青パパイヤのダイエット効果とレシピ!酵素サプリの口コミは?

青パパイヤ



サラダなど青パパイヤの食べ方と酵素のダイエットに有効な飲み方

青パパイヤの用い方一つでダイエット効果を効率的に得ることができるといわれているのをご存知でしょうか。

しかし、青パパイヤは珍しいものなので、具体的なレシピ口コミも知りたいところかと思います。

関連した酵素サプリもあるといわれているなど、知らないことが多いことでしょう。

そこで、今回はこの謎がとっても多いこのダイエット方法についてひたすら調べていき、本当に効果があるものなのかもチェックしていきます。


Sponsored Link


青パパイヤはダイエット向き?カロリーや糖質について


青パパイヤはパパイヤとカロリーの違いはほとんどありません。

100gあたりで39kcal程度です。

重さも普通のパパイヤと同じで350g程度ですが、廃棄率を25%と考えると食べられる部分はだいたい260gとなり、1個丸ごとのカロリーはだいたい100kcalとなります。

糖質もほとんどパパイヤと変わりがなく100gあたりで7.2gです。

一応記載すると普通のパパイヤが7.3gなので、差はたったの0.1gとなります。

これが丸ごと1つと考えるとだいたい19gとなります。

丸ごと一つとなると糖質はかなり大きめですが、丸ごと一つを食べることはありませんのでそこまで気にする数字ではないでしょう。

そういう意味ではカロリーと糖質から見た場合は青パパイヤはダイエット向けと言えるでしょう。

青パパイヤのダイエット効果


青パパイヤの最大のダイエット効果はやはり様々な酵素によるものでしょう。

先ほども紹介したようにパパイン酵素・リパーゼ・プロテアーゼ・アミラーゼといった酵素がダイエット作用をもたらしてくれます。

脂質の分解、糖分の分解、タンパク質の分解という三大栄養素のすべてを分解する酵素が含まれているので、酵素の力を最大限に利用することが大切になります。

これらの酵素を体外から摂取することで、体内にある酵素が効率的に働けるようになり、基礎代謝が向上するようになって、痩せやすい体になってくれるのです。

ダイエット中は栄養不足になりやすいのですが、青パパイヤだけでもかなりの栄養が摂取できるのは大きいでしょう。

青パパイヤの食べ方は?サラダ?


青パパイヤの食べ方は下処理として灰汁抜きが必須となります。

やり方はいろいろとあるでしょうが、半分に切って中央にある種の部分を取り除いてください

皮むきの作業はピーラーを使ってむくのが基本です。

あとは、適当な大きさに切って皮を撤去して水にさらしましょう

千切りにすることもあります。

千切りにして下処理を行えばそのまま生で食べられます。

具体的にはサラダや和え物にしてしまいましょう。

それ以外には炒め物として食べられるので、パパイヤチャンプルーにしてしまうこともあります。

沖縄料理として出されるようです。

薄切りにしたパパイヤを柔らかくなるまで煮て火を通してスープの具材に使うこともあるようです。

ただし、酵素は熱に弱いという弱点があるので、ダイエットの効果を得たい場合は生食が基本となってきます。

80度程度ならそこまで作用しないといわれているようですが、生食が一般的と考えたほうがいいでしょう。

青パパイヤ酵素サプリがダイエットに有効?


この青パパイヤの酵素の効果は説明いたしましたが、この酵素はかなり効果が高いということで、サプリメントにもなっているのです。

商品名は「青パパイヤ発酵食品 青パパイヤ酵素 ファーメント ゴールド」で、Amazonでも取り扱っております。

Amazonでもそこまで多くの方が評価を付けているわけではありませんが、中にはダイエットに成功したという報告もあります。

ガスでお腹が張っているという方も、便秘解消効果を得ることができているのでダイエットに成功したという情報もありました。

それ以外にもパパイヤ系のサプリメントはいろいろと売られていることから、パパイヤの栄養素はサプリ業界にも着目されるものなのでしょう。

青パパイヤ酵素の飲むタイミングと飲み方


基本的に酵素ドリンクを飲むタイミングは空腹時と寝る前でしょう。

酵素ドリンクは30分程度で体に吸収されるようになっていますので、すぐに体にしみわたってくれます。

この空腹時の中でも特に推奨されるタイミングは起きた直後です。

それ以外には食事前・間食・寝る前となるので覚えておいてくださいね。

青パパイヤ酵素のダイエット効果の口コミは?


青パパイヤ酵素を使ったダイエットはやはりそこまで知名度が高くはないダイエットなので、口コミはそこまで多くないです。

それでもいくつか口コミがあったので拾ってみると、悪いものでは、「一向に痩せる気配がない」とか「便秘改善効果は多少はあったがそれだけ」といったものがあります。

やはり痩せないと感じた人はいるようです。

「価格が高いのにこの程度の効果では満足できない」といった価格に関する記述もありました。

痩せたという人は「便秘が解消された」とか「徐々に体重が減ってきた」という報告があったので、痩せた人もちゃんといるようです。

青パパイヤの栄養や効能


青パパイヤに含まれている栄養素はいろいろとあります。


Sponsored Link


ざっと記載するとビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB群・葉酸・パントテン酸・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛・銅といった成分となります。

つまり、ビタミンとミネラルが大量に含まれているということなのです。

これ以外にはパパイン酵素・リパーゼ・プロテアーゼ・アミラーゼといった酵素が含まれていることからダイエットにも有効といわれるようになっております。

リパーゼは脂肪を分解する酵素ですし、プロテアーゼはタンパク質の分解酵素、アミラーゼは糖分を分解する酵素なので、有効といえるのです。

栄養素的に発揮される効能は美肌・生活習慣病予防・がん予防など、人間が生きる上で重要となるものをもたらしてくれます。

青パパイヤを使ったダイエット向けレシピ3選

それでは具体的に、青パパイヤを使ったダイエット向けに考えられているレシピを紹介します。

どのように料理をしているのでしょうか。

①減量中におすすめ☆青パパイヤのいためもの


(https://cookpad.com/recipe/3525684)

青パパイヤのいためものはサラダと同じように一般的な食べ物となっております。

ダイエットを意識して作られているいためものなので、青唐辛子による脂肪燃焼効果も発揮されることでしょう。

②ダイエットにおすすめ!青パパイヤイリチー


(https://cookpad.com/recipe/345414)

これは沖縄料理の一つです。

ツナ缶のオイルについて気になっている人もいるでしょうが、青パパイヤが油を吸ってくれるのでノンオイルじゃないほうがいいという記述がありますので、それに倣いましょう。

③ダイエット✿痩せたい♡青パパイヤサラダ❤

https://cookpad.com/recipe/1105666

これは青パパイヤをサラダにした基本的なダイエットレシピであり、最もシンプルな調理法の一つなので覚えておくといいでしょう。

青パパイヤのダイエット効果とレシピ!酵素サプリの口コミは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は青パパイヤのダイエット効果やレシピを紹介いたしました。

青パパイヤを使ったレシピは思っていた以上に充実しておりますので、レシピに困ることはないでしょう。

今回3つだけ紹介いたしましたが、クックパッドでも青パパイヤレシピは2017年12月現在で380件を超えているので、より取り見取りです。

お好みのものを参考にしてくださいね。

料理するのが面倒という方は酵素ドリンクにしたものや、サプリメントにしたものを用いるのが基本となりますが、これだけたくさんのレシピがありますので、何か一つくらいは作ってみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


コメント