バナナ型ダイエットには筋トレ運動が効果的か!食事方法は?

サプリメントや食事などバナナ型肥満に効果的な方法

様々なダイエット方法が考案される世の中になりましたが、最近では体型に重きを置くダイエットも出てきております。

その一つがバナナ型ダイエットでこれは筋トレ運動効果的で、食事方法も独特な注意点があると言われているのです。

そこで、今回はこのバナナ型タイプの人たち向けのダイエットについてお伝えします。


Sponsored Link


バナナ型肥満とは?


バナナ型肥満の遺伝子を持っている人は全体的にほっそりとした体形になります。

リンゴ型や洋ナシ型の人と比べると差が明白でしょう。

基礎代謝量も他のタイプの人たちよりも優れているので、食べ過ぎても太ることが少なくうらやましがられる立場にあります。

しかし、バナナ型肥満の人は筋肉が付きにくくついてもすぐ落ちるという大きな欠点があり、30代以降になると代謝が低下することで体脂肪を溜めやすい体になるのです。

つまり、全体的に見ると痩せているのに筋力が低下しているため下腹だけ出ている人とか、実は隠れ肥満というタイプが多いのがバナナ型肥満となります。

いったん太りだすと柔らかい脂肪が一気につくようになり、指にも脂肪がついてしまうでしょう。

膝周りやお腹周りに脂肪がつきやすいとも言われているのですが、一度ついてしまうとなかなか落とせないのがバナナ型肥満となっております。

 

洋ナシ型ダイエットを成功させる運動や食事・サプリは?

リンゴ型ダイエットの食事方法やレシピと効果的な運動!

 

バナナ型の原因は?遺伝子?


バナナ型の肥満体型になってしまう人は、バナナ型の肥満になる遺伝子を持っていることが最大の原因です。

遺伝子や体質というものはどうしようもないものであり、遺伝子を自分で変えることなど不可能です。

より具体的に説明すると、ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)というのがバナナ型の遺伝子です。

バナナ型の遺伝子を持っている人は代謝率が下がらない時期は非常に有用に働くので、傍から見ると「いくら食べても太らない人」とか「体型維持が楽そうな人」という目で見られるでしょう。

しかし、30代半ばあたりから代謝率が一気に下がる遺伝子なので、ある程度の年になってから非常に苦労する遺伝子でもあるのです。

お腹を中心に太りやすく、筋力が付きにくいのでダイエットの仕方も色々と考える必要があります。

 

お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?

家でできるダイエット運動!【お腹・足痩せ・筋トレメニュー他】

 

バナナ型のダイエット成功の運動は筋トレ?


バナナ型の肥満になってしまっている人は基本的に筋力が非常に低いです。

その中でも注意していただきたいのがタンパク質の摂取量となっております。

筋肉が付きにくい理由はいくつかありますが、筋肉の材料であるタンパク質を他のタイプの人よりも早く代謝として消費しやすいので目安量を摂取していてもなかなか筋肉が付かないのです。

特に多いのがポッコリお腹ですが、下腹が出てしまう最大の原因は下腹周りの筋力の低下にあります。

お腹が出ている人の場合は体重を減らすよりも筋力を増やしたほうが見た目的には非常にスッキリするパターンが多いのです。

そのことからも、タンパク質摂取量に気を付けつつ、筋トレをすることがバナナ型ダイエットの成功の秘訣だといろんな方々に言われるようになりました。

筋肉量が少ないと日常における消費エネルギーも少なくなるので痩せにくくなりますし、納得できる一文と言えるでしょう。

 

ダイエットの筋トレで体重増加はなぜ?効果的なメニューは?

 

おすすめの運動メニューは?


