キャベツダイエットの効果とやり方は?成功・失敗の体験談は?

ドレッシングの使用や量などキャベツダイエットの効果的なやり方

ダイエットにおいて大切なことは、ダイエット効果の高い食べ物の割合を高めにすることが基本となりますが、その食べ物の中にキャベツが存在しています。

体験談の記載を拝見しますと、成功するケースがたくさんある一方で、失敗するケースもたくさんあります。

やり方によって効果の現れ方が変わってしまうように思います。

そこで、今回はキャベツダイエットについて詳しく解説いたします。


Sponsored Link


キャベツダイエットとは?


キャベツダイエットとは文字通りキャベツを活用して痩せるダイエットです。

このダイエットは日本のとある教授が提唱したダイエット方法でそこから、口コミが広がり今では日本全国に知れ渡ったダイエットになりました。

やり方については後述いたしますが、キャベツは食物繊維が豊富に含まれているので、有効活用することで結果的に摂取カロリーを絞ることができ、痩せることができるという寸法になります。

しかし、失敗したという報告も多数あるので、やり方の部分をよく理解しないと実行してはならないダイエットとなるでしょう。

基本的にどのダイエットもやり方を間違った場合、効果が薄くなるか、出なくなってしまうので本記事をしっかり読んでくださいね。

 

食物繊維はなぜダイエット効果がある?おすすめサプリや食品!

 

キャベツダイエットやり方は?夜の食前が良い?


それではキャベツダイエットのやり方について記載していきます。

このやり方は人によって意見がかなり異なっているので、全ての皆さんが納得する方法というのは無い可能性が高いです。

そのため、いくつか記載しますので、その中から取り入れたいものを実行しましょう。

1つ目は各食事において多目にキャベツを食べることを推奨しているもの。

2つ目は各食事の前にキャベツを食べるというもの。

3つ目は夜の食事において多目にキャベツを食べてお腹を膨らませるもの。

この他にも1日にある程度のタンパク質は必ず摂るようにするという注意書きがありました。

何れのやり方におきましても、キャベツを食前や1品として多目に食べることで、通常の食べ物の量を減らし、摂取カロリーを減らすことで痩せることを狙っていると言えるでしょう。

実際にものすごく痩せたという体験談があったのは2つ目とタンパク質摂取量を調整したものとなっておりましたが、人によっては相性がありますので、「夜の食前が良い」と決めつけられるものでもなく、この中から自分にとって効率的だなと感じる方法(いくつか試してみる必要があるかもしれませんが)を実行されると良いかと思います。

 

低カロリー食品でダイエット!高タンパク食材を含め紹介!

 

キャベツの量はどのくらい?


このキャベツの量に関しても諸説あるので、確定的な情報は無いと考えたほうがいいでしょう。

しかし、実際に大きく痩せたという人のやり方では「食事の前に、キャベツを6分の1個食べる」というものが主流となっているようです。

これを基準に自分にあった量を模索されると良いかと思います。

このダイエットは社会人なら毎時間行うのは難しいでしょうから、必ず夜には実行できるようにしてください。

夜は一番カロリーを抑えたい時間なので食前にしっかり食べて、他の高カロリーのものを食べないようにしましょう。

 

和食中心の食事は痩せる?ダイエット向け低カロリーレシピは!

リゾットのダイエット効果や低カロリーレシピ!レトルトもある?

 

味付けにドレッシングは使って良い?


キャベツをかなり食べるダイエットとなるので、おそらくただ生で食べ続けるのは1週間ももたないと思います。

飽きてしまって続けられなくなるでしょう。

それを避けるためにはドレッシングといったもので工夫をすることが大切です。

ただし、マヨネーズといったものは確実に太るので絶対に使わないでください。

ドレッシングを選ぶときは低カロリーのものにするのが基本となっているので、高カロリーのものは避けましょう。


Sponsored Link


オリーブオイルを使うのが効果的と言われていますが、お財布に痛いようでしたら安価で低カロリーのドレッシングを探してみましょう。

失敗する人はこのドレッシング選びを間違ってしまい、摂取カロリーが増えてしまった人が多いのです。

使っても良いのですが、ダイエットをしているということを忘れないようにしましょう。

あとは、低カロリーでもかけすぎは問題なので、量も気にしてくださいね。

 

オリーブオイルダイエットで痩せたい!種類や成功の方法は?

