状として胃痛・動悸・吐き気・嘔吐・頻尿といった症状も出始めますので1日3杯で抑えましょう。

コーヒーダイエットの効果【成功の口コミ】や飲むタイミングまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はコーヒーダイエットについて詳しく解説いたしました。

コーヒーの効果を最大限に利用したダイエットとなっておりますが、はっきり言ってコーヒーのみで痩せようとは考えないほうがいいでしょう。

この効果を最大限に利用したいという方は運動前に摂取して脂肪をしっかり分解させてください。脂肪燃焼効率を上昇させた上で有酸素運動を行いましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)