部分痩せは不可能?ふとももや二の腕・お腹を引き締めるには?

おしりやふくらはぎなど部分痩せは不可能なのか?

健康的な体重だったとしても、ふともも二の腕お腹おしりふくらはぎなどの一部の部位に脂肪がついてしまって何とかして部分痩せを行いたいと考えている方もいるでしょうし、不可能だという説を掲げている人もいます。

今回は部分痩せというものは本当にできるのかについて触れてみたいと思います。


Sponsored Link


部分痩せは不可能?


部分痩せができるのかどうかという理論についてはいろんな意見がありますが、大まかに分けてしまうとできないという説を掲げている人と、できるという説を掲げている人が両方いるものとなっております。

まず、痩せることはできないという考え方の基本は肥満というのは部分的に出てくるものではなく全体的な問題なのだから、痩せるなら全体的に痩せないと意味がないというものです。

体脂肪の元となるエネルギーだって全身に行きわたっており局所的に溜まっているわけではありません。

脂肪が付きやすい場所というのは確かにありますが、その部位をどうにかしたいのなら全体のバランスを考えてダイエットをしないと意味がないとこの説を教え入る方は説明しております

次に、部分痩せが可能という方は脂肪のつき方は常に動かしている部位には付きにくく、ほとんど動かしていない部分につくのだから、逆に言えばよく動かすことで痩せるようになると解説しているのです。

個人的にはこの部分痩せが可能の説の方がしっくりきますし、身を持って体験しているのでしっかりと鍛えれば痩せることが可能だと考えておりますが、個人差もあるかと思います。

少なからず効果はあると思いますので、過度な期待をせずに長期的に努力していくというスタンスが大切なのではないかと思います。

 

半年間のダイエット計画!15キロ痩せるメニュー【食事・運動】

 

ふとももの引き締めに効果的な運動は?


(参考URL:http://asiyase.vivian.jp/?p=3284)

最も一般的な太もも痩せの方法は足を開く通称「足パカ」ダイエットと呼ばれるものでしょう。

見た目は非常に簡単そうに見えるでしょうが、太ももや腹筋に筋力がある程度ないと想像以上にキツイ体操となっております。

画像を見ていただくと何となくやり方が見えてくると思いますが、仰向けに寝て足をまっすぐ延ばして直角にするようにして、足を開いたり閉じたりを10回1セットで5回程度行うものとなっており、その気になれば2分もかからないで終わるでしょう。

動画でも解説しているものもありますし、YOUTUBEといった動画投稿サイトで「足パカダイエット」と検索すればヒットするので気になる方は見てみられるといいでしょう。

動画には横にしてやるといった別バージョンも用意してあるのでそちらもチャレンジしてみましょう。

ただし、この体操ははっきり言って他の筋トレと比べると負荷が軽いので、ある程度慣れた方は他の負荷が重いトレーニングに挑んでください。

頭の後ろに手をおいて肩幅よりやや広めに足を開くスクワットも有効です。

背筋を伸ばして腰をゆっくり落とし、太ももと床が並行になるようにして3秒ほど止めましょう。

膝が前に出るのではなくお尻を突き出すように意識したほうが効果があります。

 

太もも痩せダイエットの方法は?効果的なエクササイズは?

eico式下半身ダイエットのやり方や口コミ!食事法は?

足パカってダイエット効果はあるの?痩せた口コミや方法は?

 

二の腕の引き締めに効果的な運動は?

二の腕を細くする体操はいろんなものが紹介されており、中でもこの動画の体操は再生回数が100万回を超える大ヒット動画となっております。

それほどまでに参考にした人が多い体操なのです。

この体操はダンベルといったものも使わないで身一つでできるのが特徴で多くの方に支持されているのでしょう。

両手を伸ばして手のひらは上に向け、両腕はまっすぐにして伸ばしあげられる位置で振るというものですが、だいたい1セット20回で1日2セットは行うといいでしょう。

電車で移動中といった時間を使いたい方は「鍵手引っ張り合い」のようなシンプルなものも効果的です。

やり方は非常にシンプルで手を胸の前で組んで指をコの時にしてつなぎ、引っ張り合うといったものです。

だいたい5秒ほど引っ張り合うということを10回ほど行えばよいでしょう。

ダンベルを持っている方は「トライセプス キックバック」がかなりおすすめとなっております。


Sponsored Link


膝をベンチに乗せて前傾姿勢になってダンベルを持ち、肘を曲げたまま背中の少し上に引き上げて、そこからゆっくりと腕を後方に伸ばし3秒ほど静止してください。

これはかなり二の腕である上腕三頭筋に効果があるので、短期間で引き締まることが期待できます。

 

二の腕痩せダイエットの方法!エクササイズにエステなど

オチョダイエットの効果【二の腕や脚も?】と回数など方法や口コミ

 

お腹の引き締めに効果的な運動は?