それでは具体的にバナナ型の人にお勧めな運動メニューを考えていきましょう。

タイプによってダイエット効率は変わりますので、取り入れる運動も大きく変わってきてしまうのです。

ダンベルを使った筋トレ


タイプ別のダイエット方法を紹介しているインターネットサイトは非常にたくさんありますが、それらのサイトで必ず出てくる言葉が筋トレです。


Sponsored Link


その中でも特に進められているのがダンベルを使って筋肉を増やすトレーニングと言えるでしょう。

実際にダンベルを使えば二の腕以外にも腹筋周りも鍛えられます。

重さは女性の場合は2キロぐらいのダンベルを購入されるといいでしょう。

ちょっとマニアックになってしまいますが、腹筋周りをダンベルを使って鍛えるのなら「ダンベルクランチ」「サイドベント」「ダンベルツイスト」がオススメでしょう。

腹斜筋と腹直筋が効率よく鍛えられますので取り入れるようにしましょう。

自重のみを使って行うトレーニングよりも効率は確実に良いと思います。

他にも上腕三頭筋や上腕二頭筋や大胸筋、三角筋や僧帽筋など多くの場所を効率よく鍛えることができますので、一通りのダンベル体操を覚えておくことをおすすめします。

 

ダンベルダイエットのやり方は?効果的な重さやメニューは?

 

無酸素運動後の有酸素運動


基本的にバナナ型の人は筋トレ等の無酸素運動をすることを進められますが、消費カロリーを増やしたい場合は有酸素運動も必要になります。

あくまで、「二の腕の脂肪が気になるから痩せたい」とか「下腹が出ているのをどうにかしたい」という人は筋トレで体型を変えることができますが、全体的に体重が増えているのを減らしたい場合は筋トレのみでは足りません。

筋トレなどの無酸素運動はあくまで筋肉をつけるために実行しているのであって、エネルギー消費効率はそこまで高くないのです。

そのため、体重そのものを減らしたい方は筋トレの後にジョギングなどの有酸素運動を実行するようにしてください。

ストレッチ5分→筋トレ20分→ジョギング40分等のトレーニングが有効です。

 

ジョギングダイエットは痩せない?効果的なペースや時間は?

スロージョギングダイエットの効果と走り方や速度・頻度など

ウォーキングのダイエット効果は?成功する距離・時間・頻度は?

 

バナナ型のダイエット成功の食事方法は?


バナナ型の人はタンパク質の吸収効率が悪いです。

そのため、タンパク質が豊富な食べ物を効率よく摂取する必要があります

この考え方はなかなか難しいのですが、筋肉を第一に考えた場合は良質のたんぱく質を一番最初に摂取して、次に野菜や果物や海藻を摂取するようにしましょう。

ご飯やパンなどの炭水化物は最後にしてください。

それ以外の考え方は他の人のダイエットと同じでいいでしょう。

余分な糖質はカットするように意識し、飲み物はお水かお茶を基本として甘いものを減らしましょう

また、下痢や便秘が多く発生するのもバナナ型の特徴なので、食事はよく噛んで唾液を出して食べるようにしてくださいね。

 

食べる順番ダイエットの効果は?果物や納豆の順番は?

 

バナナ型のダイエットにはサプリメントが効果的?


ダイエットで高確率で紹介されるサプリメントですが、バナナ型の場合は腸内環境が乱れやすいところがあるので、下痢や便秘が多い人たちは腸内環境を整えてくれるようなサプリメントを使われるのもいいでしょう

具体的にはメタバリアスリムカロリストンといったところでしょうか。

それ以外にはバナナ型の人は体内の酵素量が平均よりも少ない傾向にあるとのことなので、酵素量をアップさせるようなサプリメントを使うのも良いと思います。

ただし、これらを主体にしてダイエットを行うのではなく、あくまでダイエットを行う上でのサポートとして用いるようにしましょう。

 

酵素ダイエットの効果や口コミ・やり方は?サプリ等おすすめは?

食べる順番ダイエットの効果は?果物や納豆の順番は?

 

バナナ型ダイエットには筋トレ運動が効果的か!食事方法は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はバナナ型ダイエットについて色々と考察を重ねてまいりました。

体質は人によって様々ではありますが、化学などの技術料が近代に入ることで一気に上昇し、体質からもどのようなダイエットが良いのかが考えられる時代になったのです。

他の人と比べると痩せにくいとか、他の人と比べるとなかなか筋肉が付かないというのは体質が原因かもしれませんので、ダイエットがなかなか成功しない人というのは自分がどのタイプなのかを調べてみるのもいいのではないでしょうか。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)