青汁ダイエットの方法や効果・口コミは?人気はまるかん?

おすすめの青汁と飲むタイミングなどダイエット方法

昔から健康飲料として多くの方が愛用してきた青汁ですが、その栄養素からダイエットにも効果的であるという口コミが増え、まるかんさんの商品が人気になり、方法効果をに興味を持つ方が一気に増加しました。

そこで、今回は青汁ダイエットについて紹介したいと思います。


Sponsored Link


青汁ダイエットとは?飲むタイミングなど方法は?


青汁にダイエットとは明確な定義はないようですが、食物繊維やビタミンがたくさん含まれていることから、デトックス効果があり便秘やむくみといったトラブルを解消する能力を活用しつつ、毎日定期的に摂取するようにして、間食を減らし運動を積極的に取り入れることで効率よく痩せることを狙ったダイエット法と言えるかと思います。

脂肪を燃焼させるにはビタミンやカルシウムなどが必要なので、青汁でそれらの栄養素を補うことができるのは大きいのです。

食事制限を行っていると基本的に栄養不足になりがちになりますが、青汁を摂取することである程度は補うことができるようになるので、サポート飲料として使うと効果的と言えるでしょう。

飲むタイミグは1日1杯好きなタイミングで飲むという記載があったので特に決まりはないのだと思われます。

間食代わりに飲んだり食事の前に飲んだりと方法は多岐にわたるでしょう。

置き換えダイエットのような活用法もできなくはないでしょうが、3食置き換えは栄養が偏るので推奨できません。

青汁の栄養とダイエット効果は?


様々な栄養を補給するには最適な青汁ですが、飲むだけで痩せるような魔法の飲み物というわけではありません

ただし、一人暮らしの方だと不足しがちな野菜を中心とした栄養素をたくさんに補給できるので、サポート飲料として使うことで美しく痩せることが可能となるのです。

具体的にはビタミン類・カリウム・カルシウム・食物繊維などを補給できるので、効率が良いのです。

ただし、青汁は緑黄色野菜がメインなので、人参・トマト・大根・玉葱などの淡色野菜が含まれていない商品が多く、そちらのカバーはできないということを覚えておきましょう。

また、青汁を摂取することで脂肪燃焼効率が上昇するのは事実なので、脂肪をきっちりと燃やせる環境を整えやすくなります

青汁を飲めば痩せるという評判が広がり、ただ飲むだけという行動を繰り返している方もいますが、それで痩せられる人はそこまで多くは無いので、間食を止めるとか脂肪を燃焼させるために運動時間を増やすといった努力はしましょう

青汁ダイエットは置き換えでも良い?


青汁は間食を防いだり食前に摂取することで食事の吸収を抑えるといった効果を期待することができますが、置き換えに用いることもできます

ただし、3食全てを置き換えるのではなく1食に抑えるようにしてください。

朝食を食べるのが苦手で飲み物のみで済ませているという方は、青汁に変えるようにするのも良いですし、夕飯をたくさん食べる人は夕食を青汁に置き換えるのも良いでしょう。

朝に置き換えることを推奨しているところもありますが、朝食べることが苦手な人はそれでも良いでしょうが、普通に朝を食べることができる人は、午前中を活動的に過ごすためにもある程度の糖分摂取を行えた方が良いので個人的にはおすすめできません。

青汁ダイエットの痩せた口コミは?


やり方が人によって異なるので、評価できるのかどうかは難しいところではありますが、総合的に見ると、ペースはそこまで早くはなく、成功率はまずまず良くて、手軽なダイエットではありますが、青汁を用意する必要があるのでお金がそこそこかかってしまうというダイエットと言えそうです。

実際にこのダイエットをした人の口コミを見ると大幅に痩せたという声は少ないですが「肌荒れが無くなった」とか「肌がきれいになった」といったダイエット以外の効果を称賛している人がかなり多く、健康に非常に良いことがよく分かります。


Sponsored Link


健康的に痩せることができるというのが売りだったので、まさにその通りなのでしょう。

これに運動やちょっとした食事制限を加えることでより美しく理想的な体系になれるのだと思われます。

人気でおすすめの青汁は?まるかんの青汁?


それでは具体的にどのような青汁が人気なのかを記載していきます。

今では青汁の種類も本当に増えたので、探し始めた人は間違いなく驚くのではないでしょうか。

そのような方々のちょっとした道しるべになれたら幸いです。

銀座まるかん「ゴッドハートダイエット青汁」


(参考URL:http://ginzamarukan.jp/g_diet/index.html)

これはもともと「ゴッドハートスリム青汁」という名称で発売されていたので、そちらの名前のほうを知っている方もいると思います。

名前からも分かるように、ダイエットに使えるといううたい文句を引っ提げて商品展開をしている青汁です。

銀座まるかんはダイエットや便秘対策用サプリメントも売っているので、そちらの分野に詳しい会社なので、そのためダイエット効果もある青汁というものも発売しているのでしょう。

実際にサイリウムといた便秘解消効果の高い成分が含まれているのがポイントです。

FANCL「本搾り青汁 ベーシック」


(参考URL:http://www.fancl.co.jp/pub/ab/index_vcseo.html?scid=Afi-Val)

無添加化粧品といった物を提供しているFANCLさんから発売され人気となっている青汁です。

国産のケールを100%使用し、着色料や保存料といった物を一切使っていないので、無添加にこだわりのある人に向いている商品となっております。

お試しトライアル版が安く提供されていることもあるので、そちらから試してみるのがオススメです。

青汁ダイエットで痩せない原因は?


青汁はダイエット向きに作られたものも確かにありますが、それよりも多いのは健康に考慮して造られたものです。

日常生活において不足しがちな野菜の成分を補給できるという強みがありますが、飲むだけで痩せるようなものではないのでちょっとした工夫や努力をこなさないと痩せません

例えば、食前に飲むことで血糖値の上昇を抑えたところで、主食に糖分たっぷりなものを摂取している方は痩せることはできないでしょうし、普段から全く動かない人も痩せることはできないでしょう。

脂肪燃焼効率が上がる=痩せるではありません。

脂肪燃焼効率が上がる=痩せやすい体質になるが正解なので、痩せやすい体質になったところで脂肪を燃焼させる機会が少なすぎると意味がないのです。

青汁とグリーンスムージーの違いは?


青汁もグリーンスムージーも本質的な考えは同じで健康に良い飲料であることは間違いありません。

この二つの違いは青汁は緑黄色野菜のみを使っているのに対し、グリーンスムージーはフルーツが入っている点です

原材料に差があるということです。

もう一つの違いはフルーツが入っていることによって味にかなりの差が出ます。

青臭さが消えるのでグリーンスムージーのほうが飲みやすいと感じる人もいるでしょう。

野菜不足を補うのならどちらも効果的ではありますが、味の差はかなりありますのでお好みで選ぶとよいでしょう。

ただし、グリーンスムージーの場合は果糖による糖分が多めになってしまい、カロリーが大きくなってしまうこともあるので注意してください。

青汁ダイエットの方法や効果・口コミは?人気はまるかん?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は青汁ダイエットについて紹介いたしました。

基本的に青汁は痩せる効果が直接的にあるのではなく、痩せやすい体質にしてくれるので食生活や運動習慣を改めることで効果を発揮しやすくなるものです。

本気で青汁を使って痩せたいという方はダイエット向けに作られた青汁を試してみるようにしてください。

基本的な考え方は、運動やちょっとした食事制限ありきということを覚えておきましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)