お腹は部分痩せダイエットでも高確率で取り上げられる部位で、男女問わずで「どうにかしたい…」と考えている方も多いでしょう。

やり方はたくさんあるのですが、その中でも最も騒がれた簡単な方法がドローイングになります。

動画でも紹介しているようにやり方は非常に簡単です。

1回あたり1分もあれば実行可能なので、待ち時間にやってみるといいでしょう。

お腹に息を溜め込むイメージで大きく吸い込み、お腹を膨らませた後に今度はへこませるように息をお腹から絞り出すというものです。

お腹から息を絞った後でもそのへこませた体制は変えないでお腹周りの筋肉を意識しつつ30秒ほどキープしてください。

呼吸はしてもOKです。

他には腹筋運動を行って上腹を鍛えるのも効果的ですし、その運動にひねりを加えることで横腹にも効果が出てきます。

下腹を鍛えるのなら仰向けに寝ている状態で両足を上下させるレッグレイズを行うといいでしょう。

下腹の筋肉が足りないという方はこちらを優先してください。

 

ダイエットの体操色々【骨盤・お腹・下腹・下半身・産後など】

ドローインダイエットの効果や方法は?痩せた口コミは?

 

おしりの引き締めに効果的な運動は?

お尻のたるみは実は状況によって症状の出方が異なります。

具体的には筋力が低下することでたるんだ状態になる「垂れ尻」の人。

メリハリのない平らに近いお尻になってしまう「扁平尻」の人。

骨盤の開きといったものも絡んで横に広がってしまった「四角尻」の人。

骨盤の歪みがかなりひどくお尻の周辺に脂肪がついてしまった「出っ尻」の人と色々あるのです。

まず、筋力低下によって垂れ尻になってしまった方は動画のような体操がかなり効果があります

ハリを手に入れるために必要なことは筋肉を取り戻すことなので、動画のような簡単な筋トレを実行しましょう。

扁平尻の方は部分痩せをする必要のない体系ではありますが、率直に申し上げて筋力不足なので、筋力をつけるための筋トレを実行しましょう。

また、骨盤のゆがみが響いている方は、骨盤矯正体操やストレッチを実行されるといいでしょう。

 

お尻痩せダイエットの方法【ストレッチ・エクササイズなど】

下半身ダイエットを成功させる方法!簡単な運動や器具など

骨盤矯正ダイエットの効果や方法【バスタオル・枕・運動など】

 

ふくらはぎの引き締めに効果的な運動は?


ふくらはぎが太ってしまっている方は筋力の低下、むくみ、そして筋力のつきすぎの3つが考えられます。

ハイヒールといったものをずっとはき続けている方は筋肉太りをしている可能性が高くふくらはぎがムキムキになっていることもあります。

そのような方はちょっと特殊な対応が必要になります。

まず、筋力不足の方はかかとを限界まで上げてつま先立ちになり5秒ほどキープするというものを実行するといいでしょう。

壁などに手をついても構いません。

これはどこでもできますし簡単なのでふくらはぎを鍛えたい方には是非ともおすすめなものとなっております。

セルライトやむくみといったものが原因の人はふくらはぎをさすりあげたり、ひざ裏を指圧するといった自助努力が必要になります。

筋肉太りの方はリンパマッサージをして脂肪の凝りを除去してヨガといったものを取り入れてゆっくり落としていかれるといいでしょう。

靴も動きやすいスニーカーなどに変えないと意味がないので負荷を少しでも減らしてください。

 

ふくらはぎ痩せダイエットの方法【運動・マッサージ・筋トレなど】

足痩せ【ふともも・ふくらはぎ】ダイエットの方法は?

セルライトが太ももやお尻にできた!解消【つぶす】方法は?

 

部分痩せは不可能?ふとももや二の腕・お腹を引き締めるには?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、部分痩せダイエットについて色々と解説してまいりました。

部分痩せダイエットには否定的な意見もありますが、筋力の有無によって見た目的には太って見える状況の方がいるのは事実なので、ダイエットという考えではなく、たるんでいる脂肪を筋肉にすると考えたほうがいいでしょう。

特に、お腹周りといったものは男女問わず気にしている部位なので、インナーマッスルも鍛え上げて引き締まった体を手に入れるようにしましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)