アーモンドダイエットの方法【食べるタイミング・何粒】と口コミ

アーモンドの1粒のカロリーとダイエットの効果およびレシピ

アーモンドは体にいいということでテレビに取り上げられることも増えましたが、ダイエットにも活用できるという口コミや噂が流れております。

食べるタイミングや量は何粒なのかなどその方法については気になるところかと思います。

そこで、今回はこのアーモンドを使ったダイエットについて記載していきます。


Sponsored Link


アーモンドの体への効果や効能は?


アーモンドの効能は栄養素が非常に多いという点からきております。

アーモンド100gにはなんとビタミンEが31.2mgも含まれており、穀物やナッツ類を含めて含有量ではトップクラスといえるでしょう。

このビタミンEは抗酸化作用が強いので体の老化を防ぐ作用があり、アンチエイジング効果が高くなっております。

血行を良くする作用もありますので、誰にでも必要な食べ物といえるでしょう。

また、善玉オレイン酸がアーモンドの脂肪分約7割を占めているので悪玉コレステロールを減らす作用も強いです。

カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛などのミネラル成分も豊富で、アーモンドを毎日食べるだけで十分な栄養補給となります。

これらの栄養成分によって、アンチエイジングや美肌作用、食物繊維による便秘の予防やデトックス効果が期待できるでしょう。

アーモンドのダイエット効果は?


いろいろと効果があるアーモンドですが、それをダイエットに結びつけて考えるとある程度は絞ることができます。

例えば、ビタミンB2によるエネルギーへの分解効率を上げる作用を利用した脂肪燃焼効果や、オレイン酸による血液をサラサラにする作用によって血液循環効率アップの効果を得るというのもあるでしょう。

また、アーモンドには食物繊維が豊富になっていることから、便秘解消効果も期待できるでしょう。

不溶性の食物繊維となっていることから胃の中で膨らんでくれる作用が働いてくれるので、食前に食べると効果が発揮されそうです。

それ以外にはデトックス効果によって老廃物が除去されやすくなるので、毒素を除去する作用にも期待できるでしょう。

いわゆるむくみを解消できる作用があるのです。

血流が良くなって老廃物除去作用もあがるので、血液循環効率はかなり向上すると思います。

また、ビタミンEなどの抗酸化作用が強い成分も多いことから、アンチエイジング作用も期待でき、ダイエットをしてきれいになりたいという方の味方となってくれます。

食べるタイミングなどアーモンドダイエットの方法は?


具体的にどのようにして、このアーモンドを使ったダイエットをすればよいのかというと、量はだいたい1日20~25粒にしてください。

実際にこの数字は適当に記載したのではなく慶応大学医学部の井上浩義教授が被験者を用意して行った実験結果に基づいて出てきた数字なので参考にしやすいからです。

薄皮も取らないで食べるようにしてください。

食べるタイミングは食事の前に摂取するのが基本でしょう。

おなかの中で膨れる作用を利用するのなら、それぞれの食事の前に8粒程度食べるようにするといいと思います。

アーモンドダイエットで食べるのは何粒まで?


食べる量の基準は25粒までと思ってください。

ただし、アーモンドはかなり酸化しやすいので必ず保管するときは瓶や缶を使って密閉しましょう。

また、1度に25粒食べる必要はないので、24粒食べると考えて8粒ずつ朝・昼・夜の食事の前に食べると良いのではないかと思います。

ただし、絶対にやってはいけないのが寝る前に食べることなので、食事前に1日の25粒分を食べるように意識して続けましょう。


Sponsored Link


アーモンドダイエットの口コミ


アーモンドは健康食品としていろいろと利用されてはおりますが、ダイエットとして使っている人はかなり少ないようで口コミ数もそこまで多くないようです。

それらの口コミを見てみると、アーモンドの味が気に入って、ついでに運動をしていた人は4ヶ月で20kgもの体重減少に成功したというものもありますし、1ヶ月で1kgほど減ったという報告もあります。

しかし、まったく痩せないという報告もありますし健康面でプラスになったが体重は変わらないというものもありました。

見た限り成功率は半々ぐらいだと思うのですが、成功した人は運動やそれ以外の食事制限などをやっている方々が多いのでこのアーモンドのみを使ったダイエットの成功率はもうちょっと低いかもしれません。

アーモンド1粒あたりのカロリーは?


アーモンドもそれぞれ種類があり大きさも異なるので差はありますが、だいたい1粒あたりは5~7kcal程度と思ってください。

25粒でだいたい150kcalになりますのでそのぐらいになるのでしょう。

ただし、このアーモンドは好きな人にとっては意外と次から次えと食べてしまうので、気が付けば50粒程度食べているということになりかねません。

そうなると確実に摂取カロリーをオーバーしてしまいますので、量には気を付けてください。

さすがにアーモンドを食べ過ぎると太る?副作用も?


先ほど記載しましたが、アーモンドを食べすぎるとカロリーオーバーとなるので、太る可能性が高まると思われます。

しかし、アーモンドには健康的な作用が強く、体内の脂肪をエネルギーに変える作用があることから、たくさん食べても太ることはないだろうという意見も出ており、今ではこちらのほうが正しいという気風すらあります。

しかし、これは臨床試験などを試してみないとわからない領域だと思いますので、体重増加が気になる方は量とタイミングに気を付けながら実行したほうがいいでしょう。

副作用は考えられるものとして、豊富な不飽和脂肪酸の摂取しすぎによる下痢でしょう。

たくさんにアーモンドばかりを食べていたら高確率でお腹を壊すのではないかと思います。

それ以外には、アルギニンを大量に摂取すると口唇ヘルペスになってしまう可能性があります。

アーモンドを使ったダイエットレシピ


アーモンドを使ったレシピというのはかなり豊富にあります。

実際に「アーモンド 人気 レシピ」という言葉で検索すると、ヤフーで103万件もヒットしました。

多すぎるような気がしますね。

あまりにも種類が多すぎるのでいろいろとそこから絞っていくのは大変だったのですが、個人的にはダイエットをしているという考えから低糖質低カロリーの調理法および料理をされたものから選びたいと考えております。

例えば、「にんじんのアーモンドきんぴら(https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/00007034/)」などはどうでしょう。

ニンジンを使っているので多少糖質はありますが、おつまみとしては最高に食べやすいと思います。

そして、この「水菜とカリカリアーモンドのサラダ(https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/703968)」もいいでしょう。

直前に食べるということを考えると、炭水化物やお肉や魚と一緒に食べるのは避けたほうがいいので、このような野菜などと一緒に食べられるのがベストとなってきます。

アーモンドダイエットの方法【食べるタイミング・何粒】と口コミのまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はアーモンドを使ったダイエットについて記載してまいりました。

アーモンドは健康面で間違いなく人間に対してプラスの作用をもたらしてくれる食べ物なので、多くの方々が推奨している食べ物だと思います。

しかし、ダイエットで活用するとなった場合は、ちょっと状況が異なるのではないでしょうか。

本格的に痩せたいという方は、やはり食事のコントロールと適度な運動が必須となると考えたほうがいいです。

特に、食物繊維によってお腹の中で膨れるというのは食事のコントロールを間接的に行っていることと同義なので、意識して摂取したほうがいいでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)