 

キャベツダイエットの効果は?


キャベツをたくさん食べることでの効果は、お腹に溜まりやすいので食前にたくさん食べることで食事の量を確実に減らせるということです。

摂取カロリーを制限できるので必然的に痩せていきます。

それ以外にはビタミンUという成分が含まれており胃腸の粘膜を保護する役割を発揮してくれるのです。

食物繊維が豊富に含まれているのと相まって、腸内環境を健康に保つ力も強いのでしょう。

また、効果というわけではありませんが、他の食品を使ったダイエットと比べてコストパフォーマンスがキャベツは良いので続けられるという大きなメリットがあります。

お金がかかるダイエットは続けにくいという避けられないデメリットがありますが、これならその心配はほとんどないのです。

 

ダイエットでカロリー制限する一日の目安は?停滞期はある?

 

キャベツダイエットの成功・失敗の体験談は?


キャベツという手に入りやすい食品が主体のダイエットなので実行者は非常に多いのがこのダイエットの特徴ともなっております。

しかし、失敗報告もものすごい数になっているのです。

そのような失敗報告をしている人は、キャベツにひたすら頼りすぎているという方も多く「キャベツさえ食べていれば痩せると思った」という口コミをよく書かれています。

キャベツを食べることで食事の量を減らして痩せるのであって、キャベツさえ食べれば何を食べても良いというわけではありません

また、成功者の口コミは「10日で3キロ痩せた」とか「半年で10キロ痩せた」という実際に数字を記載してアピールするものが多く、本当に痩せたことが見て取れるのです。

失敗した人の多くは、ひたすらキャベツだけを食べていて栄養不足になっているとか、生で我慢して食べ続けているとか、早くやめてしまったという人達だったので、成功させたいのなら、栄養バランス考えた食事をして、アレンジをしつつ続けられるよう努力をして、長期間実行できるようにしましょう。

成功した人は、長く続けている人たちなので、すぐに結果を求めないで半年は続けるようにされると良いかと思います。

このダイエットは短期間で劇的に痩せられるダイエット方法ではないので、しっかりとカロリー摂取量を抑えて長く続けることを考えてくださいね。

 

半年間のダイエット計画!15キロ痩せるメニュー【食事・運動】

 

ゆでキャベツダイエットでも良い?


キャベツをひたすら生で食べ続けることに限界を感じて、ゆでて食べるという方法にチャレンジする方もいます。

茹でたキャベツは青臭さが消えるので、キャベツがそこまで好きではないという方でも食べられるようになるでしょう。

結論から申し上げて、食前にしっかりとキャベツを食べるのであれば、ゆでて食べることは何の問題もありません

ひたすら生キャベツを食べ続けて飽きてしまうよりは、このように茹でるといった行動をとって続けられる努力をしたほうが良いでしょう。

 

温野菜ダイエットの方法や効果・口コミは?ドレッシングはOK?

野菜ダイエットの方法や効果と温野菜・スープなどレシピは?

 

キャベツダイエットの効果とやり方は?成功・失敗の体験談は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はキャベツダイエットについて紹介してまいりました。

キャベツダイエットは率直に申し上げてダイエットの中では簡単な方に入ると思います。

夕飯抜きダイエットといった食事をしなくなるダイエットが最も簡単ですが、それらの例外を除けば実行するのは容易のはずです。

しかし、容易のはずなのにかなりの数の失敗者がいるのも事実で、続けられない人が多いのも特徴となっているのではないでしょうか。

今すぐにでも痩せたいという方にとって半年という期間は非常に長いでしょう。

短期間で何とか痩せたいと考える方は、このダイエットに30~1時間程度の有酸素運動を毎日取り入れると良いでしょう。

そうすれば痩せるスピードも上昇するかと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)